ついにApple Watchでコード決済ができる!PayPayがApple Watchに対応したぞ!

Apple Watch




ども、KUNYOTSU logを運営しています、くんよつです。

先日Apple Watchに望むことという記事を書きました。

新しいApple Watchに期待すること[2019年版]

2019.09.04

なんと!
そのひとつが!
はやくも叶いました!

あのPayPayがついにApple Watchに対応です。

PayPayがApple Watchで使える

コード決済アプリPayPayがApple Watchに対応しまして。
iPhone側でPayPayを1.37.0にアップデートすることで、自動的にApple Watch側にアプリがインストールされます。

Apple Watchの PayPay 使い方

最初の画面は残高が表示されます。支払いの履歴も確認できます。

左にスワイプするとバーコードが、ワンタップでQRコードが表示されます。
実際は下の画像の中央にバーコードが表示されています。

タップするとQRコードを表示させることができます。

あとはレジで読み取ってもらうだけ。

右にスワイプすると設定があり、残高を表示させるかどうかの変更と、支払いが完了した時の音量を変更することができます。

こうなると、やっぱりウィジェットに表示させるのが1番速いですね。

他のアプリの対応求む

今はコード決済アプリではPayPayだけの対応です。
LINE Payやメルペイも早く対応してほしいです。

ただ、ウィジェットの数にも限界があるので、Apple Watchでは選んでウィジェットに表示することになりそうですね。

Apple Watchを持っている人はぜひ腕時計でもPayPay使ってみてください。

こちらの記事も人気です!