【iPhoneを探すをオンに】位置情報の大切さ

Apple




『iPhoneを探す』機能を使ったことのある人って少ないと思うんですが、この設定は絶対オンにしてほしいと思っています。
ただ、未だに位置情報をオンすることが怖いという人も多くいます。

位置情報をオフにしている人のよく聞く理由は2つ。

  • 電池の消耗を少なくする
  • なんだか怖い

もちろん、電池の消耗は増える可能性が高いです。
そして、位置情報がどこかで漏れている可能性も否定できません。
特に写真と位置情報が結び付けられているものは、安易に貼り付けすることは危険ですね。

そのリスクをご理解いただいた上で今回の記事を読んでいただけたら幸いです。

メリットは2つです。

探すことができる安心感

使う頻度は少ないと思いますが、iPhoneをなくして電話鳴らしても場所がわからないなんてことになったら焦りますよね。
特に旅行先で見つからないなんて経験は本当にツライです。

そんなとき、iPhoneがどこにあるかを大まかに教えてくれるのが、自分でAppleの端末を2つ持っているなら自分で探すことが可能です。
また、もし2つ持っていない場合でも、知人のAppleの端末を使って『iPhoneを探す』を使うことができます。

知人のiPhoneを使用して探す場合は、『iPhoneを探す』アプリから、一度サインアウトして再度自分のiPhoneでログインさせてもらってください。

設定方法

今回『iPhoneを探す』を設定するには次の順序で確認できます。

位置情報設定

まずは位置情報がオンになっているか確認してください。

設定→プライバシー→位置情報サービス


位置情報をオンにしていても、アプリ単位で位置情報を使用するかどうかを選ぶことが可能です。
どうしても気になるアプリについては、「許可しない」を選択することをオススメいたします。

iPhoneを探す

次に『iPhoneを探す』をオンにします。

設置→1番上のアカウント部分をタップ→iCloud→iPhoneを探す

設定が完了すると、このような画面で自分の端末の場所を確認することが可能です。


実際に探す場合は、探している端末をタップしましょう。
右の画像のように3つの選択肢が表示されます。

  • サウンド再生
  • 紛失モード
  • iPhoneを消去

探しているiPhoneの近くに来たときに音を出すことができます。
いつも聞きなれない音ですので、一度鳴らしてみるのもいいかもしれません。

また、紛失モードでは、iPhoneのロックと、拾った人に連絡先を教えることができる機能があります。

最悪iPhoneを消去で、データを無くしてしまいましょう。

盗難防止

この『iPhoneを探す』をオンにしてあると、盗難防止ができます。

iPhoneは、まずパスコードを解除できなければ中を見ることはできません。
さらに、万が一パスコードを解除できたとして、iPhoneのデータをリセットされてしまった場合でも、実は全てのデータが完全には消えてはいないのです。

唯一あなたのAppleIDが残ります。

もし、リセットして使おうと考えた盗っ人が初期設定をしようとするとき、あなたのAppleIDに紐付いているパスワードが必要になります。
パスコードと違い、パスワードはアルファベット、数字、大文字小文字混在になっているので、簡単には解除できません。
この機能のおかげで、あなたのiPhoneは勝ってに使えなくなります。

終わりに

iPhoneは高価なものであると同時に、大切な情報がたくさん詰まってモノです。

また仕事でiPhoneを使っている人も多くいらっしゃいますので、無くしたでは済まないことも多々あるはずです。

そのときのためにぜひ設定を見直してください。

では。