【Instagram】ストーリーズ広告の方法 【WEBマーケッターへの道】

WEBマーケッターへの道




インスタグラムのストーリーズを利用したことありますか?
わたしは利用したことないですが、ほかの人がアップしているものはついつい見てしまいますね。

ストーリーズは24時間で消えてしまいます。
その手軽さが受けて若い人たちにとても人気があるようですね。

その分見ている人も多いはず。

ということで、そのストーリーズの間に入れる広告をアップする方法を今回はお伝えいたします。
まだまだ参入してきている人は少なく、また今までにない縦画面での告知ということで、今からマスターしておくしかない!といった感じがします。

ストーリーズの告知はインスタグラムでの告知同様に、Facebookのアカウントが必要になります。

インスタグラムの告知と異なる点は、投稿したものを広告するのではなく、広告用に「広告マネジャ」(Facebookの広告管理)からアップする必要があるということです。

Instagramで広告掲載【WEBマーケッターへの道】

2018.06.28

告知に最適なもの

先程もお伝えしましたが、ストーリーズでは縦画面で告知することが可能です。
もちろん横画面のものも出すことは可能ですが、やはり効果的に告知するには、この形に最適化されている必要があります。

動画も写真も可能ですので、最大の尺を考えて効果的に告知できる、そして飛ばされない工夫が必要となってきます。

次の条件を満たしてください。

【動画】

* MP4. MOV
* 最大4GBまで
* 最大15秒

【写真】

* JPEG. PNG
* 最大30MB
* 5秒

 

多少の条件がありますので、広告を作成する際には気をつけましょう。

告知方法

まずはフェイスブックにログインしてください。

左下に『広告』があるのわかりますか?クリックしてください。

すると『広告マネジャー』が開きます。

ここで新しい広告の設定を行います。

まず、今回の広告の目的を選んでください。

私の場合はブログを見に来て欲しいので「トラフィック」を選択しました。

選んだら次のページへ。

広告の名前を付けておきましょう。

たくさん広告している場合、管理をしやすくできます。

今回はウェブサイトへのトラフィックが目的ですので、選択します。

もしクーポンを使えるならぜひ使いましょう。

ターゲットを選びます。

ここでしっかり決めておくことで、効率的にアプローチでき、無駄な広告費を出さなくて済みます、

ストーリーズを選ぶために、『配置を編集』にチェックをしてください。

ここで、『Stories』だけにチェックが入っている状態にしてください。

そして予算を決めます。

次のページへ。

今回告知するものがどんなものかによって選びます。

次に、今回使う画像や動画を選択します。

今回はウェブサイトへ呼びたいので、URLと来てもらえるようなテキストを入力してください。

右側には広告のプレビューが出ています。

ストーリーズではこんな形で表示されるんですね。

問題がなければ実行しましょう。

ストーリーズの告知も審査が必要です。

少し待てば承認されます。

 

広告を出す方法は以上です。

あとは告知したいものがどのようなものであるかによって画像か、動画かを選び、より見てもらえるように、詳細をクリックしてもらえるように工夫が必要となります。

まずはいろいろなストーリーズ広告を見て分析してみるのが良いかと思います。

では。