iPhoneの画像をパソコンへ転送したい!そんなときはDearMob iPhoneマネージャーが良かったという話

アプリ




ども、くんよつ(@kunyotsu)です。
iPhoneの中で最も容量が大きいアプリ、きっと5割くらいは同じじゃないかと思っています。

それは「写真」アプリじゃないですか?

iPhoneのカメラの性能が上がれば上がるほど、1枚あたりの容量は大きくなります。つまり、iPhoneを買い替えることは容量がさらに必要になるということに繋がります。

iPhoneの容量が大きくなると、どうしても本体の端末代金が高くなります。現在のiPhoneXSの容量は3種類。

  • 64GB
  • 256GB
  • 512GB

この並びだとどうしても256GBを選びたくなってしまうと思います。ただ、64GBと256GBの価格差は18,360円にもなります。ただでさえ高いiPhoneだからこそ、なんとか64GBで抑えたい。

ならデータを減らすしかない。データを消して空きを作らなきゃいけないんです。

そこで、候補に上がるのが「写真」アプリというわけですね。ただ、1番容量を使ってるのが写真や動画だったとしても、思い出を消すわけにはいかないですよね?

そんなときはデータをパソコンに移しておけばいいんじゃないか!そう思う人も多いはず。ただ、パソコンに移したくても意外とその作業面倒じゃないですか?

どうしてパソコンに移すのは面倒なのか。

  • 方法がわからない
  • たくさんある写真を移すのに時間がものすごいかかる

この2つは理由として上がってくると思います。 iPhoneの良い写真管理方法って、調べてみても意外としっくりくるものってないんですよね。そんなこんなで、結局iPhoneの写真をパソコンに移すのは後回しになりがちです。

でも、この2つが簡単に解決できるとしたら、写真をパソコンに移動させて容量を節約しようと思えませんか?

そう、すでに解決してくれるソフトが実はあるんです。
それがDearMob iPhoneマネージャーというソフトです。

本題に入るまでかなり時間を費やしましたが、逆にここまで読んでくれた人にとってはこのソフト、絶対に便利だと思ってもらえるはずです!

DearMob iPhoneマネージャーで写真管理

以前、僕はこのDearMob iPhoneマネージャーでiPadのバックアップをするという内容で記事を書きました。

iPhoneのバックアップをノーストレスに【DearMob iPhoneマネージャー】[PR]

2018.10.25

もちろんバックアップするソフトとしてもとっても優秀です。
ただ今回は、このDearMob iPhoneマネージャーのもうひとつの利点である写真の移動についてご紹介します。

iPhoneも長い人だと3GSか4くらいから使っている場合、すでに7~8年とかそれくらいは iPhoneを使っているんじゃないかと思います。7年分の思い出が詰まった iPhoneでは、さすがに容量も厳しくなってくると思います。

本体代金を節約するためにも写真は厳選して iPhoneに残しておき、後はパソコンに移して iPhone側の写真を削除することにより iPhoneの容量はグッと節約できます。

それがこのDearMob iPhoneマネージャーならこの作業が簡単にできてしまいます。
そして、この方法を使うことで写真のバックアップを同時に取ることもできます。

写真管理方法( iPhone→パソコン)

では、まずはDearMob iPhoneマネージャーをダウンロードしてください。

ダウンロードサイトはこちら。

これが最初の画面です。
1番左の「写真転送」をクリックしてください。

読込が完了すると、 iPhoneに入っている画像が現れます。

もし今回が最初であれば、「すべてを選択する」にチェックを入れれば、一括で選択ができるので便利です。

選択したら、「エクスポート」をクリックしてください。

エクスポートが始まると徐々にここのメーターが増えていきます。
これがいっぱいになれば完了です。

1枚うまくいかない画像もありましたが、ほぼ問題なく転送できました。

たったこれだけでiPhone内のすべての画像がパソコンに移動しました。
厳密には移動というよりもコピーをパソコンに作ったような感覚なので、移せた画像はiPhone側で削除する必要があります。

今回僕が転送した写真は2094枚、計5.63GBにもなりました。

時間をはかってみたんですが、なんとこの容量で4分5秒という驚異的なスピードで転送してくれました。
イメージ的には30分くらいかかってしまうのかなって思っていたので、このスピードは本当に嬉しいですね。

写真管理方法(パソコン→ iPhone)

DearMob iPhoneマネージャーの写真転送は一方通行ではなく、パソコンから iPhoneに送ることももちろん可能です。
昔の写真や一眼で撮った写真など、パソコンから iPhoneに移すということも少なくありません。
そんなときも簡単に移すことが可能です。

単純にパソコンの中の画像をドラッグ&ドロップで移します。
今回は新しいフォルダを作ってその中に入れてみました。
左のフォルダの1番下にフォルダを追加するボタンがあります。

更新を押して同期させれば写真が iPhoneの中に入ります。
こちらも簡単に同期することが可能です。

iPhone内の写真を管理する、それが僕のDearMob iPhoneマネージャーの使い方

iPhoneの写真の管理はバックアップと同じくらい大切だと思っています。
でも、バックアップするよりはるかに面倒です。

僕が iPhoneの写真管理を定期的に行うのは、あとで管理が大変になるからです。
プライベートの写真と仕事の写真と副業の写真のほぼ全てを同じiPhoneで撮っていれば大変になるのは目に見えています。だからこそ、このDearMob iPhoneマネージャーに頼ります。

また、この方法ならパソコンにバックアップを取るということと同時に、普通のバックアップでは暗号化されていてできない、中を見ることができる状態でのバックアップとなります。

これで、思い出の写真を消すことなくiPhoneの容量を確保でき、なおかつパソコンで写真が管理できる状態になりました。

無料でも制限がありますが一部使うことができるので試すことができます。もし気に入った場合にはライセンスの購入をオススメします。

DearMob iPhoneマネージャーができること
  • データのバックアップ
  • 音楽の管理
  • 動画の管理
  • アプリの管理
  • ファイルの管理
  • iPhoneをUSBとして使う
    などなど

ずっと使える買切りタイプもあるので、そちらの方が割安感があります。
ホームページを一度ご覧ください!

こちらの記事も人気です!