iPadを購入するなら、11インチ? 12.9インチ?

iPad




新しいiPad Proの大きさは2タイプ。
11インチと12.9インチです。

以前のiPadのサイズ展開は10.5インチと12.9インチ。以前はホームボタンがついていたので、この12.9インチはかなりの大きさでした。

ただ、今回はホームボタンがなくなり、ベゼルも薄くなったことから実際のサイズ感は見てみるまでわからない状態でした。
とはいえ、12.9インチのあのサイズ感、以前のiPadをご存知の方ならなかなか手が出さないと思われたと思います。

本体サイズを比べてみる

ただ、個人的に今回の12.9インチはとても魅力的に感じています。いままでだったら絶対に11インチ一択でしたが、今回ばかりは12.9インチをオススメしたいと考えています。
とはいえ、実際のサイズがわからないと検討できないと思いますので、まずは本体のサイズを比べてみましょう。

10.5 11 12.9(旧) 12.9(新)
250.6 247.6 305.7 280.6
174.1 178.5 220.6 214.9
重さ 469 468 677 631

※単位は、縦横 mm 重さ g 。
※重さは全てWi-Fiモデル

と、こんな具合に、新しいiPad Proはかなりコンパクトな仕上がりになっています。わずかな差と思うかもしれませんが、iPhoneと同じ、かなりパーソナルな端末であるタブレットはこの数センチの差が大きく感じることは間違いありません。

現在購入できる端末である、10.5インチ、11インチ、12.9インチで、それぞれ購入をオススメできる特徴をあげてみます。

端末ごとオススメできる特徴

iPadは人によって用途がおおきく変わる端末です。それだけに慎重に購入を検討する必要があります。

10.5

  • 安価に入手したい
  • ホームボタンを使いたい
  • 用途は動画視聴、ネットサーフィンがメイン
  • はじめてのiPad

iPad唯一のホームボタンがある端末。安価に手に入れる、はじめてのiPadという人は10.5インチをオススメしたいです。iPadで積極的に使うかどうかはまだわからないという人にとっては十分な性能を持っています。
Apple PencilもSmart keyboard も安価なので一式揃えやすいです。

11

  • 最新の性能を安価に使いたい
  • 手で持って作業する機会が多い
  • 高画質の画像や動画編集をしたい

手で持っての作業はメモ書きや電子書籍での読書など、手に持って使う機会が多い場合は11インチがオススメ。それだけなら、10.5インチでも十分だけど、高画質の画像や動画編集をする気があるなら、迷わず高性能の11インチとなります。

12.9

  • 文書作成
  • 読書
  • 動画視聴
  • 多くの情報を一度に確認したい
  • スピリットビューを頻繁に使う
  • iPadを今まで使っていて、バリバリのメイン端末として使っている

今まで使っていた人はiPadの使い道をある程度知った上で再購入になると思います。そんな人に11インチよりも12.9インチをオススメしたいです。もちろん、11インチでも作業は十分できます。画面も拡大できるので、ひと手間あれば困ることはありません。しかし、今回の12.9インチはベゼルが薄くなったことで、軽量化とコンパクトさは驚くばかりです。

ちなみに12.9インチの使い方だと外付けキーボードは必要になる可能性が高いので、一緒に検討してみてください。

12.9インチをただただオススメしたい

旧12.9インチの感覚でiPadの新12.9インチを選択肢から外していたとしたら一度本体を触ってみてほしいです。12.9インチのコンパクトさを感じてもらえるはず。とにかく私はこの12.9インチの本体のサイズ感に驚いています。あの画面サイズと、コンパクトな本体はとにかくオススメできるものであると言えます。

とはいえ、用途によっては大き過ぎる場合もあるので、しっかりとあなたの用途と上の適正を比べてみてください。

総括 : 選ぶ理由はシンプルに

個人的には12.9インチがオススメです。
ただ、わたしはiPadを座った状態で机の上に置いて使う機会が多いからです。メモを取るにも、キーボードで書類を作るのも、メールを送るのも、動画を見るのも、画像を修正するのも私の用途はほぼ持ってすることはないです。あるとすればKindleでの読書くらい。

持って使うか、置いて使うか。

この1点で選んでいただいても大丈夫だと思います。

iPad Pro買っちゃった・・・ わたしが選んだモデルはこれ!

2018.12.14

こちらの記事も人気です!