【トイストーリー】バズ・ライトイヤーを買いました[トイ・ストーリー4 リアルサイズ トーキングフィギュア バズ・ライトイヤー]

モノ




ども、KUNYOTSU logを運営しています、くんよつです。

新作が公開されたので検討したという方も多いんじゃないでしょうか?

実はまだトイストーリー4、見てません↓
ただ息子がバズの大ファンなので、僕は我が子にこちらのバズ・ライトイヤーを購入しました。

いつもこういったモノはアマゾンで探すんですが、今回もアマゾンで探してみました。
バズ・ライトイヤーのフィギュアも種類がたくさんあって悩んでいたんですが、購入したものについてレビューしたいと思います。
原作とちょっと違うというところもあったので、購入を検討しているという方の参考になればと思います。

僕が購入したこちらのバズのポイントはリアルサイズであることです。
思ったよりも大きかったです。
約28cmということで、存在感がすごいです。
うちの2才の息子にとっては大きかったです・・・

バズの外観

外観はかなりホンモノに近いと感じました。

映画で見たあのバズ・ライトイヤーが手に入った感がすごいです。
息子が飽きたら僕の部屋に飾っておきたい、そんな風に思えるクオリティです。
表情もいい感じ。

動く箇所

関節の動く箇所について解説します。
腕の関節の動きです。

指は4本がまとまっていて、一緒に曲がります。親指は曲がりません。

そして、手首は折れませんが回ります。

肘は最大でこれくらい曲がります。

肩の動きが少ないです。

続いて下半身です。
股関節はかなり柔軟に動きます。

膝も90度まで曲がります。

残念ながら足首は動きません。

腰の部分は写真の通り、若干回ります。

翼はこの手がある赤いボタンで出すことができます。

ヘルメットは半分空きます
ボタンではなく、手動です。

首も左右に動きます。

機能

バズの機能についてご紹介します。

原作のセリフ


原作のセリフがそのまま聞けます。
バズの正面、青、緑、赤の3種類のボタンです。

どのボタンでこのセリフが聞けるというものではなく、ランダムだと思われます。

翼がボタンで開く

上記でも書きましたが、バズの正面、右側の赤い丸いボタンが翼を広げるボタンです。2段階での広がりになるので、強めに押し込む必要があります。
うちの息子にとっては固いらしく、押すときは手伝っています。

レーザーのボタンで音が出て光る


右腕にはレーザーのボタンがあります。
効果音が出て、腕の部分が赤く光ります。

音声のスイッチは胴体の裏でオンオフできます。


公式サイトの説明がわかりやすいので貼っておきます。

真ん中がオフ、上下で日本語、英語が選べます。

残念な点

感じた不満点をまとめておきます。
原作との違いがやっぱり不満店に繋がってしまいます。

左腕のメーターが開かない


左腕の部分は原作では開き、メーターを確認することができるシールが貼ってある設定でしたが、このフィギュアは開きませんでした。これはけっこう残念です。

メルメットが手動


ヘルメットは半分しか開かない上に手動です。ヘルメットの横のボタンは押せません。これもなかなか残念です。

腕の稼動域が狭い


なかなか難しいとは思いつつ、腕が正面に向かって真っ直ぐなるようにしてほしかったです。

翼のライトはつかない

これも、原作ではつく翼のライトがつきません。
これもなかなか重要なポイントだと思ったんですが残念です。

単四電池が3本必要です。
購入時にはテスト用の電池が入っているので、そのまま遊ぶことができます。

やっぱりカッコイイ

個人的に今までこういったフィギュアは買ったことがなかったんですが、手に取ってみると良いなぁと思うようになりました。
原作との違いはあるにせよ息子は満足していますし、個人的には十分ですが、原作と同じものを期待してしまうと若干物足りなさを感じるかもしれません。
価格的にも高すぎることはないので購入しやすく、ウッディなんかも購入してしまおうかと考えてます。

原作のように、足の裏に名前を入れることができるよう、一文字ずつのシールが入っています。
ひらがなとアルファベットがあるので、文字数で選んで使ってもらうのがいいと思います。

こちらの記事も人気です!