ついにミラーレス一眼を買いました。僕が買ったのはパナソニックGH5。

モノ




ども、KUNYOTSU logを運営しています、くんよつです。

 

僕もついにミラーレス一眼を購入いたしました。

ずっと欲しかったんですが、日頃の写真を撮ったり、ブログを書くだけではそこまで必要なかったんですよね。

そして、やっぱりカメラってわかりにくいものだという印象がぬぐい切れず、それなら簡単に取れるiPhoneで十分かと思っていました。

 

ただ、状況は変わりました。

そう、動画の撮影です。

 

僕は昨年動画も運営していこうと考えていたわけですが、動画をアップしていこうと思っていた矢先にブログがGoogleアップデートにあい、動画どころではなくなってしまいました。
やっぱりずっとやってきたブログを見てくれる人が大きく減ってしまうというのは精神衛生上良くないとあらためて感じました。
今ではかつての検索順位に戻ったので、ようやく動画も投稿できるという状況になった次第です。

これからはブログと動画の2本柱でやっていこうと思ったときに、ブログでも動画でも大きなメリットがあると考えたのがカメラへの投資です。

ブログ用の画像もクオリティを上げることができるのは当然として、やっぱりYouTubeにアップする動画の僕の理想はミラーレス一眼でしか実現できないなと考えたので、今回カメラの購入に踏み切りました。

僕が買ったのはGH5

一度でもYouTubeに動画をアップしようと考え、カメラを探した人なら一度は目にしたことがあるんじゃないかと思えるほど、YouTuberにオススメされているのがパナソニックのLUMIX GH5

僕もいろいろ調べましたが、結果多くの人がいいと言っているこのカメラを選びました。

正直、もう3年くらい前のカメラなので、感覚的にそろそろ最新モデルが登場するんじゃないかとも考えましたが、最新モデルは当然高額であるという点と、いつまで待てばいいかわからないという点で、僕は今選べる最もいい選択をチョイスしました。

 

個人的な見解ですが、自分に知識がないものは必ずその使っている人の数が多いものを選ぶようにしています。

これは、「持っている人が多い=情報量も多い」と言う考えで、わからないことが出たときに検索すれば情報が出てくる可能性が高いのと考えられるのが、使っている人が多いモノだと思います。

なので、色々と選択肢があり悩みましたが、おそらく使っている人が多いと思われるGH5を選んだという流れです。

 

とはいえ、僕は今までこういった高性能なカメラを使ったことがないので、いきなりいいカメラを買って使いこなせるかという不安はありますが、僕の考えとして始めるからには後戻りできない投資をするという考えがあるので、これからの成果は結果で示していこうと思います。

 

 

そして、今ついているレンズも一緒に買いました。

僕が買ったのはパナソニックのLEICA DG VARIO-ELMARIT 12-60mm / F2.8-4です。

これは、YouTuberの瀬戸弘司さんが使っていたレンズと同じなんですが、瀬戸さんの動画って本当に綺麗なんですよね。

あのクオリティを出せる可能性があるならと思い、迷いなく選びました。

 

ということで、カメラ初心者の僕目線でレビューしたいと思います。

全然使い方がわからなかったので、購入してから普通に使えるようになるまで2ヶ月経ってしまいましたが、これが初心者のリアルだと思っていただけると幸いです。

GH5でしたいこと

まずはブログに掲載する写真のクオリティのアップです。

これは、今まで良いカメラを使ったことがないので、iPhoneと比べてどれくらい変わるのかが気になりました。

そして、使ってみた感想は、「全然違う!」です。

もちろん、iPhoneでもいい感じの写真は簡単に撮れますが、GH5だともっといい感じの写真が、もっと簡単に撮れる、そんな第一印象です。

だから、もし一眼カメラが難しそうだと思っている人は本当にチャレンジしてほしいと思いました。

一眼のカメラで撮る写真って綺麗なのはもちろんですが、綺麗に背景をボケさせることができる点がすごいと思っていて、もちろん構図なんかは考えないといけませんが、思っていた以上に簡単に背景をボカしてくれるのは助かります。

 

そして、もう一つは動画の撮影です。

冒頭でも言いましたが、個人的にはこちらがメインの用途になります。

カメラで動画撮影をするという考えがもともとなかったので不思議な感覚でしたが、多くのYouTuberが使っているとなれば話は別です。

動画専用のカメラももちろんありますが、僕は背景をボカしたかったので一眼を選びました。

これも、今までiPhoneではできなかった背景をボカしつつ、被写体の位置が変わったときにそこに焦点が合うというのはとても快適で楽しい瞬間でした。

もう完全に素人丸出しですが、いいカメラを持っていてももっと勉強しないとできないと思っていたので、買ってすぐ使ってみてこの2つがそのまま使えるのは驚きました。

 

現状では、それほど多く場面で撮影はできていませんが、素人でも良いと思えるモノであるのは撮影してみて感じました。

ただ、勉強不足で、言葉がわからないことが多過ぎで、理解するまで時間がかかる点は苦労でもあり、ある意味楽しみでもあります。

道具だけは一人前なので、しっかりと成長は形にしていかないとと思っているので、少しずつ皆さんにお見せできたらという思いで頑張っている最中です。

マネから始める

まだ使い始めたばかりなので、GH5の性能は十分に発揮できていないと思いますし、設定についてはもっと勉強したいと思います。

とにかくいじれるポイントがたくさんあります。

ちょっと周りの環境が変わると設定もいろいろ試してみないと全然ダメな映像になってしまうので、あらためてカメラって難しいと感じています。

 

ただ、最近のカメラはそうなっているのかもしれませんが、パソコンと接続して、その映像をパソコンで確認しながら操作ができるので、これはかなり便利だと思いました。

カメラの小さなディスプレイで見たときはいいかと思っていたものも、実際パソコンに取り込んでみると雰囲気が違ったりしてがっかりすることもしばしば・・・

それが、パソコンに繋げばより精度の高い撮影ができるので、知らない方法でしたが嬉しいポイントでした。

今はMacBook Pro 16インチにUSB-Cに接続しており、パナソニックのTETHERというアプリをダウンロードして簡単に使い始めることができました。

もし気になった方は無料で使えるので、一緒に使ってみてください。

 

あらためてですが、今回GH5を選んだのはその道の人の中で使っている人が多いというところです。

そして、自分が望んでいるクオリティの人が使っているというところで決断してます。

まず、使っている人が多いということは、それだけ世に出ている情報も多いと考えることができます。

初めて勉強するにあたって、周りにアドバイスを求めることができなければ、ネットで探すことになりますが、そこで情報が少ないとやっぱり苦労します。

だから、情報が多いと思われる使用者が多いというところは大きな条件になります。

その上で、自分が求めているクオリティが出せるわけですから、全く問題ありません。

もちろん、簡単じゃないとは思いますが、それを目標に動画撮影をやっていこうと思います。

また、それと同等に、構図や周辺環境も大事だと思いますので、その部分も合わせて勉強していきます。

これからなかなか大変だと思う部分と、思い通りの画が撮れるようになるワクワク感を抱きつつ、今回はこのあたりにしようと思います。

では。

こちらの記事も人気です