Apple Watchでツイッターがまたできる!【Chirp】

Apple




Apple Watchから公式ツイッターアプリが消えてかなりたちますね。
Apple Watchでもちょっとしたときにツイッターが見れたのでけっこう使っていたので、とても残念でした。

ただ、やはりアプリは次々とでるもので、ツイッターアプリも登場しました。
それが『Chirp』です。

Chirp for Twitter
Chirp for Twitter
開発元:Will Bishop
無料
posted withアプリーチ

ダウンロード

まずはダウンロードを、iPhoneの方で開いてください。
あなたのツイッターアカウントでログインしてください。


すると上の写真のような[Setting]になります。
ここでは特別いじる必要はありません。

 

Apple Watchでは

鳥がとまっている、青いアイコンが[Chirp]です。
タップするといくつか項目が選べます。

  • Home
  • Trending
  • Mentions
  • Likes
  • My Profile
  • Search
  • Setting

Home

Homeではタイムラインが表示されます。
「いいね」やリツイートがここから簡単にできてしまいます。

Trends / Profile

今のトレンドや自分のプロフィールも確認できます。
結構しっかりでてきますね。

Setting

設定で国を変更することが可能です。
タップして[Japan]を選択しておきましょう。

まとめ

公式のツイッターアプリでは、アイコンの表示がなかったので寂しいタイムラインでしたが、[Chiep]はしっかりとアイコンがでるので見ていて楽しいです。

初代Apple Watchのわたしですが、動作もキビキビで使い勝手が良いです。

欲を言えば「リスト」で閲覧できるようにしてもらえると嬉しいです。

ほとんどツイッターをApple Watchで見る機会はないと思いますが、iPhoneは出せないけど暇だーというときのためにダウンロードしておきましょう。

では。