【通勤】自動車の30分より、電車の1時間を選択した3つの訳

LIFE




ども、くんよつです。
最近わたしの生活習慣が大きく変わったので、その話を少し。

今までは職場まで自動車で30分の場所に住んでいたのですが、諸事情により自動車で1時間半かかる場所へ移住いたしました。

そこで、通勤の手段を「自動車」から「電車とバス」に変更いたしました。
わたしが距離が増えても移住することを選んだ理由を3つご紹介いたします。

 

運転がキライ

ドライブが趣味という人がうらやましいです。
車での遠出なんかしたくありません。

そして運転中は本当に何もできませんよね。
やれても音楽を聴くくらいですかね。
ドライブが趣味の人でない限り運転はムダでしかないと思います。
また気をつけて運転していても、常に交通違反の危険性があるというのがあまり好きではありません。
まだ自転車の方が、できることはないですが運動にはなりますので体のためになっているという意味では有意義であると思います。

 

事故

これが1番心配なのですが、運転している時間が長くなればなるほど、事故を起こす危険性は増します。
それが、毎朝ということであれば、そのリスクは感じていただけると思います。
今年のはじめに、初めて事故を経験しましたが、大きい事故だったら命の心配が伴います。

事故は自分がいくら注意していてもゼロにはできません。
また長時間の運転は注意力が散漫になる可能性は高く、毎日のことであれば事故の危険性は避けられません。

 

自由な時間

意外と電車の中は集中できます。
今はKindleで読書することと、ブログの下書きを書いています。
かなり捗ります。

いやー、スマホがある時代で良かったです。
ある程度の仕事もできますし、ある意味朝活のような状態です。
ただ、電車で座れることが大半ですが、座れなかった場合は少し大変です。

 

終わりに 【未来の話】

デメリット

今感じているデメリットは2つ。

  • 定期を2枚持ち歩く必要ある
    ひとつ持ち物が増えてしまいました。
    定期入れを今検討しているのですが、カードの干渉を考えるとこの定期入れがいいかと思っています。
  • 雨の日は傘を持ち歩かなければならない。
    雨の日の公共の乗物ってなんかイヤですね。
    夏はこれから心配です。

これからの未来

自動運転車が運用に向けて進んでいますが、この存在は非常に大きく、自家用車に浸透することにより電車通勤ではなく自動車での通勤でも問題は解決できそうです。

それ以上に、その頃には働く場所が事務所である必要性や、仕事を始める時間についても変わっている可能性が高いので、いろいろな選択肢が広がりそうです。

今回の一件は、これからの生き方・働き方を見直す良い機会となりました。
個人的にはメリットが多いですが、わたし自身もともと公共の乗物がキライで仕方ありませんでした。
しかし、今となってはそれも全然苦にならず、むしろその空間を有効に活用していこうと考えている最中です。

では。