iPad Pro12.9インチのデメリット気付いちゃいました・・・【それでも12.9を推します!】

iPad




iPad Pro12.9インチを購入して数週間がたちました。
この前には9.7インチのiPad Proを2年間使っていましたので、12.9インチの大きさがとっても快適で便利なんです。
一度レビュー記事も書きました。

iPad Pro9.7インチからiPad Pro12.9インチに買い換えて感じたこと

2019.01.21

ただ、当然ですが大きいがゆえのデメリットも見えてきました。

ということで、9.7インチから12.9インチになったからこそ感じた、くんよつが思うデメリットまとめておきます。

12.9インチのデメリット①ノートとしてはデカすぎる

仕事でiPadを使う機会が多いんですが、その中でもノートとして使う機会は圧倒的に多かったです。

そのノートとして使うにあたって、大きい方が良いかと思っていましたが、打合せの際に大きすぎてなんとなく邪魔に感じてしまいます。結果的に9.7インチのiPadを今ではノートを使う専用端末として使っている状態です。

12.9インチのデメリット②持って使うのは現実的ではない

これも仕事が関わってくるんですが、立った状態でiPadを使うという機会も多々あります。iPadを持って写真を撮ってその場での書込みであったり、その場でiPadの中の資料を相手に説明するときなんかは大きすぎると感じてしまいました。

この手の大きさと iPadとの比較でなんとなく感じてほしいんですが、やっぱり12.9インチは大きい。

手の大きさに対してはこの9.7インチはちょうど良かったです。
現場で立ちながら打合せする可能性がある場合は9.7インチのiPadの出番となっています。①の理由につながる部分もありますね。

12.9インチのデメリット③なんだか壊れそう

今までの9.7インチは落とすことはないにしても、丁寧に気を遣って使うことはありませんでした。
それが、12.9インチはちょっと慎重に使わないとと思ってしまいます。
新しいからということは十分にあるにしても、今回のiPadの薄さに対するサイズ感が大きく関係している感じです。

2018年に発売されたiPad Proは前モデルよりの本体は薄くなっています。
ほんの少しですがこれが12.9インチともなると、なんだか心もとない感じがしてしまうんです。

また、先日公式で発表がありましたが、やっぱり本体が曲がることは仕方ないことだと言えるものであれば慎重に使わざるをえないなと、本体を触ってみて改めて感じています。

周りから画面が丸見え

9.7インチのときはそれほど気にならなかったんですが、カフェなんかでもiPadを使って作業する時間も多いので、この大画面だと見られていそうで気になってしまいます。

今は可能な限り画面を暗くして使うようにしていますが、それでもあまり周りから画面が見えないような席を探しています。
これはすごく悩むところですが、覗き見防止のフィルムにするかペーパーライクフィルムにするかを検討しなければならなそうです。

以前9.7インチでペーパーライクフィルムを使ったときの使い心地を考えるとぜひ使いたいところですので、この両方を兼ねるフィルムがあればなぁと思っています。

それでも12.9インチを推したい

今回はデメリットをまとめましたので、12.9インチに対して悲観的になってしまったかもしれません。
しかし、それでも僕は12.9インチを推したいと思っています。
あらためてiPad Pro12.9インチを使ってみて感じたメリットをまとめておきますので、そちらも参考にしていただけると嬉しいです。
では。

iPad Pro9.7インチからiPad Pro12.9インチに買い換えて感じたこと

2019.01.21

iPadを購入するなら、11インチ? 12.9インチ?

2018.12.15

こちらの記事も人気です!