【iPad】ケース一体型キーボード買ってみた

Photo taken with Focos
Apple




ども、くんよつです。

今回はレビュー記事。

iPad用キーボードを購入いたしました。

今まではMagic Keyboardとスタンドで使っていました。

iPadのキーボードは絶対に純正がオススメ!【iPad仕事術】

2018.01.30

いまでもこのスタイルが1番好きなんですが、どうしても困ってしまう場面がありました。

 

それは、「テーブルがないとiPadを設置できない」ということです。

 

これは使っていくうちに徐々に大きな問題であると感じるようになりました。
座りながら、膝の上に置いてキーボードを使うということができなかったんです。

というわけで、ケース一体型キーボードを探すことにしたんです。
純正のsmart keyboardも良かったんですが、純正の商品はかなり金額が高いです。

実際にどれくらい使うかわからなかったんで、今回はアマゾンで探しました。

今回購入したのはこちらです。

 

Inateckのキーボードの購入は初ですが、Amazonでも高評価で価格も安かったのでチャレンジするには良い商品です。

しっとりとした質感は良いが厚い、重い

箱はとてもシンプルです。

 

付属品は説明書と充電ケーブルだけ。

 

 

表面の材質でそのものの印象はとても変わります。
このキーボードはレザーに近いような触り心地があり、ぱっと見の高級感があります。これはポイントが高いです。

 

 

キーボードはまあ普通です。
正直少し狭い感じと、enterが小さく押しにくい点はマイナスです。
多少慣れると思いますが。
USキーボードは今回初体験なんですが、やはり言語の切り替えが面倒です。

 

iPadを外付けキーボードと使っている人必見!ショートカットキーまとめ

2018.02.18

 

このケース自体は結構厚みが出てしまいます。
これは仕方がないことですが、やはりかっこ悪いです。

 

 

実際の厚みは1.7cmです。
こう聞くとあまり厚い感じはしないですが、持ってみると微妙です。
また、重さは444gです。
けっこう重たいです。

smart keyboardは220gなので、純正のものの2倍くらいの重さですね。

ただ、全体を保護してくれる安心感はこちらに軍配が上がります。

 

性能

iPadとの接続はBluetoothです。
この部分だけは説明書をご覧いただきたいです。
Fn+Cでペアリングか可能です。

本製品には電源がなく、iPadを立てることで電源がオンになります。
これはかなり便利です。

 

このキーボードは充電式。
3時間の充電で90日使用可能とのことです。
3ヶ月使えるとなると、充電することを忘れそうですね。
ウィジェットにはバッテリー残量は表示されませんでした。
ある程度使ったら充電する方が良さそうです。

 

まとめ

総合的にみて悪くはないと思えるレベルです。
価格から考えれば圧倒的にコスパは良いです。

そして膝の上においてキーボードを打てるのは本当に便利だと痛感しています。
これなら次のiPadを購入する際には純正のキーボードを検討したいと思えます。

同じメーカーの他のサイズのキーボードもあるので、今持っているiPadのサイズにあったものを選んでください。

持ち運びに最適とは言えませんが、今日は絶対にiPadで文字を書くという日には持ち歩こうと思います。

では。