iPadのキーボードは絶対に純正がオススメ!【iPad仕事術】

Apple




今回はiPadとキーボードの話。

 

そもそもiPadでたくさん文字を打つつもりはなかったので、キーボードを検討していなかったんです。

しかし、冬になって着るものが増えて、カバンが重いとなると、けっこうな負担だと感じていたんです。

そこで荷物を減らしたいと思っていたのですが、なかなか進まないのが現状でした。

 

紹介するのはMac用キーボード(Magic Keyboard)

今回ご紹介するのは、Macのキーボードを使った感想です。

 

iOS11が出たiPadでたくさんのことができるようになったことを考えると、MacBookは必ずしも必要ではなくなってきていると考えてみました。

もちろん、持っていないということで不便なこともあるので、全くの0にはすぐはできないと思います。

しかし、多くの仕事はiPadで代替可能になってきています。

むしろiPadで編集した方が速いというものもあります。

求めるクオリティにもよりますが、ぜひ一度今回の方法を試してください。

 

MacbookとiPadを両方持ち歩いている方、iPadをもっと便利に使い方にぜひご覧いただきたいです。

Macのキーボード導入によるメリット・デメリット

iPadの使用方法としてキーボードの選択肢を考えるにあたっては3つの視点で検討する必要があります。

 

  • iPadがMacの代わりになるのか
  • キーボードを導入すること自体に関して
  • キーボードにMacのキーボードを使用するということに関して

 

この3つの視点で検証いたします。

 

iPadはMacの代わりとなれるのか

ここが今回の一番のポイントです。

目的は「荷物を減らす」こと。

 

Macで行なっている作業がiPadで代替可能であれば、問題なくMacを荷物から外せます。

 

少し前までは、iPadで作業することがストレスになるものもありました。

それは、アプリの使い勝手によるものと、データの移動に関する部分が大きかったと感じています。

しかし、今となってはiPadの方が便利であると感じる作業もあります。

特に画像の加工に関してはパソコンで高いソフトを買うことなくクオリティが高い編集が可能となりました。

さらに、パソコンでよく使うであろうエクセルなどのOfficeのファイルの編集も随分と簡単にできるように、互換性も十分だと感じるところまで進化しました。

 

キーボードを導入することに関して

アプリの進化とOSの進化により、使い勝手は格段に上がりました。

ただ文字を打つことはキーボードにはかなわないという部分においては変わることはありませんでした。

 

そこで、キーボード導入となったわけです。

iPadで文字を打つことにストレスが無ければ、これはMacBookを持ち歩かなくても良くなる大きな分岐となりえます。

 

キーボードの選択肢としてのMagic Keyboard

キーボードと言えば、純正のケース一体型のこちらが思い浮かぶことと思います。

価格はそれぞれ

10.5インチ 17,800円(税別)

12.9インチ 18,800円(税別)

9.7インチ   15,800円(税別)

 

しかし、なんだか評判が悪い・・・

 

けっこうお値段が高いので、壊れやすいなんて書いてあると心配で買うのを躊躇しますね。

そこで、検討したのがMac用キーボードです。

当然ですがBluetoothで繋げるだけなので、導入は簡単だろうと想像できます。

 

 

価格は10,800円(税別)

 

 

今回Magic keyboardを導入するにあたっては、スタンドが必要になります。

常にスタンドは必要になるので、今回検討したのは折りたためるもの。

 

評判が良く、何よりこの価格。

 

まとめ

実際に使ってみた

導入は簡単です。

Bluetoothで接続するだけ。

で、実際に荷物を減らすことに成功しました。

今回のMagic Keyboard 導入によるメリット・デメリットをおさらいです。

 

メリット

  • 荷物が減った
  • キーボードが無線なので、好きな体勢で文字を打つことができる
  • タイピングスピードの向上(対iPadの画面において)
  • 純正iPad用キーボードより安く導入できる

 

デメリット

  • キーボードは充電が必要 (電池残量がわからない)
  • スタンドが必要
  • 使うアプリによってキーボードとしての用途が機能しない場合がある(カーソルの矢印による移動など)

 

実際に使ってみると不自由な部分は少ないと感じています。

ただ、これは今まで少なからずアプリを使って、パソコンの作業を行なっていたからだと思います。

はじめてキーボードを導入し、iPadをパソコンの代わりに使用するにあたっては最初のハードルは高いと認めざるを得ません。

やはり、パソコンに慣れているのではじめはストレスが多いだろうと考えることができます。

しかし、どんなものも新しいものを導入するときには、このストレスは付き物であると考えています。

 

最初は大変ですが、慣れることによって得られる快適さは間違いなくミニマルライフを提供いたします。

もし、iPadをもっと使い込みたい方、キーボードを検討していた方、ぜひMagic Keyboardを検討してみてください。

では。