iPadでYouTubeを見るならブラウザ一択

Apple




iPadの用途の大部分を占めるのが、動画を見ることだという人も多いと思います。

動画といえばYouTube。

今回の方法で、YouTubeの映像を端に表示させることが可能になります。

こんな感じです。

はじめしゃちょーの動画を例にとってご説明します。

この方法だと、iPadで作業しながら動画を見ることができます。

 

ポイントはブラウザ

いつもYouTubeをご覧になるときはアプリで見ますか?

アプリは便利なんで、そういう人が大半だと思います。

しかし、今回はブラウザからYouTubeを見ることがポイントとなります。

今回はiPadに最初から入っているSafariを使ってご説明します。

サファリからまず普通にYouTubeを検索してください。

 

ここで、皆さんお気づきかと思いますが、YouTubeを開くとどうしてもアプリが立ち上がってしまいます。

まずはこれをなんとかしなければなりません。

YouTubeを検索したこの画面で、「YouTube」を普通にタップするんじゃなくて、長押ししてください。

 

するとウィンドウが立ち上がります。

「開く」をタップしてください。

するとブラウザでYouTubeがひらけます。

ここで、右上の3つ点のマークをタップします。

中に「パソコン」があるのでここをタップ。

ブラウザの画面が変わります。

見たい動画を検索してください。

この状態で一度画面をタップすると、矢印の部分、少し小さいですが、マークが現れます。

ここをタップすると、

映像のみが小さく飛び出てきます。

この映像はサファリを閉じても出続けます。

他のアプリも、映像系のアプリではなければ、出続けます。

そして、場所も変えることもできます。

これ個人的にはとても便利で、動画を見つつ他の作業をiPadでしたい時にはこの方法がもっとも使いやすいです。

 

YouTubeでパソコン表示になっているところでブックマークしておくと次もスムーズに表示できます。

ぜひ使ってみてください。

では。