ついに発売!格安のiPad第7世代( 10.2 )の実用性を考える

iPad




ども、KUNYOTSU logを運営しています、くんよつです。

ついに新しいiPadが発売となりました。
今回のiPadは無印の第7世代。

いま購入できるiPadで1番安価なモデルです。
もう、この価格でこの性能、完全にオススメできる!と感じました。

ただ、このiPadについては、初めてiPadを購入する、もしくは3〜5年ぶりの購入になるという人にとってはいろいろと悩むことも多そうなので、そんな人にむけて書きました。

1番のメリットは価格

まず第一に伝えたいのがその価格です。
とにかく安いです。
34,800円(税別)は圧倒的に安いです。

最新の端末でこれだけお得感があると購入をオススメできるなと感じました。
この価格がスゴイのは、Apple PencilSmart Keyboardが使える端末なのにという点です。

Apple Pencilが使える

結局使わなかったという声もまれに聞こえてきますが、僕はApple Pencilを絶対に買った方がいいと思っています。

Apple PencilこそiPadならではの機能です。

数年前ではこの価格のiPadにはApple Pencilは使えなかったんですが、こんな安価にApple Pencilを使える端末が手に入るということで、なおさらApple Pencilを推したくなります。

そして、Apple Pencilの実力に驚くことと思います。
Apple Pencilはいま発売されているiPadはすべてに対応していることを考えると、AppleとしてもApple Pencilの重要だと考えているようですね。

メモアプリやノートアプリなんかはとっても便利なので、Apple Pencilを購入したさいにはぜひ使ってほしいです。

iPad人気NO. 1 ノートアプリGoodNotes 5 (グッドノート)のできること、使い方解説します

2019.10.30

iPhoneの「メモ」便利な使い方解説します

2019.09.21

Apple Pencil第一世代はいろいろと弱点がありますが、それでも他のスタイラスペンよりも圧倒的な実力であると感じています。

Smart Keyboardは対応しているが・・・


第6世代では対応していなかったSmart Keyboardが今回対応になりました。これで、3年くらい前のiPad Proの実力が完全に使えていると感じます。これは、iPadをずっと使ってきたものそしてはとってもすごい事だと思っています。

ただ、せっかく対応したのでSmart Keyboardを使ってほしい、その気持ちを押し殺して、僕はこのSmart Keyboardは第7世代を購入しようと思っている人にオススメはしません

というのも、せっかく安くiPadが購入できているのに、Smart Keyboardの割高感は異常です。
17,800円(税別)もするので、もしiPadを使っていく中でどうしてもキーボードを使いたいという状況になればぜひサードパーティ製のものを検討してほしいと考えています。

例えばこちらのキーボード。

格安BluetoothキーボードをiPadで使う【Anker ウルトラスリム Bluetooth ワイヤレスキーボード】

2019.08.06
2,000円ほどで購入できます。

Apple Pencilはほかのスタイラスペンと一線を画する実力があるので、代わりが効きませんが、キーボードに関しては実際にそれほど困ることはありません。
どうしてもSmart Keyboardにしなければと思う点は、あのコンパクトさくらいかと思います。
ということで、ぜひサードパーティのキーボードも探してみてください。

ただ、Appleの純正が良いという人はMagic Keyboardをオススメしてます。

iPadのキーボードは絶対にApple純正!Magic KeyboardとSmart Keyboard

2019.09.30
Smart Keyboardより安く導入できますし、Apple製品と相性が抜群です。

また、iPadOSにアップデートしているので、ソフトウェアキーボードがとても使いやすくなっています。

最悪キーボードがなくてもiPhoneの感覚で文章をつくるができるので、そういった面ではiPadOSを試してからキーボードを検討してみてもいいかもしれません。

容量は32GBでも

今回は最安モデルをオススメしておりますが、もっとも不安が大きいのが容量だと思います。
iPhoneではもう32GBのモデルは売っていませんが、このiPadの最小容量は32GBです。

ただ、よく聞くのがそれほど容量を使わないという人が意外と多いということです。

さらに、iPadOSの登場により、外部ドライブとデータのやり取りができるようになったので、もし画像や動画が容量を多く使っていても、USBドライブやSDカードなんかに移しておくことが可能です。
これで容量に対する不安がなくなると少なくなると思います。

iPadの容量が足りなくて困ってる人、iPadOSなら解決できるかも

2019.09.24

とはいえ、動画、高画質の写真を扱いたいという人には同じことは言えないので、大容量のiPadを選んでください。

いまからiPad買うなら絶対大容量にして!64GBのiPad Proを購入して後悔してます

2019.08.26

メモリーは3GB

こだわらない人もいるかもしれませんが、 iPadのメモリーは3GBです。

普段iPhoneでやっていることを大画面でやりたいという人にはほとんど気にならないものではありますが、高性能なアプリを使うと動作が重くなったりする可能性があります。最新の iPad Proでも4GBなので、大きな差があるかと聞かれるとそれほどないんじゃないかというくらいかと思います。

もし、高画質の画像や動画を多く扱うつもりがあるなら、やっぱりiPad Proがいいと勧めますが、それ以外は3GBでも十分心配はないと感じています。

実際に僕がサブで使うiPadは2GBですが、基本的な動作は気になりません。

これであなたもiPadユーザー

iPadOSになり、iPadの便利さがかなり認知されてきて、よりiPadを購入しようと思う人が増えているんじゃないかと思っています。
とくにパソコンの代わりになるかどうかという点では、たいていの人にとって代わることができるんじゃないかと思えるほどの機能が備わってきました。
もちろんパソコンでできることの100%をできるかと聞かれればそうではないんですが、パソコンの代わりとして選択肢に加えるのにふさわしい端末と言えます。

ぜひ、安価になった新しいiPadで、あらたなAppleライフを送ってください。
では。

iPad第7世代公式ページはこちら!

こちらの記事も人気です!