iPad Pro9.7インチからiPad Pro12.9インチに買い換えて感じたこと

iPad




iPad Pro9.7インチからiPad Pro12.9インチに買い換えて感じたこと

iPad Pro 12.9インチを使って1週間がたちました。
まだまだそれほど使ってはいませんが、ここで今まで使ってきたiPad Pro9.7インチとの違いを記録しておこうと思います。
同じ境遇の方がいらっしゃれば、参考にしてください。

僕が新しいiPadを買うまで使ってたのはiPad Pro 9.7インチです。9.7インチはもう2年以上使っているので、この大きさはこれで十分満足なんです。ただ、最近は動きが遅いと感じることもありました。

そして、新しいiPad Pro12.9インチはとにかく大満足。早く買っておけば良かったと思えるものでした。

そこで、今回は2つの点で感じたことを記しておきます。

  • 本体の大きさ
  • 性能の違い

 

本体の差

この大きさの違いはスゴイ。並べると圧倒的。

9.7の画面の縦の長さが12.9の画面の横の長さと同じです。

ただ、12.9インチが大き過ぎるかと聞かれれば、今回の新しいiPadの12.9インチは全然その感じがしません。

なにをやるにも大きいと一度にできることが増えるので、これはかなりのメリット。

前回のiPad12.9インチでは、本体サイズがもっと大きかったのでこうは思えなかったと思います。

ちなみに、厚みもほんの少しですが薄くなっています。

いままでiPadと一緒に使っていたBluetoothキーボードのMagic Keyboardを並べるとちょうど同じくらいの大きさです。

この画面が大きさだと、ソフトウェアキーボードもかなり打ちやすいと感じました。

性能の差

今回の目玉はやっぱり性能が格段に良くなっている点。
これは使ってみると感じる部分がありました。

A12X Bionic

新しいiPad Proに搭載されているA12X Bionicというチップが素晴らしい働きをしてくれます。
とにかく動作がキビキビです。iPad Pro9.7と比べると、ちょっと触ってわかるレベルでした。やっぱり2年以上も前の端末だからですかね。
実際にできること自体ははiOS12なので大きく変わりません。ただ、動作にもたつきがないというだけでこんなにも快適に使えるんだと楽しくなります。

AdobeのPhotoshopが登場することが決まっていますが、そんなハイスペックなアプリもこのチップがあるからこそです。
これから続々と高性能なアプリが登場することを望んでいます。

Face ID

特に便利なのはFace IDです。
今まではTouch IDだったので、その都度ホームボタンを触っていましたが、それが自動で承認されたような感覚になります。
さまざまなサイトへ入るとき、アプリをダウンロードするときなど、Face IDを使う機会は意外と多いです。それが、ほぼ自動でできるのはとてもストレスが減りました。
iPadとFace IDの相性はiPhone以上でした。

目に見える違いは少ないけれど

さて、iPad Pro9.7と12.9の違いはざっくりこの2つです。
正直、「違い、これだけ⁉︎」と思われた方もいらっしゃると思います。しかし、iPad Pro9.7と比べると現状では本当にこれくらいじゃないかと思います。
つまり大きな違いは少ないんです。

じゃあ、なんで今回12.9インチを買ったのか。
それはiPadで行う仕事を、プライベートでやることのスピードを上げるためです。

僕のiPadの使い方を考えると、画面の大きさが大きければ作業できるスピードが確実に上がります。
また、今までTouch IDだったのでわざわざホームボタンをタッチしていた動作も、Face IDなら短縮することができます。

iPadを日常的に使う僕はその部分が大変魅力的に感じました。
もし、iPadを日常的に使う場面が多く、なおかつこれからさらに使っていきたいと思っているなら、新しいiPad Proはとてもオススメできる端末です。

ただ、それほどiPadに高スペックは求めない、メインのパソコンがあるという人にとっては新しいiPad Proを購入する必要は少ないかもしれません。

 

iPad Pro買っちゃった・・・ わたしが選んだモデルはこれ!

2018.12.14

iPadを購入するなら、11インチ? 12.9インチ?

2018.12.15

iPadはWi-Fi+セルラーモデル?Wi-Fiモデル?どっちがいいか考えてみました。

2018.12.16

こちらの記事も人気です!