【iPadを買う前に知ってほしい】僕の失敗談2選

iPad




みなさん、こんにちは。

くんよつです。

 

今回は、iPadを買う前に知ってほしい、僕の失敗談を2つご紹介します。

 

iPadは購入するときに4つ選べることがあります。

  • 本体サイズ
  • 本体の色
  • ストレージ
  • インターネット接続

 

この4つなんですけれど、僕はこの内、なんと2つの選択を失敗してしまい、1年間我慢したまま使い続けていました。

 

今では、iPadを買い替えて快適に使えていますので、今回はその2つの失敗をご紹介して、みなさんが購入するときの参考にしていただけたらと思います。

 

この記事は動画の内容を元に作成しています。

一緒に動画もご覧いただけると嬉しいです。

 

iPadを買う前に知ってほしい 僕の失敗談①

 

iPadを購入する前に知ってほしい僕の失敗談ひとつ目は、ストレージです。

僕はiPadを購入する前は写真とか動画はiPhoneで管理しようと思っていたので、iPadの容量はそれほど必要ないと思っていました。

なので、64GBのiPadを購入しましたが、やりたいことが全然できなくて1年我慢したまま使っていました。

写真、動画、Kindleの本、プライムビデオ、ゲームなんかでどんどん容量は増えていきました。

結果、何か容量が増えることをするたびに、古いデータを整理する必要が出てきてしまって、本当に効率が悪かったです。

 

iPadはモデルによっても違いますが、32GBから1TBまで選ぶことができます。

もし、今iPadを検討しているなら、考えているiPadの容量のひとつ上のストレージを購入することをオススメします。

 

ちなみに、僕の場合は、容量を大きく使っているものは大体決まっていて、撮影した動画、ダウンロードした動画(プライムビデオ)、写真、ゲームです。

 

みなさんに質問です。

  • 動画の編集や保存をiPadでしますか?
  • Netflix(ネットフリックス)のようなアプリで動画を保存してみることがありますか?
  • フォートナイトのような大容量のゲームで遊びますか?

 

心当たりがある方は、ぜひ256GB以上のiPadを検討してください。

当てはまらない方は、64GB、もしくは128GBでも問題ないかもしれません。

 

ただ、32GBだけはオススメできませんので注意して購入してください。

iPadを買う前に知ってほしい 僕の失敗談②

 

iPadを買う前に知ってほしい 僕の失敗談2つ目は、ネットワーク接続です。

iPadは購入するときにネットワーク接続が選べます。

Wi-Fiでしか接続できないモデルか、Wi-Fiとセルラー(4G)で接続できるモデルかの2択になっています。

 

僕はこの4年間で3台iPadを購入しましたが、

初めはセルラーモデル

次はWi-Fiモデル

そして今使っているのがセルラーモデルです。

 

個人的な結論ですが、1日1回でも外出先でiPadを使うという方、ぜひセルラーモデルを検討してください。

 

Wi-Fiモデルのメリットは本体価格が安いことにあります。

その価格差はおよそ1.5万円ほどです。

その上、もしセルラーモデルを選んだ場合にはこの価格差プラス毎月の通信料がかかってきます。

 

僕はこれだけお金がかかるならと思って、外出先ではiPhoneのテザリングやモバイルWi-Fiで接続しようと思い、Wi-Fiモデルと選びましたが、本当に後悔しました。

 

テザリングするために設定アプリを開いて、数タップしたり、モバイルWi-Fiの電源をオンオフしたりするのはけっこう手間でその時間はもったいないと感じました。

自宅だけだったり、オフィスだけだったり、決まった場所で、決まったWi-Fiに接続するならセルラーモデルである必要はありません。

なので、まずは使う場所を具体的に考えてほしいです。

 

将来的に使う場所が変わる可能性があるなら、セルラーモデルを選んでください。

 

SIMを入れて通信できることはiPadの大きなメリットの一つです。

ぜひセルラーモデルを前向きに検討してみてください。

 

iPadを買う前に知ってほしい 僕の失敗談 番外編

 

iPadを買う前に知ってほしい、僕の失敗談の番外編でご紹介したいのが本体のサイズです。

僕はサイズ選びで失敗したと思ったことはありません。

ただ、今までのiPadは9.7インチ→12.9インチ→11インチと買い替えています。

12.9インチに買い替えた時はiPadをパソコンの代わりにしようと思って大きい画面を選んだので、この選択は大正解でした。

ただ、このあとにMacBook Pro16インチを購入し、iPadをパソコンの代わりよりも別の用途に使うことが多くなったことがきっかけに11インチに買い替えました。

 

僕みたいに、周辺のガジェットが変わったり、使う場面が変わることでiPadのサイズが不向きになってしまうことは十分考えられます。

 

iPadのサイズ展開です。

iPad Pro 12.9インチ 11インチ

iPad Air 10.5インチ

iPad 7 10.2インチ

iPad mini 7.9インチ

本の少しの差に感じるかも知れませんが、毎日使っていくと、その差が大きく感じれらます。

この感じられる差のギャップを縮めるためには実際に店舗で触ってほしいと思います。

そして、具体的な用途を考えてほしいです。

 

ただ、なかなかサイズを決断できないという人は11インチをオススメします。

11インチはFace IDが搭載されていてベゼルが狭いので、画面は大きいですが、本体サイズは本当にコンパクトに感じられると思います。

 

これであなたのiPad購入の失敗は減らせる

はい、というわけで、今回はiPadを購入した時の僕の失敗談をご紹介させていただきました。

iPadを購入するときの悩みですが、誰もが通るところでなかなか決められないという人も多いと思います。

 

失敗した僕ですが、今では1TBのセルラーモデルを購入し、本当に快適に使えています。

 

ただ、その分の出費は大きくなりました。

いいモデルを選べば当然価格が高くなりますので、このバランスが本当に難しいところです。

 

なので、個人的には、今あなたが考えているモデルの1ランク上を選んでほしいと思います。

1番の失敗は買ったiPadを満足に使えないことだと思います。

容量が足りなかったり、やりたいことができなかったりがストレスになり結局使わなくなってしまっては元も子もないありません。

なので、ちょっと出費は増えますが、頑張ってワンランク上を検討してみてください。

 

それでは、これで今回は以上となります。

ご覧いただきありがとうございます。

こちらの記事も人気です