子育て中のパパファッション【汚れなんか気にするな!】

LIFE




「子どもといつでも触れ合っていたい。」

その思いにハードルがあってはいけません。
ただ、どうしても一瞬躊躇してしまう瞬間があることに気づいてしまったんです。

それは「食事の後」と「外で遊んだ後」。

なぜ躊躇に繋がるのか。

それはお気に入りの服が汚れてしまうからです。

かわいいお口やお手てには食べ物がビッチャリ。
子どもは外で遊んでいるときにどんなものを触っているか分かりません。

そんなときにどうしても抱っこすることに躊躇してしまう。
でもそれはとても残念なことだと感じています。

今までのファッションは少し良いモノを長く使いたいと思って、本当に好きなモノを大切に使うようにしていたんですが、子育て中の現在、どうしようかと悩んでいました。

 

安くて便利なコーディネートを目指して

抱っこしない選択肢はありません。
だったら、「汚れても気にならない服を選べば良いんだ」という結論に至りました。

それはただ安いということです。

安い服なら、どんなに汚れても気にせず抱っこできる。
ただ、ファッション性は可能な範囲内で妥協しないということを考えました。

では、わたしが実践した安い服を手に入れる方法をご紹介します。

パンツ

わたしはとにかくスキニー派。
パツパツだと動きにくいという人もいるかもしれませんが、最近のスキニーはストレッチが効いているので屈伸も問題ありません。

価格とシルエットで選んだのがこちら。

圧倒的安さ。

パンツはこれを毎日はいています。
ネイビー1本とグレー2本持っています。

身長166cm
体重52kg

わたしはSとXSを持っています。
Sだと若干ゆとりがあり、XSでかなりピッタリした感じになります。

 

トップス

トップスは基本的にファストファッションです。
お気に入りはH&M。
シルエットが細く、キレイに着ることが可能です。
シャツでも2,000円しない金額で購入が可能ですので、かなりコスパは良いと感じています。

もちろんユニクロやGUなんかもちょくちょく気にしています。
ただサイズ感はスリムに着たいということであれば、H&Mを推します。

 

購入方法の検討

何も新品を購入する必要はありません。
今は、メルカリなんかで簡単に服を探すことが可能です。

フリマアプリ-メルカリ フリマでかんたんショッピング
フリマアプリ-メルカリ フリマでかんたんショッピング
開発元:Mercari, Inc.
無料
posted withアプリーチ

少し高くて買えなかったブランドも、そもそも汚れても良いという考え方であれば、多少着古されたものであっても問題ありません。



昔なら良く買っていたユナイテッドアローズも、メルカリならたくさん出てきますので、ちょこちょこチェックしています。

 

ZOZO

みなさん、ZOZOSUIT はご存知ですか?

ZOZOSUIT とは

簡単に言うと、【全身タイツの状態で写真を撮ると、身体の寸法があっと言う間にわかってしまう】というものです。

こちらはあの有名YOUTUBERの瀬戸弘司さんの動画がわかりやすいです。


https://www.youtube.com/watch?v=3zY7PjrFXpU&feature=share

ZOZOプライベートブランド

ZOZOSUITで測ることで、ZOZOTOWNのプライベートブランド【ZOZO】の商品を購入することが可能となります。

このZOZOはS/M/Lという表現ではなく、「自分サイズ」という表現になっていて、ZOZOSUITで細かく測った寸法に合わせた、文字通り「自分サイズ」のTシャツが手に入ります。

現状でTシャツとジーンズのみの展開です。

このZOZOのTシャツとジーンズ、自分サイズで作ってくれるのだから「さぞかしお高いんでしょう?」と思うかもしれませんが、驚きの安さです。

Tシャツ:1,200円(税込)
ジーンズ:3,800円(税込)

[ZOZO公式ホームページより]

 

それぞれ3色展開となっています。

この金額で、自分の体型にピッタリのものが手に入るということに驚きです。

個人的に、ファッションはサイズ感が1番大切だと思っています。

そういう意味では、金額とサイズ感の両方を兼ね備えたZOZOは今回の内容にピッタリのファッションであると思います。

まだ、選べるラインナップが少ないのでこれからに期待です。

 

まとめ

 

パパファッションとしてオシャレに過ごしたいという思いと、どうしても汚したくないという思いから今回の記事を書きましたが、同じような悩みをお持ちのお父さんがいたら今回の方法で解決していただけたら幸いです。

子どもがそんな状況で抱っこをおねだりするのも、本当に短い期間です。
そんな時間を「服を汚したくない」なんて思いでムダにするのは本当にもったいない。

子どもと一緒にパパの汚れましょう!
ママには怒られそうですが・・・

では。