格安BluetoothキーボードをiPadで使う【Anker ウルトラスリム Bluetooth ワイヤレスキーボード】

iPad




ども、KUNYOTSU logを運営しています、くんよつです。

今回は格安Bluetoothキーボードをご紹介します。

これからiPadでたくさん文字を書きたい人はBluetoothキーボードが必須です。

Bluetoothキーボードをけっこう高価なものだと思っている人も多いみたいなので、iPadに外付キーボードを導入したいけどなかなか踏ん切りがつかない人にも参考にしていただけると思います。

今回僕がご紹介するのはこちら。

Anker ウルトラスリム Bluetoothワイヤレスキーボード

今回のキーボードは格安ですが、機能は十分でなおかつデザイン性もいい感じ。

シンプルでiPadにもピッタリのデザインです。

ちなみに、AppleのキーボードMagic Keyboard(マジックキーボード)と並べるとこんな感じ。下がAnkerのキーボードです。
Magic Keyboardと比べると、サイズは今回のキーボードのほうが大きめ。
とはいえ、本体のサイズは28cmの12cmなので、持ち運びも困りません。
一般的なキーボードサイズの2/3の大きさのようです。

使っているとエンターが小さいところが若干気になります。
重さは約200gです。Magic Keyboardは約231g、iPhoneXS Maxは約208gなので実際に軽いです。

打鍵感ですが、ちょっと強めに打つ必要がありそうかと思える感じ。
残念ながら、個人的にはあまり好きな感じではありません。
打っている時にある程度音がしますが、まぁそれほど気にならないかなっていうレベル。決して静かではありません。

キーボードの並びは小さいサイズだと慣れが必要になりますが、問題ないかと思います。

電源は裏にあります。

ひとつ、とっても残念なのが電池式である点です。

単4の電池2本で3ヶ月以上使えるということですが、いざというときに面倒だと思ってしまいました。
3ヶ月後って、だいたいいつから使っているかわからなくなりそうなタイミングですし、そのタイミングで手元に単4があるかはわからないので、やっぱり充電式が良いですね。


そして、それがこの出っ張りに繋がっているので、コンパクトさも阻害しています。
横から見るとけっこうな出っ張りです。
安さの代償というわけで、ここは我慢が必要ですね。

最初にiPadと最初に一緒に使うならこれ

金額が安い分デメリットは仕方ないですが、最初の1台としてはかなり優秀だと思います。今回はAppleのMagic Keyboardと比べてしまいましたが、1万円するキーボードと比べれば劣る点があるのは当然です。
その代わり、初めてでも抵抗のない価格が大きなメリットになっているので、これからiPadで仕事やプライベートでたくさん文字を打とうと思っている人に間違いなくオススメできるBluetoothキーボードです。
では。

こちらの記事も人気です!