鞄のお供に最適なバッグハンガー【clipa】

Things




持っていなくても困らないモノ。
でも、その存在を知ったら買わずにはいられませんでした。

バッグハンガーってご存知ですか?
その名前は知らなくても、存在はご覧になったこともあると思います。

ども、くんよつです。

今回わたしが大好きなブログ、monographで紹介されていた商品を購入したので、わたしなりにレビューしたいと思います。

弱潔癖症のわたしには手放せないモノとなりそう。

場所を問わないバッグ置き場

まず、このバッグハンガーのサイズ感ですが、思いのほか大きかったです。

今回はmonographでご紹介のあったものと同様のカラーをチョイス。
ゴールドですが、マットな質感がとってもいい感じです。

clipaの文字がみえますか?
この部分が机に接する部分になるんですが、しっかりと滑り止めがありどこでも引っ掛ける事ができそう。

わたしは以前レビューした無印良品のバックパックをつかっているんですが、ブラックのバッグにマットなゴールドがいい感じにアクセントになります。

置き場所の心配がいらない安心感

ただ、どんなにオシャレであっても使い心地が悪ければ全く意味がありません。

使っている様子はこんな感じ。
グリップ力がしっかりあり、安定しています。

ただわたしのバッグは比較的軽い方だと思うので、重い荷物を掛けたときどうなるかが気になるところ。

打ち合わせやカフェに行った際には、まずバッグの置き場所を探してしまう私。

バッグの置き場所に困らないことってこんなに幸せだったんですね。
この形なら常にバッグに取り付けておけるのでわざわざ持ち歩いてる感はありません。

 

シンプルなバッグハンガーを鞄のお供に


カフェで仕事することも多く、出先での打合せにおいて鞄の置き場があるところばかりではありません。
そんなときは残念ですが、床に置かざるをえません。
弱潔癖症のわたしは、その後鞄を洗濯します。

ただ、このclipaがあればもうそんなことをする必要はなくなります。