最初の1台にオススメのiPadはmini 6

iPad




みなさん、こんにちは。

くんよつです。

今回は、最初の1台に選ぶiPadはどれが良いかと考えた僕の結論をまとめていこうと思います。

恐らくですけど、悩んでる人は

  • iPad Air 4
  • 無印iPad第9世代
  • iPad mini 6

この3つのどれかじゃないかと思うんです。

その想定の上で、僕がオススメするのが、iPad miniです。

 

もちろん誰にでもおすすめできるというわけではないんですけど、勧めることができる人が多いんじゃないかと思います。

個人的に、iPadって、使わなくなってしまう可能性が高いガジェットだと思っています。

パソコンの代わりに使おうと思ったけど、思ったほどパソコンみたいに使えなかった…

SNSとかWEBブラウジングとか、大きい画面の方が快適そうに思ったけど、結局iPhoneでやってしまう…

こんな風に使わなくなってしまうと、多分次またiPadを買おうと思えなくなってしまうんじゃないかと思います。

なので、個人的には使わなくなってしまうことを避けるということが大事だと思っていますので、そこを1番に考えて今回の内容をまとめました。

せっかく高性能なiPadでも使わなくなってしまっては、全く意味がないので、とにかく最初のiPadは使い続けてもらいたいです。

 

その中で、iPad miniってたくさんのYouTuberさんがおすすめしていて、気になってる人も多いと思うんですけど、「小さすぎないかな?」というのが1番の懸念点だと思います。

こちらの記事は動画でも解説しています。

ぜひ合わせてご覧ください。

その不安を払拭するそれぞれ用途とか画面サイズの感じ方が違うので難しいんですけど、その心配な部分を上回るメリットがiPad miniにはあると思っていますので、オススメできる理由を今回4つにまとめてみました。

  • どんな時でも気軽に使えるコンパクトさ
  • Apple Pencil第2世代対応
  • 価格
  • 性能

 

どんな時でも気軽に使えるコンパクトさ

iPad miniのコンパクトさは、人によってはメリットになりますし、デメリットにもなります。

ただ、ガジェットに関しては大は小を兼ねないジャンルだと思いますので、ここは大きい方を選ぶ際は本当に慎重になってほしいと思います。

iPad miniはコンパクトなので、持って外出するハードルが低いですし、サッと出してパッと使えます。

 

自宅で使っていても、どこにおいてもそれほど邪魔になりません。

iPhoneと同じくらい身近なデバイスになると思いますし、iPhoneよりも大画面で見やすいです。

iPad miniなら寝ながら使うことも、このMOFTを使うことでできます。

 

家でも外出先でもどんな時でも気軽に使える、これがめちゃくちゃ大事です。

iPad Air 4だとサイズ的に大きいですし、重さも結構違いますので、持って外出するハードルが上がります。

 

自宅に置いておくのも場所を選びますし、長時間持って何かするには重いですし、寝ながら使うのはキツイです。

なので、このコンパクトさがあって、iPad miniを使う時間はかなりアップすると思います。

小さくても拡大して使えるのがデジタルの良さだと思いますし、逆に、大きいデバイスはどんなに頑張っても小さくすることはできません。

コンパクトであることが、iPadを活用する上で、かなり大事なウェイトを占めていることを僕は普段使っていてとても感じるので、まず一つ目にご紹介しました。

第二世代しか認めない!Apple Pencil

ただただ、コンパクトなのが良いという話だと、iPhone 13 Pro Maxで良いじゃないかという話になってしまいますけど、iPhoneとの大きな違いの一つがApple Pencilが使えるかどうかという点だと思います。

iPad miniは第2世代の対応で、よりおすすめしやすくなりました。

Apple Pencilが常に充電されてて、iPadの横にくっついてるのは使いやすさの上でかなり大事です。

無印iPadはまだApple Pencil第1世代なんですけど、本体とは別で持ち歩く必要があったり、充電がその都度iPadのライトニングに刺さなきゃいけなかったりで、快適とは言えません。

そういった理由で、僕は無印iPadの性能は十分だと思ってはいますし、コスパも最強ですけど、オススメはできません。

 

で、僕のチャンネルをご覧の人は、大体20代~50代の間の方が満遍なくいらっしゃるんですけど、みなさん、社会人で、それぞれスケジュール管理の方法があると思いますし、手帳は紙のものを使っている人も多いと思います。

ただ、iPad miniなら、同じような感覚で使うことができるので、手帳としての用途だけでも購入するメリットはあると思います。

 

スケジュール管理は働いている方なら誰もがすることで、Apple Pencilの用途としてイラストを描かないという人であってもこのApple Pencilの恩恵は受けれます。

手書きでスケジュールを管理したいという方は、まずPlannerというアプリを使ってみてほしいです。別の動画でまとめているので、参考にしてください。

それから、iPadと言えばノートアプリなんですけど、iPadの有料アプリランキングでも上位にいくつかノートアプリ入っていますけど、これを目的としている人も多いと思います。

あくまでも僕の経験からなんですけど、社会人でA4サイズのノートを出して打合せをしている人は正直少数派だと感じています。

なので、社会人のノートはこのサイズでも十分です。

拡大縮小ができる分、手帳にメモをとっているよりも快適だと思いますし、iPad miniのサイズ感だと、パッと写真をとって挿入も簡単ですし、立ちながらの打合せだったり、狭い場所での打合せでも快適なサイズ感で、仕事での使いやすさも十分だと思います。

ちなみに、打合せで使うノートアプリはNotabilityがオススメで、こちらも別の動画でまとめているので、参考にしてみてください。

実はコスパ最強!購入しやすい価格

ここまでの流れの中でiPad Air 4かiPad mini、どちらを選ぶかというところなんですけど、個人的には256GBをオススメしております。

仕事からプライベートまで幅広く使ってほしいので、価格は高くなりますけど容量は余裕を持って使ってほしいです。

256GBあれば読書して動画をダウンロードしてゲームもやってといったプライベートの用途として容量を多く消費することから、仕事で高画質な画像とか動画を扱うような場合であっても心配することなく使えると思います。

現状、第2世代のApple Pencilが使える、最も安いiPadということで、

  • iPad mini : 77,800円
  • iPad Air 4 : 87,780円

となっているので、費用面を考えてもiPad mini 6はオススメできます。

iPad miniはiPad Air 4 miniなんて言われてますけど、チップの性能も上ですし、インカメラも進化していますので、よりお得に感じるんじゃないかと思います。

iPad Air 4を凌ぐ性能!高性能チップ搭載

今最後にもありましたけど、チップで言えばiPad Air 4よりiPad mini 6の方が上なんですよね。

ただ、正直それほど違いを感じることはないと思います。

逆にいうと、iPad miniだからといって、性能的には心配がいらないという部分は嬉しいポイントだと思います。

iPad miniは5まではその当時の最新のチップじゃなかったんですけど、iPad mini 6は現状最新のチップが搭載されているので、性能面で考えると安心感があります。

実際に僕も4Kの動画をiPad miniで編集しましたけど、問題なく編集ができました。

動画編集って、作業の中でも結構負荷のかかるものだと思いますし、正直、少し前のMacではできなかったくらいの性能があるんじゃないかと思います。

それがこれだけサクサクできる性能があるということで、もしiPad miniで負荷のかかる作業がやりたいと思った時でも、その点は全く心配がないと断言できます。

購入は慎重に!あなたはグレーゾーン?

iPad miniは小さいからといって、大きいサイズのiPadにできることができなくなるというものは一切ありません。

ただ、使いにくくなることがあるのは間違いありません。

  • 使う用途が明確で明かに大きいサイズじゃないと不便な作業をするという人
  • PC的に使いたいという人

もの2パターンの方は、グレーゾーンなんじゃないかと思っています。

常時Split Viewはツラい

例えば、大学生で授業のテキストが電子書籍で、なおかつiPadでノートを取りたいという場合、これは明かにiPad miniの画面だと狭いです。

iPad miniの弱点の一つが2つのアプリを同時に開くことだと思っているんですけど、例えばメールに画像を添付するときにSplit ViewとかSlide Overで2つのアプリを同時に出しても短時間で事足りる場合なら問題ないですが、さっき言った常にテキストとノートを出して、という両方とも常に大事なアプリの場合はiPad miniのサイズは厳しいです。

できなくはないけれど、それが1番の目的で買う場合は、なかなかの覚悟が必要かと思います。

パソコンとして使うのは…

次にPC的な使い方をしたいという人、この場合はハードルが2つあります。

一つは、今言った2つのアプリを同時に表示させることが苦手ということで、iPad miniに限ったことではないですけど、いくつもデータを見ながら書類を作るというのは性能的な話ではなく、iPadOSの問題で難しくて、それが画面が小さいことでさらに難しいです。

 

それから、iPad miniは、専用のキーボードがありません。

単純にBluetoothキーボードとマウスを接続すれば問題なく使えるんですけど、これはMagic Keyboardだったり、Smart Keyboard Folioを使ったことがある人はわかると思うんですけど、iPadと一体型キーボードの使いやすさはすごいです。それから充電の問題だったり、電源の問題だったり、このあたりの手間がかからないiPad Air 4に搭載されているスマートコネクタは本当に便利だと思います。

それがiPad miniにはないですし、今後そういった最適化されたキーボードの登場も見込めませんので、この部分、望んでいる人はiPad miniでその都度キーボードだったりマウス、トラックパッドだったりを準備するのは若干面倒に感じると思います。

 

iPad mini 6はやっぱり推せる最強iPad

はい、ということで、iPad miniを最初のiPadで考えている人の後押しできたらと思ってまとめてみました。

他のYouTuberさんで、最初のiPadにiPad miniはオススメできないって言っている方も何人かいらっしゃったんですけど、僕はiPadを使わなくなってしまうことを減らすという意味では、iPad miniが1番、いろんな場面で活躍してくれるiPadだと思ったので、オススメさせていただきました。

多くの人がiPad miniを絶賛していて、僕自身使っていて本当に魅力的なiPadになっていると使っていて感じますし、やっぱり手に取る回数も増えて、iPhoneより使っているデバイスとなっているので、そういった意見を信じて購入してみても良いんじゃないかと思います。

もちろん、最後はそれぞれの用途で最適だと思うものを選んでいただく必要があるんですけど、それが曖昧な状態で、どれが良いんだろうと悩んでご覧いただいてると思いますので、iPad miniを前向きに検討してもらえたらと思います。

こちらの記事も人気です