「最近iPhoneの調子が・・・」という人必見!必要なものだけ無料でバックアップ方法

Apple




ども、くんよつです。

最近妻のiPhoneの調子が良くないんです。
突然画面が暗くなって、数時間使えなくなったことも。
ただ、その後はまた普通に使えてしまったりして、修理に出そうか悩んでいます。

そんなとき必ず気になるのがデータのバックアップ
意外とバックアップをしっかり取っているという人は少なく、いざという時に困ったという経験をされた方も少なくないのでは?

なぜバックアップを取らないのか?

バックアップを取っていない人って意外と多いんです。
良く聞く理由は3つです。

  • パソコンがない
  • 面倒
  • 方法がわからない

パソコンがないとバックアップが取れないと思っている人もいらっしゃいますが、iCloudがあればどなたでもバックアップが可能です。
ただ、みなさんのiPhoneの容量は徐々に大きくなり、今やiCloud無料の5GBでは足りなくなってしまったのが現状です。

  • iCloudのストレージってどうやった買うの?
  • パソコンあるけど、バックアップ取れる容量なさそう
  • バックアップ方法っていろいろあって何が良いかよくわからない

こんなことが重なると面倒だと感じる人も多くなるかもしれません。

そこで今回はこんな人にオススメの内容となります。

とりあえずiPhoneの中の
【連絡先】【写真データ】【LINE】
の3つを万が一の時でも復活できるように無料でバックアップを取りたい。

 

上記の3つを選んだ理由

わたし自身、日頃iPhone修理業を営んでおり、その中でもこの3つのデータを復活させたいというご要望が多いことから選定いたしました。

普通のバックアップは・・・

パソコンがある人

itunesに繋げてバックアップ

パソコンがない人

iCloudにバックアップ

がiPhoneの一般的なバックアップ方法です。

iPhone自体の容量が昔と比べて圧倒的に増えましたので、パソコンに入りきらない、iCloudの無料5GBではまかないきれないという人がほとんどだと思います。

そしてなにより、パソコンを持っていない人が急激に増え、データを置いておく場所の確保ができていない人が多いというのが問題でもあります。

パソコンと違い、iPhoneは常に「落下」「水没」の危険にさらされていることから、バックアップを早急に取ることをオススメいたします。

 

3つのバックアップ方法解説

それではひとつずつ解説していきます。

 

連絡先のバックアップ

連絡先のバックアップはiCloudに行います。
この設定は特別バックアップをいじっていなければ基本はオンになっているものです。

「設定」アプリを開くと最初にじぶんの名前が登録されている部分がありますので、そこをタップ。

「iCloud」をタップしてください。

iCloudの詳細が確認できます。
この連絡先がオンになっているか確認してください。


基本的にはオンになっていることと思います。

連絡先はあくまでも文字ですので、たくさん登録しているとしてもそれほど容量は多くないのでiCloudの無料分でまかなうことができます。
iCloudの設定から、連絡先がバックアップの項目に入っているかを確認してください。
逆に、その他の項目は必要がなければチェックを外してください。

 

写真のバックアップ

写真、気軽に取れるだけにiPhoneの容量の大半を占めているという方も多くいらっしゃることと思います。
もう明らかにiCloudの無料枠では収まらないという方、「Googleフォト」をオススメいたします。

もしGoogleアカウントをお持ちでない方はこちらから登録を済ませてください。

Google フォト
Google フォト
開発元:Google, Inc.
無料
posted withアプリーチ

無料で無制限(の設定の場合)に写真のバックアップが可能です。
もちろん動画も一緒です。

アプリをダウンロードしたら、Googleアカウントでログイン。
「写真と動画のアップロードサイズ」に関しては【高画質】を選んでください。
多少の圧縮が行われますが、普通に見ても分かるほどの劣化ではないです。
少しの劣化も許せない!という人は【元のサイズ】を選択してください。

ここに入れておけば、万が一iPhoneが壊れてしまってもまたGoogleアカウントでログインすることで写真を復活させることが可能です。

 

LINEのバックアップ

LINEで消えてはいけない情報は3つ。

  • 連絡先(LINEを経由して登録した友達)
  • スタンプ
  • トーク

この3つを復活させることで、大抵の方は問題ないのではないでしょうか?

抑えるべきは2つです。

  • メールアドレスとパスワードを登録
  • トークのこまめなバックアップ

この2つで復活が可能です。

左下の友達タブの左上にある歯車のマークをタップ。

 

アカウント設定が開き、ここにメールアドレスとパスワードが設定されていれば問題ありません。

さらに設定の下に行くと「トーク」があります。

 

「トーク」の中に「トークのバックアップ」があります。
ここでバックアップすることでiCloudにバックアップが保存できます。
このトークも大きな容量ではありませんので、そこまでiCloudの容量を圧迫することはありません。

 

終わりに

今回は最も重要度の高いものについて、それぞれのバックアップ方法をご紹介いたしました。
意外と「アプリの中身はどうでもいいから、写真だけは!」とか、「LINEだけは!」という方が多いということに驚きました。
全てバックアップを取りたい!という方はiCloudで追加のストレージを購入されることをオススメいたします。
いろいろなクラウドストレージがある中で、Appleのクラウドストレージは圧倒的に安いですので、毎月缶ジュース一本我慢するだけで大事なデータが確保できるなら安いと思いませんか?

これから夏に向けて水没の危険性が高まります。
7以降のiPhoneは防水になっていますが、日々落とすことで少しずつiPhoneはゆがみ、防水機能は完璧でなくなる可能性があります。
この記事を読んだ方、すぐ実践してみませんか?

では。