2020年 新iPad Proサプライズ発表! Magic Keyboardがスゴイ・・・ あなたは買う?

iPad




みなさん、こんにちは。

くんよつです。

 

2020年3月18日の9時半頃、新iPad Proがサプライズで発表となりました!

前iPad Proの登場から1年4ヶ月ぶりのニューモデルで、待っていた方も多いんじゃないでしょうか?

 

iPadはどんどんパソコンの代わりになる端末に変わってきています。

本体が進化すれば、それにともなうアプリも進化していきますので、これからのiPadがより楽しみですね。

 

今回の進化した点と、まだわからない点についてまとめておきます。

動画でも解説したのでぜひご覧ください!

2020年 iPad Pro

今回のiPad Proの目玉は、今のところカメラの進化と新しいキーボードにあるんじゃないかと思います。

詳細を掲載しておきます。

  • Liquid Retina ディスプレイ
  • 10MPの超広角カメラと12MP広角カメラ
  • LiDARスキャナ
  • A12Z Bionic

ちょっと専門用語が多いので、わかりにくいんですが、ディスプレイはかなりキレイで、カメラの性能もかなり高く、AR(拡張現実)もよりリアルに、そしてiPadの性能もアップしています、ということですね。

ただ、この内容でいうと正直カメラ以外の性能の進化は少ないと感じています。

iPadで写真をしっかり撮るという人はどれだけいるんでしょう?

僕も写真は撮りますが、それほど高性能である必要がなかったので、正直カメラの性能アップについてはそれほど嬉しい内容ではありません。

 

そして、残念なのがA12Z BinicというiPadの性能なんですが、これはグラフィックの処理がとても得意な性能で、もちろんかなり高い性能なんだと思いますが、A13でさらに進化することを期待していたので、名前からして大きな進化じゃないのか?と思ってしまいます。

 

そして、気になるのはメモリで、2018年のiPad Proは4GB、1TBモデルだけ6GBでした。

今回のiPadは全モデル6GBになっていることを願いますが、実際の数値はこれからわかってくると思いますので、そのときには改めてご報告しようと思います。噂ではすべてのモデルが6GBという話があるようなので、期待してもいいんじゃないかと思います。

最後に、iPad Proの購入を検討していた人にとってはとても嬉しいことがあります。

それは、前iPad Proのモデルよりも価格が下がっているという点です。

全体的に1万円ちょっと安くなっていますね。

かなり大きいと思います。

 

Apple Pencilは引き続き第2世代が使えるので、問題ありません。

 

購入できる容量ですが、今回は最低で128GBになりました。

128GB

256GB

512GB

1TB

の4種類から選ぶことが可能です。

今回から64GBがなくなってしまいました。

Proモデルですから、やっぱり大容量が必要ということなんでしょうか?

ちなみに、僕は64GBを購入してとても後悔しているので、容量選びは慎重にお願いします!

iPad専用Magic Keyboard

今までiPadのキーボードはずっとSmart Keyboardという名前になっていましたが、新しく発表されたキーボードはMagic Keyboardという名前になっていました。

これが、今回の一番の内容だと思います。

 

ポイントは3つです。

  • iPadが浮いてる
  • トラックパッドがついてる
  • キーボードにUSB-Cで給電できる

 

まず、デザイン的なところで、iPadが浮いているような形で設置できます。

これによって、iPadの角度を今までよりも自由に変えることができます。

 

そして、トラックパッドが今回のiPadには付いてきますので、これが先日のiPadOSで対応になったポインタとちょっと違うようなんですよね。

これがかなり楽しみですね。

もう見た目がMacBookに近づいてきていますよね。

 

そして、iPadではUSB-Cポートが1ヶ所ですが、このキーボードにもUSB-Cポートが付いているので、ここから給電できるということです。

今までは充電しながら、外部ストレージを接続することはできませんでしたが、これからはそれが可能になります。

外観は今までのSmart Keyboard Folioよりも黒に近い感じになっているのかもしれないですね。

 

ただ、こちらも気になる点がございまして、その重さがとても重要になってきます。

今回iPad本体の重さはほとんど変わらなかったので、あとはキーボードの重さがSmart Keyboard Folioと比べてどうかという点ですね。

2018年のiPad ProとSmart Keyboard Folioは合わせて1kgくらいになってしまいましたが、最悪でも同じくらいの重さにしてほしいです。

というのもMacBook Airは1.29kgなのでそれと同じ重さだとちょっと残念に感じます。

iPadのメリットはコンパクトで軽いこと。

もう少し経てば詳細が分かると思いますので、確認ができ次第ご報告します。

 

また、このMagic Keyboardは2018年のiPad Proでも使えるということで、こちらの方がかなり売れるんじゃないかと思っています。

ただ、2018年のiPad Proだとカメラの部分が残念な感じになりますね。

 

ただ、残念ながら価格がかなり高いです。

びっくりします。

 

11インチ:31,800円(税別)

12.9インチ:37,800円(税別)

 

12.9インチのキーボードだけで4万円以上かかるなんて・・・

まあトラックパッドが付いているので仕方ないかと思いますが、もうちょっとでも安くなると嬉しいなぁ・・・

 

2020年iPad Magic Keyboardの発売日は?

はい、ということで、気になる発売日ですが、iPad Proについては2020年3月25日です。

Magic Keyboardは5月の発売になっておりまして、まだ正式に決まっておりませんが、少しでも早く発売してほしいですね。

すでに予約が開始されているので、待っていた方はApple Storeで注文してみてください。

 

2020年iPad あなたは買う?

さあ、もう予約が開始されているので気になっている方は、すぐに頼めば、もう6~7日後には受け取れているといった状況です。

 

ここからはあくまでも僕の考えですが・・・

もし、今iPadを使っている人で性能として十分な人はあえて買う必要はないかと思っています。

というのも、iPad本体の性能のアップはそれほど多くないので、今の現状に満足している人はそれほど大きく変わる事はないと思います。例えば、急にiPadがパソコンの作業の全てを行うことができるようになるという事はあり得ません。

もし、Magic Keyboardが使いたいという人は、買う必要があるかと思いますが、それ以外は今回はまだスルーでいいと思います。

さらにすでに2018年iPad Proを持っている人は、ほとんどの人が買い替えは不要だと感じました。

Magic Keyboardは2018年のiPad Proにも互換性があるので、それが購入できればいいんじゃないかと思います。

 

そして、僕個人としてはやっぱり5Gの存在が気になっており、iPadでもここ1年くらいで5G対応のセルラーモデルが登場してもおかしくないと思っているので、今回は見送るつもりでいます。

 

という事で、今回のiPad Proは個人的には、まだ2018年のiPad Proで十分で今回の買い替えはしないという結論で落ち着いてしまいそうです。そして、Magic Keyboardはめちゃくちゃ欲しい、そんな感覚でした。

 

とにかくiPadはここ最近はかなり高くなっているので、総合的に考えて、一緒に発表されたMacBook Airの方がいいんなじゃないかとも思います。

そして、もしMagic Keyboardが目当てなら、Apple整備品の2018年iPad Proを安く購入するか、メルカリなんかで購入しておいてもいいかと思っています。

 

という事で、今回はiPad Proの詳細と買うべきかどうかという視点で書いてみました!

参考にしていただけたらい幸いです。

 

画像は全てApple公式サイトより

こちらの記事も人気です