オシャレを提案してくれるサイト【 Fotor 】 インスタグラムからチラシまで [ PR ]

アプリ




オシャレな画像を作るときどうしてますか?

 

最適なサイズを調べて…

作りたいイメージを想像して…

色や画像、配置やフォントを決めて…

 

プロならまだしも、普段からデザインしている人でない限り作りたいデザインなんて簡単には決まりません。

できません。

そんな知識ないので、作ろうと思っても時間と労力が半端なくかかります。

うまくいかなくて途中で断念する人もいるかもしれません。

 

でも、その悩み、このサイトが解決してくれるかもしれません。

 

Twitterやfacebookのカバーや、インスタグラム。

チラシに至るまでデザインを提案してくれる。

自分で簡単にアレンジできる。

 

それが『Fotor』です。

 

 

使い方

早速サイトを見てみましょう。

このFotorは登録しなくてもデザインを作成することができます
実際に作りたいものが作れるかわからない状態でも会員登録をしなければならないサイトも多いですが、このサイトはまず試してみることができます。

これ、けっこう良くないですか?


 

トップはこんな画面。
かなり多くのサイズが用意されていますので、あなたが作りたいと思っているサイズもきっとあります。


今回はTwitterカバーを作ってみます。
テンプレートから「Twitterカバー」を選択します。

カバーのサイズで用意されています。

左のタブからやりたいことを選びます。

  • テンプレート
    かなり多くのデザインが用意されています。
    オシャレな配置、フォントですでに作られているので、このテンプレートから好きなデザインを選ぶと簡単にオシャレ画像ができちゃいます。

  • ステッカー
    ここでは、線を入れたり図形を入れたりすることができます。デザインにこだわりたい人はとても便利な機能です。

  • テキスト
    ここでテキストを追加できます。
    すでに3種類のサイズが用意されています。

  • 背景
    背景の色を変更することができます。自分の画像も使うことができるので、試してください。

  • クラウド
    クラウドにアップロードするにはログインが必要です。これは後ほど考えれば良いと思います。

 

実践

では早速作ってみます。

好みのテンプレートを発見!

選んだデザインがそのまま編集場所にでてきます。

最初は画像がロックされているので、アンロックしましょう。
逆に、作っていく途中においてはこまめにロックしていくことで、変えたくない場所を動かす心配がなくなります。

画像はこちらからインポートしてください。

変えたい画像をクリックしてドラッグ&ドロップで変更できます。

いらないものはクリックしてゴミ箱へ。

テキストを変えます。

  • フォント
  • サイズ
  • 配置

など基本的なことは問題なくできます。

これでひと通りのデザインが完成しました。

いかがでしたか?
満足のいくデザインは作れましたでしょうか?

ここで、もし保存したければ、ログインが必要となります。

右上の保存を押すと、ファイル名と形式、クオリティを決めます。

ログインはメールアドレスで行うか、フェイスブックでログインが可能です。

これで、保存ができます。


画像と文字を変えただけですが、オシャレに仕上がります。

変えたTwitterの画像です。
インパクトのあるカバーになりました。

まとめ

オシャレなテンプレートがたくさんあるので、誰でもかんたんにデザイン画像が作成できます。
また、作業自体は比較的わかりやすくなっているので、迷うことなく思った通りの操作ができました。

まずは会員登録をすることなく試すことができるFotor。
ぜひ一度使ってみてください。

今回はブラウザ版の使い方でしたが、アプリもあるのでそちらもチェックしてみてください。

では。