iPadのキーボードは絶対にApple純正!Magic KeyboardとSmart Keyboard

Apple




iPadで文字を打つとき、画面に現れるキーボードで打っていますか?

僕も、iPadを使いはじめの頃はもちろん、画面のキーボード、ソフトウェアキーボードを使っていました。

ただ、iPadが進化するに従って使う機会が増え、ついにBluetoothキーボードを使い始めました。

 

ども、KUNYOTSU logを運営しています、くんよつです。

僕は、この時まではMacBook AirとiPad Proを両方とも持ち歩いていました。

それぞれはそれほど重くありませんが、両方となると結構な重量。

冬になって着るものが増えて、カバンが重いとなると、けっこうな負担だと感じていたんです。

 

そこで荷物を減らしたいと思っていたのですが、なかなか進まないのが現状でした。

 

しかし、iPad Proだけでパソコンの作業をまかなえるなら、MacBook Airは持ち歩かなくてもいいんじゃないかと思うようになりました。

そこで最初に考えたのが、iPadで文字を打つということに不便はないかという点。

 

 

Apple純正のMac用キーボード(Magic Keyboard)

まずご紹介するのは、MacのキーボードであるMagic Keyboard(マジックキーボード)です。

アプリやOSの進化でiPadでたくさんのことができるようになったことを考えると、MacBookは必ずしも必要ではなくなってきていると考えてみました。

もちろん、持っていないということで不便なこともあるので、全くの0にはすぐはできないと思います。

しかし、多くの仕事はiPadで代替可能になってきています。

むしろiPadで編集した方が速いというものもあります。

求めるクオリティにもよりますが、ぜひ一度今回の方法を試してください。

 

MacbookとiPadを両方持ち歩いている方、iPadをもっと便利に使い方にぜひご覧いただきたいです。

Magic Keyboard導入によるメリット・デメリットを考える

iPadの使用方法としてキーボードの選択肢を考えるにあたっては3つの視点で検討する必要があります。

  • iPadがMacの代わりになるのか
  • キーボードを導入すること自体に関して
  • キーボードにMacのキーボードを使用するということに関して

この3つの視点で検証いたします。

とくに、Macの代わりとして使えるかどうかはこれからiPadをメイン端末として使っていけるかどうかの大きな問題になるので、しっかりと検証していく必要があります。

iPadはMacの代わりとなれるのか

まず当初の目的ですが、荷物を減らすことでした。

Macで行なっている作業がiPadで代替可能であれば、問題なくMacを荷物から外せます。

 

昔はiPadで作業することがストレスになるものもたくさんありました。

それは、アプリの使い勝手によるものと、データの移動に関する部分が大きかったと感じています。

 

しかし、今となってはiPadの方が便利であると感じる作業もあります。

画像の加工に関してはパソコンで高いソフトを買うことなくiPadでクオリティが高い編集が可能となりました。

さらに、パソコンでよく使うであろうエクセルやワードなどのOfficeのファイルの編集も随分と簡単にできるようになり、互換性も十分だと感じるところまで進化しました。

 

考えてみると、Macででしかできない作業は僕の場合はほとんどないんじゃないかと思える状態でした。

 

キーボードを導入することに関して

アプリの進化とOSの進化により、使い勝手は格段に上がりました。

ただ文字を打つことはキーボードにはかなわないという部分においては変わることはありませんでした。
このソフトウェアキーボードではどんなに訓練してもブラインドタッチは難しいですよね。

そこで、Bluetoothで接続できるキーボードの導入となったわけです。

これは、iPadだけで作業することを考えると必須事項です。

iPadで文字を打つことにストレスが無ければ、これはMacBookを持ち歩かなくても良くなる大きな分岐となりえます。

もちろん、ソフトウェアキーボードで作業できたほうが荷物は少なくなります。

ただ無理して作業したとしても効率が下がってしまってはまったく意味がありません。

MacBookより軽くて薄いキーボードが導入できるならまったく問題ありません。

キーボードの選択肢としてのMagic Keyboard

キーボードと言えば、純正のケース一体型のこちらが思い浮かぶことと思います。
iPad専用のキーボードであるSmart Keyboard(スマートキーボード)も当然選択肢にあがります。

で、間違いなく使いやすいのは使わなくてもわかります。

価格はそれぞれ

10.5インチ 17,800円(税別)

12.9インチ 18,800円(税別)

9.7インチ   15,800円(税別)

使いやすいのは良いんですが、価格がなかなか高額です。
そして、なんだか評判が悪い・・・

 

けっこうお値段が高いので、壊れやすいなんて書いてあると心配で買うのを躊躇しますね。

追記:Smart Keyboardを実際に買って使ってみました。

Magic Keyboardに引けをとらない最高のキーボードでした。

【iPad Pro】Smart Keyboardレビュー。今まで使わなかったことを後悔しました.

2018.11.15

このときのSmart Keyboardは無償で交換できるようになりました。

いまでは不具合はありませんので、純粋に機能で選んでいただけます。

そこで、検討したのがMac用キーボードです。

Bluetoothで繋げるだけなので、導入は簡単だろうと想像できます。

もちろん、他社製のBluetoothキーボードも検討しましたが、やっぱりMagic Keyboardが1番カッコイイという点と、薄さが気に入りました。

そのうえ、充電式なので電池交換なんかの心配が入りません。

 

今回Magic keyboardを導入するにあたってはスタンドが必要になります。

常にスタンドを持ち歩くことになるので、今回検討したのは折りたためるもの。

評判が良く、何より価格が安いです。

動画でもMagic Keyboardについて解説しました。

 

iPadでもマウスが使えるようになりました!

iPadでもマウスを使おう!【iPadOS × Magic Mouse (マジックマウス)の設定方法】

2019.09.25

 

iPad × Magic Keyboard

実際に使ってみました。

導入は簡単です。
Bluetoothで接続するだけ。

「設定」アプリ→Bluetoothをオン→Magic Keyboardの電源をオン→登場するMagic Keyboardをタップ

で、肝心な荷物ですが、無事減らすことに成功しました!

MacBookを持たないというだけでこんなにカバンが軽くなるんだということを実感できています。

では最後に、今回のMagic Keyboard 導入によるメリット・デメリットをおさらいです。

メリット

  • 荷物が減った
  • キーボードが無線なので、好きな体勢で文字を打つことができる
  • タイピングスピードの向上(対iPadの画面において)
  • 純正iPad用キーボード(Smart Keyboard)より安く導入できる

デメリット

  • キーボードは充電が必要
  • スタンドが必要
  • 使うアプリによってキーボードとしての用途が機能しない場合がある(カーソルの矢印による移動など)
  • キーボードはその都度電源のオンオフが必要

実際に使ってみると不自由な部分は少ないと感じています。

 

iPad純正のキーボード Smart Keyboard

Magic Keyboardはとても便利で好きなんですが、どうしてもデメリットがあります。

それは、しっかりとしたデスクがある場所でしか使うことが難しいという点です。

iPadの用途は人によってさまざまなので、いつもデスクがある場所でしかキーボードは使わないよという人であれば問題ないですが、やっぱりそういうときばかりではないと思います。

そこで、候補にあがるのがiPadの純正のキーボードであるSmart Keyboardですね。

僕がiPadのキーボードを検討していた当時はまだSmart Keyboardが登場したばかりで不具合がありましたが、いまではまったく問題のない素晴らしいキーボードになっています。

2種類のSmart Keyboard

Smart Keyboardも今では2種類になりました。

1つはSmart Keyboardで、画面のみを保護するタイプのものです。

これはiPad10.2インチ、10.5インチなど、ホームボタンがあるiPad用のSmart Keyboardになっています。

対して、2018年に発売されたiPad Pro専用のキーボードであるSmart Keyboard Folioが登場しています。

これは画面側だけでなく、背面も保護できるようになっています。

それぞれ一長一短ありますが、どちらもiPad専用だけあって使い心地は良いです。

 

Smart Keyboardのメリットデメリット

では、iPad純正のキーボードの良いところ悪いところあげていきます。

メリット

どこでも作業できる

カバーが不要になる

荷物が少なくて済む

デメリット

価格が高い

重い(Smart Keyboard Folio)

iPadとキーボードが一体化されるので、とても使い勝手が良くなります。

最悪ベンチなんかに座ってヒザの上で作業することも可能です。

ノートパソコンに近くなりますね。

また、カバーの役割もあるので、別途カバーを買う必要がなくなります。

Magic Keyboardと違い一体型なので、スタンドを別途持ち歩く必要もありません。

ただ、価格がかなり高いです。

Magic Keyboardは1万円ほどに対して、Smart Keyboardは2万円弱近くします。

Smart Keyboard Folioにあっては2.4万円ほどになってしまいます。

これは別途キーボードを検討しようと思っている人からすれば、なかなか簡単に手が出る金額ではありません。

さらにMagic Keyboardはほかのデバイスにも使えますが、Smart KeyboardをそのiPadででしか使えないのでそういう意味でもなかなか残念です。

また、Smart Keyboard Folioにおいては全部をカバーできるようになっていますが、その分重いのが残念です。

Smart Keyboard Folioを外したときのiPad単体の軽さに驚きます。

 

どちらもiPadに最高のApple純正品

僕は3種類とも持っていますが、結局どれを選んでも満足いただけると思います。

どれもオススメできる点はやっぱり純正品だなぁとあらためて感じます。

ただ、場所を選ばず使いたいという人はSmart Keyboardをオススメしておきます。

 

もし、iPadをもっと使い込みたい方、キーボードを検討していた方、ぜひMagic Keyboard、そしてSmart Keyboardを検討してみてください。

こちらの記事も人気です!