iPadでスマートにアプリを切り替える【ジェスチャ】

Apple




ども、くんよつです。

iPadを使うにあたって、便利な機能で使ってない人多いな、と感じるのが「ジェスチャ」です。
スピリットビューが登場してから、少し出番が減りましたが、まだまだ使い所は多いのですし、自然にできればスマートでカッコイイ!
ということで、ご紹介しようと思います。

ジェスチャの種類は3種類だけですので、簡単に覚えることが可能です。
では早速設定しましょう。

ジェスチャ設定

設定は簡単です。
「設定」→「一般」→「マルチタスクとDock」→「ジェスチャ」でオンにしてください。

 

これで準備は整いました。

 

ジャスチャ3種

ジェスチャを行うには、4本もしくは5本指で同時に画面をタッチする必要があります。

iPadを触るときは縦で使っている場合、ホームボタンに手をかけながらSafariを見ている人いないですよね。

わざわざホームボタンを押さなくても、アプリを閉じたり変更したりすることが可能です。

 

アプリを閉じる

アプリを閉じるとき、4本もしくは5本指で手を広げてタッチし、真ん中に向けてシュッとします。
いや言葉で表すのは難しいので、GIF作りました。

 

アプリを切り替える

バックグラウンドで動いているアプリに切り替えるには普通ホームボタンを2回押します。
これをジェスチャで行うには、4本もしくは5本指でタッチし、下から上へスワイプしてみてください。
こちらもGIF作りました。

 

ひとつ前に使ってたアプリにスマートに切り替える

ひとつ前に使っていたアプリに切り替えるときも簡単に切り替えることができます。
4本もしくは5本指でタッチし、左右にスワイプしてください。
もちろんひとつ前だけではなく、もっと戻ることもできます。

GIFです。

 

まとめ

かなり簡単に使いこなすことが可能ですので、一度使ってみてください。
ホームボタンでアプリを切り替えるよりも簡単に切り替えることが可能ですので、使っていただくと便利に感じていただけることと思います。

スピリットビューでは少し画面が小さいと感じるときに、さっとアプリを切り替えたい場合に重宝します。
私個人としては、ひとつ前のアプリに切り替えることは意外と多くて、Amazonと楽天市場を見比べたり、なんてこともスムーズに行えます。

便利に使っていきましょう!
では。