いまからiPad買うなら絶対大容量にして!64GBのiPad Proを購入して後悔してます

iPad




ども、KUNYOTSU logを運営しています、くんよつです。

iPadの購入を検討している人に絶対読んで欲しいです!
タイトルの通り、僕は2018年にiPad Proの64GBを購入しましたが、いまとっても後悔しています。

いま購入を検討している人、読んでください、お願いします。

いままでは少ない容量でも問題なかったんだ・・・

僕は以前こんな記事を書きました。

iPadの容量はどれを選ぶ?オススメをご提案します!

2019.05.11

いままではiPadは小さい容量で問題ありませんでした。
64GBでも十分やっていけると思っていました。

でも世の中の状況はどんどん変わっています。

僕が後悔の原因になっている唯一のこと、それは動画を扱うことが増えているということ。

これから動画を扱うことが増える

僕が動画を扱うようになったのはYouTubeにアップするようになってからです。

「大丈夫!私はYouTubeに動画をアップなんてしないよ!」

そう思うかもしれません。
ただ、世の中の動きは画像から動画へ変わってきています。

今はYouTubeに動画をあげなくても、インスタグラムに動画をあげなくても、そのうち動画をアップする機会が増えることが予想されます。
いや、アップせずとも個人の思い出を残すものとして動画を選択する機会が増える可能性はかなり高いです。

さらに5Gが当たり前になれば、もうその波から逃れるのは難しいんじゃないかと思います。

そして、動画の画質はいまやiPhoneでも4Kで取れる時代です。
簡単に高画質で撮れます。
せっかく高画質で撮れるんですから、できることなら高画質で撮りたいですよね?

残念ながら4Kの動画だと、ほんの数分の動画でも軽くギガの容量を占領していきます。
そう、iPadの画面で編集したいなぁと思っても64GBじゃ少ししか高画質の動画を扱うことができないんです。

iPad Proには1TBモデルが存在する

2018年に発売されたiPad Proには1TBモデルが存在します。
発表された当初、僕は絶対にそんな容量なんていらない、そう思っていました。
ただ、いまならちょっと無理しても1TBが欲しいと思ってしまっています。
少なくとも512GBのモデルは欲しいところです。

ちなみに、11インチのモデルで1TBのWi-Fiモデルで税込186,624円。

うーん、と悩む金額ですが、それでも買っていいんじゃないかと今なら思えるようになりました。

2019年、iPadは大きく進化する

「いいパソコン買うよ!」
そんな声が聞こえてくる金額ですが、購入を後押しする発表が2019年6月のWWDCでありました。
それがiPadOSです。

いままでのiPadの良さはそのままに、パソコンに限りなく近くなります。
個人的にはiPadの良さにパソコンの利便性が加わるような感覚です。
僕はiPadOSを一足先に使っていますが、ああパソコンいらないかもな、と思えるようになってきました。
もちろん、パソコンのすべてができるわけではありませんが、ほとんどの人はiPadひとつでパソコンで行っていた作業を終えることができるんじゃないかと思います。
専門的で高度なことをする人でなければ、もうパソコンは不要かもしれません。

【iPadOSまとめ】あなたのiPadはこの秋こうやって進化する

2019.07.13

iPadは大容量をオススメします

ということで、iPadを64GBで本当に後悔しているので、いま検討している人に同じ思いはさせたくない、そんな思いで書きました。
スマホが普及した今、パソコンに日常的に触れる機会が減っているんじゃないかと思います。
僕自身、iMacを仕事で使いますが、日頃iPhoneXS MaxとiPad Proに触れる機会が多いせいか、iOSで作業した方がラクで速いんです。
そして、そういう人が多くなってくるんじゃないか、実際は多いんじゃないかと思っています。

こちらの記事も人気です!