Instagramで広告掲載【WEBマーケッターへの道】

WEBマーケッターへの道




今回はInstagramで広告をだす方法です。

急速に利用者を伸ばしているインスタグラムですが、やはり広告の効果は絶大です。

インスタグラムの広告もフェイスブックの広告同様に、男女や地域を選んで広告を出すことが可能です。

女性はかなりの頻度でインスタグラムを見ているようですので、もし女性に向けて広告したい場合にはインスタグラムを広告の柱として考えることができそうですね。

よく見かける広告としてはアプリの広告をよく見かけますね。

実際にダウンロードしたという人もいるんじゃないですか?

 

ではさっそく始めましょう。

 

Instagram広告掲載までの設定方法

まずは2つ準備が必要です。

  • Instagramに宣伝したい内容で投稿
  • Facebookと連携

Instagramで広告をだすときにFacebookのアカウントを使います。

Facebookとリンク

まずはInstagramとFacebookのアカウントを紐付けましょう。

(後でも可能です。)

右上の・・・からオプションへ。

 

中に「リンク済みアカウント」をタップ。

 

Facebookのところからリンクしてください。

 

ビジネスプロフィール

次にビジネスアカウントとして設定します。

先ほど同様、オプションに進み「ビジネスプロフィールに切り替える」をタップ。

 

こんな感じの設定画面へ移ります。

Facebookページがあればリンクさせましょう。

 

こんな感じでFacebookページが選べます。

 

仕事で使っているメールアドレスを登録しておきましょう。

 

これで設定が完了です。

Instagramで広告を出せるようになりました。

 

Facebookページの投稿を広告する【WEBマーケッターへの道】

2018.06.26

 

広告掲載方法

投稿した画面に戻ります。

ビジネスアカウントになっていると右下に「広告を作成」が登場するようになります。

 

ここでは、どんな人に広告を出すかや、

 

予算を設定することが可能です。

使いすぎないようにしっかりと設定しましょう。

完了すると、審査に送信されます。

承認までしばらく待ちましょう。

 

左に記載のある「インサイトを見る」ですが、ここからどれくらいの人が見ているかを確認することが可能です。

広告を出している間は、定期的に確認してみましょう。

 

以上で、Instagramの投稿を広告する方法でした。

女性に利用者が多いInstagramですが、しっかりとターゲットを見極めて投稿してみましょう。

では。