クレジットカードやスマホのQRコード決済で還元!?キャッシュレス決済について解説します。【消費税10%になる前に備えよう】

キャッシュレス




キャッシュレス化の流れは止まりません。

今後消費税が10%になるにあたり、クレジットカードや電子マネー、QRコード決済などのキャッシュレス決済で支払うことにより、2%をポイントで還元するという案が出ています。

還元ポイントは5%、9ヶ月間で検討しているとの報道がありました!
日本経済新聞

クレジットカードなんて、普通に使ってるだけでもメリットあるのに、さらに還元となれば、やらない理由はないです!

ということで、来年2019年の10月から消費税が10%になることが正式に決まった今、キャッシュレス社会に合わせて支払い方法をアップデートさせていきましょう!

「来年になってからでいいや」と思ってるソコのアナタ!
今からでも十分メリットがあることなので、絶対にすぐ始めましょう!

キャッシュレス化は大きく分けて3種類

この消費税増税にともなう還元が適用される支払い方法はクレジットカードや電子マネー、スマホを使ったQRコード決済の場合です。つまり、このいずれかを使えば問題なくキャッシュレス社会を渡り歩いていけます。

キャッシュレスでの決済方法は何か種類がたくさんあってわかりにくいと感じている人も多いと思います。しかし、大きな枠で考えれば、たったの3種類であると言えます。しかもそのうち1種類はすでに使っているクレジットカード。もうひとつは、すでにある程度普及している電子マネー(Suica、QUICPay、nanacoなど)。新たに覚えなければならないのはQRコード決済のみです。

では、それぞれ導入方法を確認しておきましょう。

クレジットカード

今でも多くの人が持っているクレジットカード。そのクレジットカードで支払うだけで2%還元されるんですから、迷う必要はありません。とってもシンプル。キャッシュレスに抵抗がある方は、迷わずクレジットカードをオススメします。

カードの種類にもよりますが、クレジットカードは普通使うだけでポイントが入ります。なので、今から始めても十分メリットがあるキャッシュレス化です。
オススメは楽天カードとヤフーカードです。

キャッシュレス化の第一歩はここで確認してください↓

キャッシュレスでミニマリストへ【おすすめクレジットカードと便利アプリ】

2018.05.05

せっかくならお得にキャッシュレス化しちゃいましょう!
クレジットカードを作れる人ならどなたでも問題なく導入でき、年配の方も抵抗なく始めることができます。

 

電子マネー

よく聞く電子マネーは、Suica、QUICPay、nanaco、楽天Edy、auウォレットあたりかと思います。
これらは、カードにお金をあらかじめ入れておくタイプと、クレジットカードを経由して支払う方法があります。
例えばセブンイレブンで使えるnanacoはあらかじめカードに現金でチャージしておくことで、そのカードを持っていれば支払いすることができます。
QUICPayはApple Payで使っている人を多く見かけますが、クレジットカードを登録しておくことで、iPhoneさえあれば支払うことができます。

Apple Pay 使ってる?キャッシュレス時代に必須の支払い方法

2017.05.15

これらはすでに使っている人も多いので、引き続きこの支払い方法でいれば還元を受けることができます。
しかし、実際に使える場所はクレジットカードよりは若干少ないと感じています。

QRコード決済

今は若い人は使っている人も多くなっているこのQRコード決済。スマホがあれば支払いできるあたりは、電子マネーのQUICPayに近い支払い方法であると考えられます。
現実的にまだ使えない店舗もたくさんあるのでなかなか普及しませんが、新たにQRコード決済を取り入れる企業も続々と登場しているので、これからの普及に期待です。

そして、今まで店舗側が導入に消極的だった、支払いにともなう手数料が当初数年は無料ということで普及を促しています。

もちろん、すでに使えるも店もあるので実際に使ってみることをオススメします。

支払い方法は2つ

QRコード決済には2つの方法が実はあるんです。
それは

  • 自分のアプリ内のコードをお店側が読み取る
  • お店側が用意しているコードをこちらが読み取る

の違いです。
前者の方は、店舗側でアプリのコードを読み取る機器が必要となりますが、後者は機械を導入する必要がありませんので、店舗側にとっては後者の方が導入しやすいというメリットがあります。

QRコード決済が使えるアプリ

このQRコード決済が使えるアプリは徐々に増えています。これがわかりにくくしている原因だと思いますが、代表的なものをご紹介するので、まずは大手のアプリからお使いいただくことをオススメいたします。

まずは次の3つをオススメします。現状でもわかりやすく使いやすいです。

楽天ペイ

楽天カードと楽天会員であれば簡単に始めることができます。このアプリにはバーコード提示・読み取りだけでなく、「セルフ」という、レジに並ばなくても支払いができる方法もあります。

また支払いに楽天ポイントも使えるので、日頃から楽天カード、楽天市場を利用する人にとっては必須の支払い方法です。
楽天だけあって利用できる店舗も多いです。ローソンで使うことができるので、一度支払いに使ってみるといいかもしれません。

LINEペイ

LINEでもQRコード決済が可能です。

アップデートで「ウォレット」のタブが出てきたので気になってる人もいるはず。
こちらは支払いだけでなく「送金」もできます。友達にお金をどこからでも送ることができるなんて便利ですね。ワリカン機能があるので幅広い世代での使用も便利ですね。

PayPay

先日とんでもない還元のキャンペーンで話題になりました。

機能はコード支払い、スキャン支払いの両方できますし、送金も友達の電話番号がわかれば簡単に送れます。

機能面では全然問題なくシンプルで使いやすいと感じました。

PayPayがついに動いた!20%還元はヤバすぎる!【使い方・使えるお店】

2018.11.23

その他

もちろん他にもまだまだたくさんあります。
興味があるものについてはぜひ使ってみてください。

  • origami
  • Amazon Pay
  • pring
  • paymo
  • d払い
  • au Pay
  • PAY ID
  • ゆうちょ Pay
  • Bank Pay

これだけあると、どれを使ったらいいか悩みそうですね。
それぞれにキャンペーンや還元があったりするので、イメージ的にはどの会社のクレジットカードを選ぶかを決めることに近いと感じています。

すでにメリットのあるキャッシュレス決済

キャッシュレス決済の種類と、メインにQRコード決済について解説いたしました。これからの生活で必要になる可能性が高いキャッシュレス決済。

全部取り入れる必要はなく、どれかをしっかりと使いこなしておけば問題ありません。

しかし、それぞれにメリットも十分あるものなので、一度試してみてもいいかもしれません。おそらくこういったものの導入のハードルって、最初の一回だと思いますので、一度コンビニなんかで気軽に試すのがオススメです。

では。

こちらの記事も人気です!