iPadの容量はどれを選ぶ?基準をご提案します!

iPad




iPadの購入で悩むもののひとつが容量。
金額に大きく影響するので慎重に考える人が多いと思います。
僕も今回iPad Pro12.9を購入する際には散々悩みました。

ということで、iPadを購入するときに選ぶ容量について今回は考えてみようと思います。

iPadの容量は買う端末によって選べるものが変わります。

iPad Pro12.9 iPad Pro11 iPad Air iPad iPad mini
64 / 256 / 512 / 1T 64 / 256 / 512 / 1T 64 / 256 32 / 128 64 / 256

個人的には128GBがちょうど良いなぁと思っていましたが、そういうときに限って発売されないんですよね。

ちなみに、容量が変わるとこれくらいの金額差が生じてしまいます。

そりゃ慎重になりますよね。

僕のiPadと容量

僕が持っているのはiPad Pro12.9の64GBです。僕は今回は金額を考えてこのサイズを選びました。iPad Proで言えば最小の容量ですが、このサイズに踏み切った理由をあげておきます。

ちなみに、僕が使っていて最も容量が多いアプリはのトップ3はこれ。

写真
Amazonプライム・ビデオ
Kindle

写真はどうしても増えていってしまいます。動画なんかも入っているので、仕方ないですね。
Amazonプライム・ビデオは動画を保存しているのでけっこうな容量になっています。
Kindleも同様に、購入した本の数でどんどん容量が増えてしまっています。

iPad Pro9.7のときは32GBを使っていた

これが1番の判断基準になりましたが、iPad Pro12.9を使う前はiPad Pro9.7を使っており、その容量は32GBでした。2年ほど使ったiPadでしたが、32GBでやってこれました。もちろん容量の節約はしていましたが。

iPhoneXS Maxは256GB

これもひとつ安心の材料だったんですが、僕のiPhoneは256GBです。もしiPadの容量が足りなくなったら、最悪iPhoneの方に移せる写真なんかのデータは移して、iPhoneでもAmazonプライム・ビデオとKindleは使えるので、iPadの方のデータは消してiPhoneでやってしまうということを考えていました。

以上です。僕はこのiPadを使う前にある程度どれくらいのデータが必要かわかっていたので決断することができました。

自分が使うアプリと環境を考える

ということは、僕と同じようにiPadでどういったことをするかがとても大切になってきます。ある程度想像した上で容量を決めると失敗が少ないと思います。

容量が最も増える要因は動画や画像だと思っています。動画をたくさんiPadに入れて編集をするという場合にはある程度容量が大きいものを選んでおくことをオススメします。また、一眼で撮った写真をiPadで管理するという方も大きめのサイズを選ぶ必要があります。

また、現在の環境もiPadの容量を左右します。次の3つの環境を考えてください。

iPhone
パソコン
クラウドストレージ
僕みたいにiPhoneにデータを移す余裕があれば、iPadの容量はそれほど大きくしなくても使えるかもしれません。また、パソコンに送ってしまうという方法もあります。さらに、クラウドストレージで大きな容量を契約すれば大抵の動画や写真はクラウド上で管理し本体に残さないという方法もとれます。

選ぶ基準を明確に

どうしても正解はわからないので、何かと比較しながら考えていくしかありません。
例えばiPhoneでどれくらい使っているか、パソコンはどれくらい容量を消費してるか、クラウドストレージに費用をかけることができるか。
このあたりを考えていけばある程度予想できるんじゃないでしょうか。

こちらの記事も人気です!