iPadで手書きをテキスト化!手書きキーボードの使い方

iPad




みなさん、こんにちは。

くんよつです。

 

今回ご紹介するのはiPadで、どこでも手書きをテキスト化できるアプリです。

手書きキーボード
手書きキーボード
開発元:Catalystwo Limited
¥490
posted withアプリーチ

 

このアプリは、iPadOS14から登場したスクリブルの機能に近いもので、スクリブルはApple Pencilで手書きすると、どこでもテキストとして認識してくれる機能なんですけど、これはまだ日本語対応していなくて、いつ使えるようになるか全くわからない状態なんですよね。

ただ、このアプリを使えばどこでも手書きをテキスト化することができるようになるので、かなり便利になるんじゃないかと思います。

機能としては、普段登場するソフトウェアキーボードの部分に手書きができるようになるので、ここに書いたものがテキストとして変換できるようになるというものです。

これ、とにかく便利で、Apple Pencilを持ってる人は絶対インストールした方が良いです。

ひらがなで書いても漢字に変換できますし、英語とか数字をそのまま書いてもしっかり認識してくれるので、その都度切り替えなくても良いんですよね。

 

 

で、このアプリを作ってる会社はあのMyScriptNeboという手書きをテキスト化できるノートアプリを作ってる会社なんですね。そのノートアプリの手書きの認識は結構適当に書いてもしっかりと認識してくれていたので、僕自身は安心して購入できました。その手書きをテキスト化する機能をノートの中だけじゃなくて、もっと自由に使えるようにしているアプリという感じですね。

iPad人気ノートアプリMyScript Neboの使い方解説します

 

メモアプリはもちろん、Twitterとか、LINE、エクセルなんかでも手書きで作ることができるので、便利に思っていただける人多いんじゃないかと思います。

ということで、今回はこの手書きキーボード、このアプリの詳細をまとめていきます。

この記事はYouTubeの内容をテキストにしたものです。

動画も一緒にご覧ください!

手書きキーボードの使い方

この手書きキーボードは、キーボードの一つを手書き用に変えることができるアプリで、基本的にはどこでも使うことができます。

インストールしたらまずはキーボードにこの手書きキーボードを追加する必要があります。

設定アプリ→一般→キーボード→キーボード→新しいキーボードを追加→手書き

この状態でいつものように言語を切替えると手書きのキーボードが登場します。

ここで書くと、手書きがテキストに変わってくれます。

便利なのが、ひらがなで書いたものも漢字へ変換ができるので、漢字がわからなかったら、とりあえずひらがなで書いておけば変換できる候補に漢字が表示されるのが良いですよね。

で、普通に書いていても、英語と日本語をしっかりと認識してくれるんですけど、英語を書くときは、左上のAのマークの部分をタップしておくと、変換の候補に単語が表示されるので、こっちの方が便利だと思います。

それから、数字は、手書きじゃなくて、単純に数字をそのまま入力することができるモードもあります。

その他設定変更できるもの

  • 確定までの時間
  • 入力できるスペースの広さ
  • それから削除とか改行のボタンの位置
  • 2本指でのジェスチャ
  • ペンの太さ

も選べたりしますね。

で、この歯車のマークが設定で、まずこの自動確定、これをやらないと、書いたテキストを自分で確定させなきゃいけないので、ひと手間かかるんですけど、自動にしておけばどんどん確定してくれるので、書くスピードは早くなります。

ただ、他の漢字に変換したいときでも勝手に確定されてしまうので、考えながら書くときは遅くしておいた方がいいと思います。

入力できるスペースは、2行に分けて書くことも可能なので、広い方が便利ではあると思います。

それから2本指のジェスチャはカーソル移動が便利なのでオススメです。

手書きキーボードのちょっとした便利機能

で、ちょっとうれしい機能が2つあって、書き直したい文字はクシャクシャっとやると消すことができます。

それと、書いた文字をたくさん消したいときは横線で一気に消すこともできます。

それからフローティングキーボードにも対応していて書くスペースは狭くなっちゃうんですけど、周りは広く見れるので、使うアプリによってはこれもかなり使いやすいです。

 

手書きキーボードのデメリット

で、感じたデメリットが、そんなに大きなことではないんですけど、2つありまして、ひとつは、このアプリはあくまでもキーボードのひとつなので、手を置いたときに違うところをタッチしてしまう可能性があります。

それから、もし、普通にソフトウェアキーボードを使うという機会があると、その都度切り替えが必要になってしまうということです。

それから、スクリブルの機能がオンになっていると、すぐにキーボードのウインドウが出ないときがあるのでオフにしておいたほうが便利だと思います。

スクリブルは設定アプリのApple Pencilの中の1番下にあるので、ここをオフにしてください。

 

iPadユーザー必須のアプリ

一応、このアプリ自体にはメモの機能がありまして、チェックリストが作れるんですけど、特別使い勝手がいいわけではありませんので、おまけ程度に考えていただければと思います。

はい、ということで、今回はスクリブルが使えない今、1番便利などこでも手書きをテキスト化できるアプリ、手書きキーボードをご紹介させていただきました。

普段からApple Pencilを使う人は、これでApple Pencilを持ったまま検索したり、メールやLINEの返信をしたりできるので、ぜひ、このアプリ使ってみてください。

 

ご覧いただき、ありがとうございました。

 

手書きキーボード
手書きキーボード
開発元:Catalystwo Limited
¥490
posted withアプリーチ

 

こちらの記事も人気です