iPad Proは最大4つのアプリが同時に使える⁉︎

iPad




ども、くんよつです。
新しいiPad Pro12.9インチを購入し、日々ガシガシ使っています。
さて、iPadの弱点のひとつがマルチタスク。

パソコンならいくつでもウインドウを出せるのに、iPadは2つだけ・・・

いえいえ!iPadでも同時に4つのアプリを動かすことができます!
今回はその方法を解説します。

iPadで4つのアプリを同時に表示させる方法

同時に使えるとやっぱり便利だと思える場面もあるはずです。
今回はその手順をご説明いたします。
今までわざわざアプリを切り替えていた行動が短縮されるかも!?

ひとつ目は動画のウインドウ

えー、4つ同時と大見得を切ったわけですが、ひとつのアプリは決まってしまいます。
それはYouTubeかビデオアプリです。
iPadではピクチャインピクチャという動画を小さく常に出しておく方法があります。

ピクチャインピクチャの方法はこちら↓

iPadでYouTubeを見るならブラウザ一択

2018.07.15

まずはこの方法で見たい動画を出しておきましょう。

次はスピリットビュー

iPadユーザーならきっとお馴染み、スピリットビュー。
この方法で使いたいアプリを表示させましょう。

するとこんな状態になります。
今回はブログ執筆で使っているMWEBとツイッターを表示させてみました。

この状態で3つのアプリが表示されている状態です。
ツイッターの上にYouTube がかぶってますが、どちらもこれくらいなら支障なく確認できます。

最後にスライドオーバー

スピリットビューとは別の方法でもうひとつアプリを表示させることが可能です。それがスライドオーバーという方法。
現状で、**スピリットビューの分かれ目の部分にスライドオーバーさせたいアプリを持っていきましょう。
**

すると、スピリットビューしているアプリの上にかぶさった状態でアプリが表示されます。

これで、アプリを4つ同時に表示させることができました!

iPhoneも同時に使うことが最大のマルチタスク
個人的には外せないのが、さらにiPhoneを横において作業する方法です。

iPhoneで調べたものをコピーすると、自動的にiPadでもペーストできるようになります。
iPad上では編集をともなうものをメインで表示させておき、調べ物はiPhoneに任せるといった使い方が多いです。

マルチタスクをうまく使う

実際にマルチタスクは効率を下げるとも言われていますが、あっちを見てこっちを見てといろいろとアプリを行き来する必要がある場合も十分にありえます。YouTube はともかくとして3つ表示させておくことはとっても便利に使えますのでぜひ一度試してみてください。

一度に3つは簡単に出せるので、今の作業を中断してアプリを閉じてしまうのではなく、あらたにアプリを立ち上げるという方法を使うことで、完全に作業を中断するのではなく、一時中断という方法を取ることでパソコンに近い使い心地を得ることができます。

この方法はやっぱり12.9インチの方が使いやすいです。というか12.9インチを持っているならこの方法を使わないのはもったいない。

けっこう手順があって大変かと思われるかもしれませんが慣れてしまえばあっという間です。

ぜひ一度試してみてください。
では。

iPad Pro12.9インチのデメリット気付いちゃいました・・・【それでも12.9を推します!】

2019.02.05

iPad Pro9.7インチからiPad Pro12.9インチに買い換えて感じたこと

2019.01.21

こちらの記事も人気です!