文字起こしはGoogleがスゴイ【簡単に画像をテキストにできる方法】

アプリ




ども、くんよつです。

もらった紙の文書をテキストにしたいときありませんか?

わたしは最近、作成した書類の元データが見つからず、印刷した用紙の内容を書き直しが必要な場面がありました。

そんなとき、調べていたらGoogleが便利な方法を提供してくれているというではありませんか!

今回はGoogle先生のおかげで仕事の時間をかなり削減できたので、その方法を共有できたらと思います。


今回は不動産の契約書を文字起こしできるか確認してみます。

早速始めましょう。

準備するもの

  • iPhone or iPad (写真を取れるものなら何でもOK)
  • パソコン
  • Google ドライブ
  • Google スプレッドシート

手順

必要なものの使い方は順を追ってご説明いたします。

①文字起こししたい文書を撮影

まずは文字起こししたい文書をiPhoneやiPadでふつうに撮影してください。

写真アプリに保存されました。

今回iPhoneを使うのは、次の作業にスムーズに進めるからです。

②撮影した画像をGoogleドライブへ

撮影した写真をGoogle トライブに入れてください。

Google ドライブのアプリを持っていない人はインストールしてください。

Google ドライブ - 安全なオンライン ストレージ
Google ドライブ – 安全なオンライン ストレージ
開発元:Google, Inc.
無料
posted withアプリーチ

iPhoneでの作業はここまでです。

③パソコンでGoogleドライブをひらく

今度はパソコンの出番です。
パソコンでGoogleドライブを開いてください。

Google Chromeなどのブラウザで開いてください。

先程保存した画像を探します。

④画像をGoogleドキュメントでひらく

画像を右クリックし、「アプリで開く」→「Google
ドキュメント」の順に進めてください。

⑤確認

これですでに文字起こしが完了しております。

今回はほぼ間違いなく正確な文章で文字起こしがされていました。

最適な状態とは?

Googleの公式で最適な状態が公開されていますので、こちらでご紹介いたします。

Google ドライブ ヘルプ

  • 形式:JPEG ・PNG・ GIF・ PDF
  • ファイルサイズ:2MB以下
  • 向き:正しい向き
  • 言語:検出されない
  • フォント:ArialやTimes New Romanなど一般的なフォント
  • 画質:明るさが均一でコントラストがはっきりとしたシャープな画像

向きが違うと文字化けしたような文字起こしになってしまいます。

縦書に関してもしっかりと対応されていました。


[日本最高戦略(落合陽一氏著)より]

終わりに

さすがGoogleといった文字起こし認識率です。
使う機会はあまり多くないかもしれませんが、わたしのようなケースや読んでいる本を引用したいときに重宝する方法だと思います。

いざというときに思い出してください。
では。