【 iPadOS 】Safariがパソコンと同じ表示に対応 | Apple Beta Software Program

iPad




ども、KUNYOTSU logを運営しています、くんよつです。

WWDC2019で発表があったiPadOS。
そのベータ版がすでにダウンロード可能になっています。

【 iOS13/ iPadOS 】秋の発表まで待てない!2019年秋公開予定の最新OSを試す方法

2019.07.01

iPadOSではSafariも進化します。
iPadのSafari(サファリ)の表示がデスクトップ版と同様のものになります。
なかには、それにどんなメリットがあるかわかりづらいという人もいると思いますので、具体例をあげてみます。

Googleスプレッドシート、ドキュメント

最近は利用されている人もかなり増えているGoogleスプレッドシート・ドキュメントも、これからはブラウザで操作が可能です。


iOS版のアプリもありますが、中途半端で使いにくかったです。
ブラウザなら間違いないかと思いましたが、まだ若干不具合が見られました。
簡単なものなら作成できたので、これからに期待ですね。

Officeオンライン

無料で使えるウェブ版のOfficeです。
エクセル、ワード、パワーポイントなんかが使えます。


いままでは一応iPadでもOfficeオンラインは開けましたがまったく使い物になりませんでした。
iPadOSの現状では簡単なものなら普通に使えそうです。
ただ、まだ不具合ありまくりですね。

もし、ふつうに使えるようであればわざわざアプリで毎月課金する必要がなくなるという人もいるかもしれません。

ワードプレス

ワードプレスはiPad用の画面であるように感じますが、一応デスクトップ版と同じ動きに設定不要でなっていました。
iPadOSなら、わざわざサードパーティ製のアプリを使わなくてもパソコンと同じ感覚でブログを書いたり、ホームページを作ったりできるかもしれません。

いままではこのツールの部分がスクロールに付いてこなかったため、編集が面倒でした。


個人的には今使っているMWebというマークダウン方式のアプリの方が使いやすいので、引き続きこちらを使うと思いますが、見慣れているデスクトップ版で編集したいという方には嬉しいアップデートですね。

ギガファイル便

ギガファイル便も使えるようになっていました。お仕事で使う人も多いんじゃないでしょうか?
いままで使えなかったので、わざわざパソコンでダウンロードしていましたが、iPadOSなら使えます。


随分ラクになりました。
またデスクトップ版らしく、Macと同様にダウンロードの項目が登場しています。

これで、ダウンロードしたファイルがどこかへ行ってしまうことはありません。

ブラウザアプリをiPadでも

パソコンに慣れた人ならブラウザのアプリを使うこともたくさんあると思います。

それがiPadだと機能しないということが今まではありましたがiPadOSでは解消されると考えられます。

もちろん、すべてではないにしても、ある程度使えるレベルになると思われるのでパソコンからiPadへと考えてる人にとってiPadOSは大きな進化だと思います。

僕が気づかないブラウザアプリもあると思うので、もしリクエストがあれは問合せやコメントからお願いします。

こちらの記事も人気です!