iOS12でマークアップが進化!iPhone/iPadで手書きがはかどるぞ!

Apple




ども、くんよつです。

今回はiOS12で進化したマークアップについて。
いままでちょっと残念だったマークアップがレベルアップしたので、いままでサードパーティ製のアプリを使っていた人もぜひ試してみてください。

マークアップおさらい

まずは【マークアップ】について、ざっとおさらいしておきます。
マークアップはiPhone/iPadに備わった機能で、写真やPDFにアプリを使わずに直接手書きを加えることができる機能です。

使えるアプリ

マークアップの機能が使えるアプリをご紹介します。

  • メール
    メールに添付されている写真やPDFに手書きでサインや修正を加えて返信することが可能です。
    来たメールに対してすぐに修正を加えることができるのはとっても便利です。
  • メッセージ
    メッセージには写真アプリを選ぶ項目がありますので、そこをタップし、写真を選択。+マークの部分からマークアップが使えます。
    メッセージに添付されている写真にラクガキして返信するのも楽しいですよね。
  • 写真
    もちろん写真アプリもマークアップが使えます。写真アプリからマークアップで編集して、エクセルなどの書類のデータに貼り付けるもよし、ブログのアイキャッチを作るもよしで便利です。
  • iCloud Drive
    iCloud Driveに入れてある写真やPDFもマークアップが使えます。もし、ほかのクラウドストレージの中に編集したいファイルがあるなら、一度iCloud Driveに移してからならマークアップが使えます。

これ以外にも機能があるので、こちらの記事を参考にしてください。

iPadでJPEG・PDFに手書きする方法【 マークアップ 】について解説します!

2017.12.29

iOS12の新機能

ではようやく新機能についてです。

選べるカラーが増えた

いままでは6種類(白・黒・青・緑・黄・赤)しかありませんでしたが、新たに色を選べるようになりました。

追加された色は全部で120色。せっかくなので、普段使わない色でマークアップの矢印を入れてみました。
これだけあれば、スケッチの幅がかなり広がりますね。

ペンの細さ・透明度が選べる

ようやくマークアップでもペンの太さを変えることができるようになりました。選べる太さは5種類です。
今回のアップデートで1番嬉しかったです。

使うペンを選択肢、再度ペンの部分をタップすることで細さを選べるようになります。

また、同じ場所に透明度が選べるものも登場しています。

こんな感じで、簡単に透明度を変えることができます。

透明度を変更しているペンについては、その透明度が数字でペンの部分に現れます。

 

もっとマークアップの機能が増えるといいですね。

 

先ほども書きましたが、ペンの太さはサードパーティ製のメモアプリだったら当然の機能だったものの、マークアップではできなかったことが不満でした。

今回太さが加わったことで、マークアップはより使いやすく、そしてこれからももっと進化が期待できるものであると感じました。

今回の紹介の画像は全てiPadのものですが、iPhoneでも同様に使うことができます。

ただ、やはりペンが使えるかどうかは大きいですね。iPhoneでは指ではどうしてもキレイに書くことができないので、いつかiPhoneもApple Pencilに対応してくれる日を楽しみにしています。

【iOS12】スクリーンタイムで管理するiPhone使用時間

2018.09.18

【iOS12】ARの「計測」はどれだけ使える?

2018.09.19

こちらの記事も人気です!