【iOS12】スクリーンタイムで管理するiPhone使用時間

Apple




iOS12の新機能、【スクリーンタイム】がついにリリースされました。

できること、確認していきましょう。

 

スクリーンタイム

スクリーンタイムの設定は「設定」アプリから。


おやすみモードの下に発見しました!

これがトップ画面です。


iPhoneをどんなことに、何分使っているかがひと目でわかるようになってます。

さらに下にいくと、いくつか設定があります。

子どもの使用状況を確認する


自分の子どもがiPhoneばっかり触っていたら心配になりますよね。
また学校に持っていって使っていたりしないか不安もつきまといます。
そんなとき、機能を制限することができればそんな心配も無用です。

 

休止時間を決める

子どもは制限しても自分は無制限では示しがつきません。
ある程度使うとき、使わないときを区別し使い過ぎないようにあらかじめ設定することが可能です。
夜、寝る前についついiPhoneを触ってしまう。
夜更かしの原因や睡眠の質を落とすことになりかねません。
これで、朝スッキリ目覚めることがてきそうですね。

アプリの使用時間を決める


アプリ単体での使い過ぎも抑制できます。


ついついSNSを見過ぎでしまう、ヒマがあるとインスタ開いてるという人は制限してみるのもいいかもしれません。

制限中のアプリの使用


制限がかかっていても使えるものをあらかじめ選択することが可能です。
なんでもかんでも使用不可では生活や仕事に支障がある人も多いはず。
最低限の連絡手段は残しておくことが理想ですね。

制限中の機能


制限中でも機能しててほしいものもやはりあります。
それも細かく設定できるのはさすがAppleですね。

細かく確認する


ここで、わたしの今日のiPhone使用例を見てみましょう。
これは面白いですね。
まだ1日だけのログですが、これが増えていくことでどれだけ依存しているかわかりそう。


持ち上げた回数もわかっちゃう。


通知の数もわかるので、どれだけ反応しているかわかりますね。

 

制限が必要になりつつある

便利なんだから使えばいいじゃん。

そう、これだけ便利なら使った方がいいんじゃないかと思うのが普通です。

でも便利だからといって無制限に使い続けるとどこかで弊害が生まれることを私たちは知っています。

まずは寝る前のiPhoneからやめてみる設定をしてみてはいかがですか?

ホームボタンがないiPhoneの操作方法【はじめてのiPhone XS】

2018.10.01

【iOS12】ARの「計測」はどれだけ使える?

2018.09.19

こちらの記事も人気です!