【スタバ好き必見】マイボトルバカ? 本当は損してるかも

TV




マイボトルバカ

 

ども、くんよつです。

 

スタバやドトールなど、コーヒー専門店好きな人多いですよね。最近はその数も増えてきて、比較的気軽に利用しやすくなったきたなぁと感じており、ゆっくり作業したいときや読書したいときなんか利用します。

 

ついついMacBook開いちゃいます。

 

そんな人も多いかとおもいますが、なんとも気になる言葉「マイボトルバカ」。

若い人に人気で、かわいいボトルなんかもたくさん販売されているので持っている方もおおいのではないでしょうか?

(ちなみに私の周りには1人もいなかったです。すみません。)

 

さらに少しですが割引もあるので、エコで節約ができるとなんとも話題になりやすいサービスですね。

しかし、このマイボトルを持参している人に向けた言葉「マイボトルバカ」はどのようにして生まれたのでしょうか?

 

この言葉を初めて聞いたのは先日放送の「林先生が驚く初耳学」。

そもそも、マイボトルを持参している人は

エコ

節約

オシャレ

と、納得の理由ですが、なぜバカと言われてしますのか。

 

目的はなんですか?

みなさんが、マイボトルを持っている理由は様々かとおもいますが、女性なんかはオシャレ、インスタ映えで持ってる人は多いかもしれません。

よく利用する人にとっては節約の為にと持っている人も多いかもしれません。

この「マイボトルバカ」は持っている人全員に当てはまるものではなく、ある目的で使っている人に向けて使っている言葉なんです。

 

その、目的とは、

 

「オシャレに使っている」人

 

 

と思いきや、「節約の為に使っている人」に向けての言葉なんです。

 

まずマイボトルの人への割引についてです。

割引は30円。

もし、安いボトルであればいいのですが、仮に3,000円のボトルを使っているとすれば、元を取るには100回⁈も利用しないと元は取れません。

簡単ではありませんね。

 

そして、マイボトルの大きさも関わってきます。

一般的にマイボトルの大きさはトールサイズが多いとのこと。

しかし、トールを頼んで残してしまう人がたくさんいるようです。

つまり、ショートで十分な人がわざわざトールで頼み、結局余って捨てるという行為をしていては、本末転倒になっているとのことです。

思い当たる人にとっては、耳の痛い話ですね。

しかし、本当は節約の為にやっていると思っていても、実際は全然節約になっていないことも他にもあることはご存知でしょうか?

 

思い当たるものがある人は、即実践ですね!

 

 

ガソリンスタンド

少し遠くても安いところで入れたいと思うこともあるかもしれませんが、遠いということはその分のガソリン代と時間がかかっているということ。さらに、安いガソリンスタンドは混んでいることが多いので、さらに時間を無駄にしてしまっているかも。

 

ポイントカード

よく行くお店なんかのポイントカードを持っている人は多いかもしれませんが、これも気をつけなければ無駄遣いに繋がっているかも。ポイントカードには有効期限がある場合もあり、なんとか貯めようと余計なものを買っていませんか?

 

お金を使うことにムキになるあまり、時間を無駄にしていませんか?

「マイボトルバカ」の件のときもそうでしたが、オシャレでそれを求めることは多少お金がかかっていてもそも目的に対しての対価となります。

上の2つの例でもそうですが、目的のために時間を費やし、挙句には大した節約になっていないということは少し考えるとわかります。

 

中には節約が趣味という人もいるようですので、その場合は問題ないですが、本当に貴重なものはあなたの「時間」であることを再認識して欲しいと思う内容でしたのでこちらに記載いたしました。

節約に頑張っている人は改めて見直してみてはいかがですか?

 

では。