Googleアドワーズ 広告作成方法 【WEBマーケッターへの道】

WEBマーケッターへの道




今回はGoogleアドワーズの広告を作成する方法です。

そもそもグーグルアドワーズという言葉自体聞きなれないですが、みなさんよく目にしていることと思います。

 

検索した時に出てくるこれや、(広告という文字が入ります)

サイトを見ている時に出てくるこれです。

これらの広告はGoogleを経由して掲載されています。

逆にグーグルに申請することにより、誰でも広告を出すことが可能であるということです。

これらの広告はどういった人に向けて掲載するかを選ぶことができるので、費用対効果はかなり高いです。

 

広告掲載方法

まず必要なものはGoogleアカウントです。

持っていない方は取得しておきましょう。

 

Googleアドワーズを検索してグーグルアカウントでログインしてください。

キャンペーンをクリックしてください。画面が切り替わります。

次に、中央付近の+をクリックしてください。

新しいキャンペーンを作成してください。

すると、どんな形で広告するか決めましょう。

グーグルの検索結果では、一番上に広告としてサイトや商品など表示させることが可能です。

  • 検索
  • ディスプレイ
  • ショップング
  • 動画
  • ユニバーサルアプリ

今回はブログへのアクセスを増やしたいので、画像で広告することを考え、「ディスプレイ」を選択しました。

みなさんも、広告したいものに合わせて選んでください。

 

次に、達成したい目標を選びます。

今回はブログへのアクセスが目標なので「ウェブサイトのトラフィック」を選びました。

「標準のディスプレイキャンペーン」を選びました。

下に、今回告知したいサイトURLを記載します。

 

次に、キャンペーン名を決めます。

どんな広告を出したかわかる名前にしておけば、たくさん管理することになっても安心です。

ターゲットを決めます。

わたしの場合は日本全体でしたが、地域で告知したいなと思えば、その地域を入力していきましょう。

 

今回はクリックが目的なので、単価設定は「クリック数」にしました。

そして、単価に対して、予算を設定します。

このキャンペーン内に広告のグループをいくつか作成することができます。

広告のエリアや単価、予算の中で複数の告知内容を作成できるので、同じ商品でもいくつか作成し、広告の画像や言葉を変えることで良い結果に繋がる可能性があります。

 

オーディエンスを決めしょう。

どういったことに興味がある人に向けるかや、

性別や年齢、子供の有無や収入まで選べます。

 

「キーワード」を決めていきます。これはとても大切ですね。しっかりと決めていきましょう。

 

ターゲティングの自動化も選べます。

 

さて、ようやく広告を作成しましょう。

レスポンシブ広告をクリック。

 

 

広告を作るページはこんな感じ。

左側に詳細、右側がプレビュー。

画像を選びましょう。

広告の見出しや説明など、あまり字数が入らないので、かなりコンパクトにまとめる必要があります。

また、具体的な商品名や、画像の指定サイズなど細かい部分で、ちょっと面倒な部分もありますが、さすがGoogleといった感じです。

これでやっと設定が終了です。

審査に送られますので、承認まで待ちましょう。

結構項目が多くて最初は大変に思うかもしれません。

だからこそ、グーグルアドワーズ で広告をだすノウハウがあるということが大切になってきます。

グーグルアドワーズ は奥が深いので、さらに細かい設定やキーワードの設定で集客が望めます。

今回はここまで。

では。