iPadのキーボードは絶対にApple純正!Magic KeyboardとSmart Keyboard

Apple




iPadで文字を打つとき、画面に現れるキーボードで打っていますか?

僕も、iPadを使いはじめの頃はもちろん、画面のキーボード、ソフトウェアキーボードを使っていました。

ただ、iPadが進化するに従って使う機会が増え、ついにBluetoothキーボードを使い始めました。

そして、今やマウスやトラックパッドまで使えるようになり、iPadの使い方の幅もかなり広がりました。

 

ども、KUNYOTSU logを運営しています、くんよつです。

僕は、この時まではMacBook AirとiPad Proを両方とも持ち歩いていました。

それぞれはそれほど重くありませんが、両方となると結構な重量。

冬になって着るものが増えて、カバンが重いとなると、けっこうな負担だと感じていたんです。

 

そこで荷物を減らしたいと思っていたのですが、なかなか進まないのが現状でした。

 

しかし、iPad Proだけでパソコンの作業をまかなえるなら、MacBook Airは持ち歩かなくてもいいんじゃないかと思うようになりました。

そこで最初に考えたのが、iPadで文字を打つということに不便はないかという点。

こちらは、僕が最初にiPadと一緒に使ったMacで良く使われているMagic Keyboardです。

僕は仕事で、テキストを打つことと、エクセルとかワードが使えれば大抵の仕事はできたので、これはiPadでキーボードを使ってMacBookと近いことができれば全く問題なさそうだと考えたので、今回はその結果をご紹介していこうと思います。

ちなみに、僕は上の写真の

①Magic Keyboard

②Smart Keyboard Folio

③iPad専用Magic Keyboard

と、iPadで使えるApple純正のキーボードは使ってきました。

どれも一長一短、使える場面がしっかりあるので、気に入ったものを見つけてくれたら嬉しいです。

 

iPadで外付けキーボードを使うということ

アプリやOSの進化でiPadでたくさんのことができるようになったことを考えると、MacBookは必ずしも必要ではなくなってきていると考えてみました。

もちろん、持っていないということで不便なこともあるので、全くの0にはすぐはできないと思います。

しかし、多くの仕事はiPadで代替可能になってきています。むしろiPadで編集した方が速いというものもあります。求めるクオリティにもよりますが、ぜひ一度今回の方法を試してください。

MacbookとiPadを両方持ち歩いている方、iPadをもっと便利に使い方にぜひご覧いただきたいです。

 

まず、iPadでテキストを入力すること自体は、かなり快適です。

遅延があるわけでもなく、今まで使っていたパソコンなんかと同じ感覚でキーボードを使うことができました。

iPadでテキストをたくさん入力したいという人に十分おすすめできるものです。

この3つを比較した動画もあるので、一緒にご覧ください。

 

Magic Keyboard導入によるメリット・デメリット

はい、ということで、まずはMacで使われているMagic Keyboardです。

僕は、この見た目がとっても好きで、今でも良く使っています。

 

メリット

  • iPadとキーボードが分かれているので、iPad単体が軽い
  • iPadとキーボードの距離をあっても使える

 

デメリット

    キーボードの充電が必要
    別途スタンドが必要
    膝の上等で作業はできない

基本的にデスクの上でiPadを使うという人にとってメリットの大きい方法だと思います。

特に、テキストの入力は多いけれど、iPad単体で使うことも多いという人はiPadとキーボードが別々のこちらの方法は快適だと思います。

ちなみに、以前レビューしましたけど、Magic Keyboardを使うなら、このスタンドめちゃくちゃオススメです!まるでiMacみたいな外観でオシャレにできること間違いなしです!

Smart Keyboard Folioのメリット・デメリット

さて、お次は初代iPad Pro専用キーボードのSmart Keyboard Folioです。

こちらもメリットデメリットを考えていきます。

メリット

本体と一体型

カバーにもなる

キーボードがつくけど比較的軽い

デメリット

角度に自由度がない(2角度)

この一体型のキーボードは膝の上とかでも使えるので、個人的にはとても好きで、ソファーに座って作業できるのは個人的にメリットです。

デメリットが少なくて、誰にでもオススメしやすいと感じます。

iPad専用Magic Keyboardのメリット・デメリット

最後に、iPad専用のMagic Keyboardのメリット・デメリットです。

メリット

トラックパッドがついてる

ケースにもなる

角度が比較的自由

iPadが浮いているような配置で使いやすい

デメリット

金額が高い

重い

iPad専用Magic Keyboardについては、別の記事で細かく書きましたので、こちら↓をご確認ください!

それでも買う?iPad専用Magic Keyboard

 

使った時の快適性はやっぱりこのiPad専用Magic Keyboardが1番。

でも、高い、そして重い。

毎日持ち歩くものとして、重量はけっこう重要ですよね。

そんなことよりも、やっぱり価格が高いことが1番の問題か…

Smart Keyboard FolioとiPad専用Magic Keyboardを比較した動画も以前作りましたので、こちらもご覧ください。

どれを重視する?

まず当初の目的ですが、荷物を減らすことでした。

Macで行なっている作業がiPadで代替可能であれば、問題なくMacを荷物から外せます。

 

で、それを考えると、Smart Keyboard FolioかMagic Keyboardというセットになるかと思います。

iPad専用Magic Keyboardはとにかく重いです。

 

ただ、悩むのが、トラックパッドが圧倒的に便利だということです。

わざわざ画面をタッチすることなく、トラックパッドでちょっと動かすだけで良いんですから、効率よく作業できます。

これが、iPadで長時間作業する僕にとってはとても重要で、もう僕にとっては手放せないものとなりました。

 

一つ検証できていないのが、外付けトラックパッドの存在です。

外付けトラックパッドをMagic Keyboard、外付けトラックパッドとSmart Keyboard Folio、この組み合わせも便利そうだなと思っているので、余裕ができた際には一度検討してみようと思います。

どれもiPadに最高のApple純正品

いずれにしても、Apple純正品は、やっぱり良いなと思います。

特に、Smart Keyboard FolioとiPad専用Magic Keyboardについているスマートコネクタは、とっても快適で、これのおかげでキーボードを充電する必要がありませんし、わざわざ接続を気にする必要もありません。

Apple純正品は高い、そう思っている方は多いと思いますし、実際そうなんですけど、実は金額以上のメリットもあると思いますので、ぜひ純正品も検討してもらえたらなと思います。

こちらの記事も人気です