【iOS12】ARの「計測」はどれだけ使える?

Apple




iOS12にアップデートされて話題になったもののひとつがこれ、「計測」です。
いままでサードパーティ製のアプリはあったものの純正ともなればその性能に期待しちゃうのは私だけじゃないはず。
ということで、ざっと使ってみたのでどれくらいの精度かご覧ください。

MacBook Airを計測

この計測アプリ、開くとまずはiPhoneを測りたいものの方にかざします。


その状態で動かします。

すると測定を開始できます。
測り方は簡単。

スタートと終わりに1回ずつタップするだけです。


MacBook Airの一辺を測ってみました。
実際は32.5cmほどですが、ARで測ってみると31cmと表示されました。

うーん、微妙な差ですね。
正直数センチ差が出てしまうと使うのは難しいような気がします。

矩形(長方形)も測れるのでつかってみました。


矩形の表示が出たらそこをタップするだけ。
とても簡単に測れます。

縦は20cmと表示されてます。
実際は、、、


22.5cmくらいでしょうか。
こちらも数センチ差が出てしまいました。

積極的に使うには難しいのかも、、、

せっかくなので机も測ってみました。


縦で少し見にくいですが、
実際は80cmのところが79cmとの表示。

これは誤差がさっきより少ないです。

恐らくですが、もっと良い測り方があるに違いありません。
コツのような、この角度や、この距離感など、これからたくさん使っていく中で誤差が少ない方法が発見されるかもしれません。

ARの将来に期待

ARで計測できたら本当にうれしい。
身の回りの物だけでなく、部屋や土地、そういった規模で計測ができるようになれば測量自体が誰でもできるようになります。

そのためには誤差が大きく影響してくるわけですが、まだまだ時間がかかりそうですね。

サードパーティ製のARメジャーとも比較してみると、どちらが使い勝手がいいかわかるので後日比較しようと思います。

【iOS12】スクリーンタイムで管理するiPhone使用時間

2018.09.18

ホームボタンがないiPhoneの操作方法【はじめてのiPhone XS】

2018.10.01

こちらの記事も人気です!