【iPad仕事術】入力設定はこれで決まり!ソフトウェアキーボードを便利に使う方法

Apple




【iPad仕事術】入力設定はこれで決まり!ソフトウェアキーボードを便利に使う方法

iPadって外付けキーボードがないと入力って少し不便ですよね。
でもiPadでも文字入力したい時って、外付けキーボードを持っている私でも結構あります。そこで今回はiPadでも入力を便利にする設定や方法をお伝えいたします。

キーボード設定

まずキーボードですが、一般的なローマ字変換のキーボードより、皆さんがおそらく慣れていると思われるフリック入力の方が圧倒的に速いです。
右手でフリック、左手で予測変換から選択でかなり入力スピードが上がります。
この設定は少し特殊ですが、まずは「かな」をキーボードに設定します。
「設定」→「一般」→「キーボード」の順に進み、新しいキーボードの追加をしてください。

そのままだと、全ての五十音が出てしまいます。

が、この右下のキーボードを長押ししてください。

この【分割】でいつもiPhoneで入力するような「かな」入力になります。

カーソル位置変更

iPhoneだと3Dタッチで簡単にかつ正確な位置にカーソルの移動ができますが、iPadでは同じようにはできません。
カーソルの位置を長押しして、拡大されてから移動させて・・・という方法でもできますが少し面倒で正確性に欠けます。

今回ご紹介する方法はもっと簡単で正確です。

画面のどこでもいいので、2本の指でタッチしてください。
タッチしたまま指を移動させると、カーソルも動きます。
これは一度覚えるとかなり使い勝手がよく、昔の方法には戻れません。

範囲指定

これも本当に厄介です。なかなかスムーズにはいかないことも多いのではないでしょうか?
これもカーソル移動と近い方法で解決することが可能です。

先程と同様に2本の指を画面のどこかに置いて、ワンテンポ遅れてから指を移動させてください。
じっくり見ているとわかるのですが、2本指でタッチした直後とワンテンポ置いた後ではカーソル部分の色が変わります。

この方法で簡単に不便を解決できます。

おまけ

フリック入力は英語で打ちたいときに若干不便だと感じます。そこで英語で打つことが多いものについては、「辞書登録」をオススメします。
英語で打つことが最も多いとき、それはメールアドレスを打つときです。あらかじめ登録することにより、英語フリックの打ちにくいストレスから解放されるのと同時に、圧倒的に時間短縮に繋がります。

設定方法

「設定」→「一般」→「キーボード」→「ユーザ辞書」の順番に進んでいただき、右上の+から登録してください。

おわりに

以上、iPadでソフトウェアキーボードを使うときのちょっと便利な方法でした。
やはり長時間文字を打つときには外付けキーボードは欠かせないですが、何か思いついたときにささっと記録を取っておくにはソフトウェアキーボードでも十分です。
むしろ、カーソルの移動や範囲選択に関しては圧倒的にソフトウェアキーボードの場合の方が使いやすいです。

みなさんも一度、iPadならではの方法でスマートに文書を作成してはいかがてすか?
では。