マスクをしたままiPhoneのFace ID(顔認証)を解除する方法

iPhone




いつにやってきてしまいました、この季節が。

僕は電車で通勤しているので、車で通勤していたときと比べると、かなり多くの人と接する機会が増えました。

そこで、やっぱり外せないのがマスクです。

海外ではありえないようですが、やっぱり人混みでのマスクの安心感は異常です。電車では咳き込んでいる人が少なからず同じ車両にいることがあります。

しかし、残念ながらマスクは万能ではなくどうしても菌はマスクを通って入り込んでくるようです。つまり、マスクで完全な予防はできないとのこと。

文春オンライン

しかし、飛沫感染は防げるらしいので、少しでも何かに感染する可能性は減らせるのであればやっぱり付けておきたいです。

(いや、咳き込んでるヤツ、絶対マスクしてこいよ!!)

ということで、マスクを今年初めて装着しました。

マスクでFace IDは面倒

そして、とうとう実感してしまいました。

マスクはFace IDの天敵。
やっぱり不便以外のなにものでもありません。

わざわざiPhoneのロックを解除するたびにマスクをあごまで下げています。もう本当に面倒で仕方なかったです。

ということで、なんとかもう少しでも楽に解除できるようにならないかを調べました!

これで、マスクをしたままFace IDのロック解除ができるようになりますよ!

Face IDの2つ目を登録

iOS12からFace IDに登録できる数が増えました。

指紋認証でも複数の指を登録できるように、顔認証にも追加で登録をすることができるんです。

今回はマスクしているとき用の顔を登録します。

2つ目のFace ID登録方法

設定

Face IDとパスコード

もう一つの容姿を登録する

さあ、それでは実践してみます。

今回ご紹介する方法は、なんと、マスクを鼻まで下げた状態であればFace IDのロックを解除することができるという方法です。

ということで、鼻まで下げた状態で2つ目のFace IDを登録していきましょう。

まずはマスクした状態で始めてみましょう。

必ず「顔の認識が妨げられています」と表示が出ます。
このままでは先へは進めませんので、一度口が見える状態までマスクを下げてしまいましょう。

iPhoneが認識してくれたら、すぐに鼻だけが見えている状態まで戻します。この状態で顔をクルクル回していくと、しっかりとiPhoneは顔の認証を行ってくれます。

これで1回目のスキャンが完了します。
同様にもう一度スキャンが必要になりますので、iPhoneが認識してくれるよう、口が見える状態まで下げ、認識後すぐに鼻の下までマスクをしてください。
これで2回目の認証が終わり、登録が完了となります。

実際に鼻までで解除できるか確認

登録は終わりましたが、本当に口が見えない状態でうまく解除できるの!?という疑問が最後までぬぐえません。

半信半疑でやってみたところ・・・

解除できるーーー!

うぉーおおおおおおおぉぉぉぉーーーー!

 

本当にちょっと鼻が見えていれば認識してくれます。

 

これで、ちょっと快適になりました。
マスクをよくするという人はこの方法で登録してみてください。
では。

iPhoneXS Max使って2ヶ月。アップデートで、次回iPhoneで期待すること。

2018.11.22

iPhoneはパソコン代わりに使える?検証してみました

2018.10.03

こちらの記事も人気です