ブログは戦略だ!素人ブロガーの目標PVまでの道のり

ブログ




f:id:kunyotsu:20171014133757j:image

 

ども、ミーハーブロガーのくんよつです。

 

ブログを読む人の中にはこのように思う人、少なくないのではないでしょうか?

 

ブログで収益をあげたい

ブログで収益をあげるには、よっぽど才能がある人なら別だが、かなりの日数を要する。

これはよく言われていること。

 

googleの検索が上がる前にあきらめてしまっては、意味がないけど見てくれる人がいないと本当にやる気がなくなりますね。

今まで何度かブログで稼ぎたいなと思って無料ブログで初めてみるんだけど、なかなか続かないのはそのせいかなと思っていました。

しかし、ブログが続かない上記の理由以外にも「これは!?」と思うことがあったのであわせてご紹介します。

 

始めるにはきっかけが必要

まず、今回ブログをあらためてやってみようと思ったのは面白いブログと出会ったからです。

それは「ブロガー八木仁平」さんと「トバログ」さん。

もうとりあえずブログを読んでみたいと思わせるキャッチーなワードと魅力的な画像が素敵でした。

始めるきっかけというのは人それぞれあると思いますので、まずは始めてみたいと思うきっかけに出会えることが大切だなと思いました。

ひとつ始めるきっかけのブログがあると目標にしやすいという点で、きっかけは違ったとしても好きなブログは見つけて欲しいところです。

ただ、何回か失敗している過去がありましたので、少し始めることを躊躇しましたが、「やってみなければ始まらない!」と思って早速始めてみました。

 

昔と今とで決定的に違うもの 「書き続ける体力」

今、あらためてブログを始めて思うことは、昔よりは「文章を書く力が付いている」ということと、比較的簡単に「オシャレな写真が撮りやすくなっている」、「経験できたことが増えた」という点。

 

「文章を書く力」

これは、ブログ独特の書き方もあるのは事実ですが、今までいろいろなブログやツイッターを読んでいたせいか、自然と書く力が備わったのかもしれません。

この「書く力」とはあくまでも個人的な成長の度合いであって、上を見ればキリがないのがライティングの力です。

もちろんこれからも勉強は常に必要になってきます。

文章を書く力は、誰でも勉強すれば身に付けることができる技術です。

でも、今までたくさん文章を読んできたり、たくさん文章を書く機会があったりすることが、結果的に多読となり、力になっているということが考えられます。

ある技術を身に付けるにはある程度「量」をこなさなければならないことは間違いありません。

 

「オシャレな写真」

これは以前とは決定的に違います。

「インスタ映え」なんて言葉ができたように、今は写真にこだわる人が増えました。

逆に考えると、オシャレな写真を誰もが撮ることができるようになったから、これほどまでに流行っているということ。

スマホのカメラの性能が上がり、アプリの性能が上がり、工夫することによってどんな人でもプロが撮った写真に近づけることができるようになりました。

今は誰もが写真を通じてオシャレなものを発信する時代となりました。

 

「経験の差」

ある程度年齢を重ねていれば、経験したことが増え、人に伝えることができるようになります。

しかし、経験が少ないからといってあきらめてはいけません。

経験を情報収集で補うことが可能です。

一番いいのは読書だと思います。

いろいろな人の話を聞くことも大切ですが、繰り返し確認作業ができるという点と、同じ分野の本を読むことにより、偏った意見になりづらく、客観的な意見として身にすることができます。

これも圧倒的な読書量が必要となりますが、逆にいうと努力でまかなえることでもあります。

 

以上の3つ、全てが完璧ではないけれども、ある程度ブログを書き続ける能力が備わってきたのだと思っています。

 

まずは書き続けることが大切です。

書きつづけることができなければ、意味がなくなってしまいます。

なので最初に「書き続けることの体力」について考えてみました。

 

 

目標設定

直近の目標と、長期の目標に分けて検討していきます。

よっぽど好きな人でない限りは、長期目標だけではうまくいきません。

また、直近目標は努力で達成可能なものも設定しておきましょう。

 

「最初の3ヶ月」

この数字はよく言われている数字ですが、本当に3ヶ月続けられる人は多くないということを認識しなければなりません。

さらにこの3ヶ月間に書いた記事の数、平均の文字数も関わってくるので、あわせて目標の数字に入れることが大切です。

まずは100記事をこの3ヶ月間で目指します。

1日1記事では間に合いません。

さらに、1記事1000文字。

そんなに書くことがないよ!と思う人は、情報のインプットから初めてみてもいいかもしれません。

ブログは格好のアウトプット場所だからです。

そして、最初からあまりにも記事のクオリティにこだわらないでください。

まずはたくさん書く。

量をこなす。

その過程で成長してきましょう。

 

この期間、継続的に記事を書くことができていれば、ある程度習慣になっていることが予想されます。

そして閲覧者数も少しずつ増えている可能性もあります。

いや、増えていなくてもここでめげてはいけません。

またやることが残っています。

 

ここからようやく「戦略的」にブログを運営するスタートに立つことができます。

今まではあくまでも土台づくり。

f:id:kunyotsu:20171015165945j:plain

ざっくりいうと、検索順位はGoogleが決めています。

そして現在検索されて上位表示されているブログはGoogleから認められた情報だと考えることができます。

Googleはあくまでも検索する側の人目線で順位を決定しているので、結果みんなが求めていると思われる情報が一番うえに表示されます。

この「みんなが求めている検索結果」を考えることが重要になってきます。

なんだか徐々に難しくなってきましたね。

 

「ライティング」

検索順位をあげるためには、みんながどんな言葉で検索していて、その答えが自分のブログに書いてあるかということが大切だということです。

自分が書きたいこともそうですが、最終的にPV数を増やすにはこの部分をないがしろにはできません。

自分が書ける分野と、その分野で疑問を持っている人が検索すると思われるキーワードのマッチングが大切です。

 

「アイキャッチ」

画像自体はGoogleの検索順位に関係ありません。

しかし、見てくれている人が、また見にきてくれたり、いろいろな記事を見てくれるためには、やはり目にとまる画像が大切になってきます。

私が八木仁平さんのブログを読んでみたいと思う理由のひとつに画像のクオリティがあるように、画像の意味合いは大きいです。

 

「クオリティ」

情報の質をあげることは検索順位に大きく関わってきます。

その情報でみている人が満足するかどうかという判断は難しいです。

これは文字数とのからみになってきますが、最低1000文字以上で書くことが目標とされる中で、書きたい内容の情報がある程度網羅されていれば、1000文字は決っして難しい数字ではないと思っています。

その分野で少しでも詳しくなるためのインプットが大事になり、その情報をしっかりと伝えるための技術が求められてきます。

こう考えると、ブログで収益をあげることは大変だなーと思う部分が多いかもしれません。

そう、大変なのです。

ブログで収益をあげることの大変さをあらためて実感しました。

 

しかし、最初は大変な期間が多いし、時給いくらだよ!とツッコミたくなる時期もあるでしょうけど、その先、一度突き抜けてしまえば、たくさん記事を上げなくても収益が自然と上がるようになっていきます。

楽して稼ぐ方法はありません。

一生懸命勉強しましょう。

 

ブログで収益が上がれば、あなたは会社に行ったり、わずらわしい人間関係に苦労したり、思ってもないことに賛同したりすることは無くなります。

どこでも、仕事がしたいときに、好きなことでお金を稼ぐことができます。

そして、結果が出ればいろいろな形でマネタイズすることが可能になり、ブログだけの収入ではなくなります。

いろいろなコミュニティができ、気の合う人と仕事ができます。

そんな風にこれから生きてみませんか?

きっと楽しいですよ。

 

一緒に頑張りましょう。

 

では。