Apple Watchは海外でも使える?実際に使ってみました。

Apple Watch




ども、くんよつです、

先日3泊4日で台湾旅行に行ってきました。
荷造りをするにあたって本当に悩んだのがApple Watch
本体は付けていくだけですし、充電器を別で持っていくだけですから、普通に考えたらそれほど荷物にならないと思われるかもしれませんが、個人的に少しでも荷物を少なくするという目的だったので役立つことが少ないならやめてしまおうかといろいろ悩みました。

海外旅行の持ち物リスト | 3泊4日の台湾 【ミニマリスト】

2019.05.03

結果はもちろん、Apple Watchをつけていきました。
が、実際にどんなことに役立つのか。

今回は僕がApple Watchを使った場面をご紹介しようと思います。

ちなみに、通信を使った環境はホテルでのWi-Fiと街中や観光地にあるフリーのWi-Fiのみでの通信だけです。そんな状態でもApple Watchは十分機能しました。

僕が使った事例は次に4つです。

Apple Watchを使った場面
時間の確認
活動量計
目覚まし
スケジュール管理

海外旅行に行く予定の人でつけていくか悩んでる人、参考にどうぞ!

セルラーモデルの人は通信の設定に気をつけてください。

海外旅行に行く人必見! | iPhone・iPad・Apple Watchで通信しないように設定する方法

2019.05.02

時間は位置情報を利用して自動的に変わる

海外に行くと当然時差があるので、時計の時間を合わせる必要があります。現地では時間の話も、現地時間で話し合う必要があるので、時間を確認する手段は必須です。

そこで、登場するのがApple Watch。
iPhoneはネットに繋げて位置情報が確認できれば自動的に時間が変わります。Apple Watchにはこの情報が共有されていると思われます。

逆に一度ネットに繋げないと時計として使えずにApple Watchとしてのメリットが半減してしまうので、まずはApple Watchの時間が現地時間になってるか確認してください。

活動量計として使える

旅行の時までと思うかもしれませんが、僕としては旅行の時こそつけておきたいと思うものです。まず、旅行中はいつもよりたくさん食べるという人がほとんどだと思います。食事は旅行中の楽しみのひとつ。海外旅行の大きな目的を占めると思いますが、普段から食事を節制している僕としては注意が必要な部分です。ただ、せっかく海外旅行に来ているのに我慢するのはもったいない。

そこでApple Watchにどれだけ運動しているか記録をとってもらいます。
旅行中はいつもよりたくさん歩いたりして体力も消耗しますよね?いつもなら電車やバスで移動する距離もあえて徒歩で行き周りを散策したりすることで、旅の楽しみを失わずに運動量を確保できます。
結果食事も我慢せず好きなものが食べれます!

目覚ましとしても

旅行先のホテルではほとんど友人や家族と相部屋ですよね。旅行中は人それぞれのペースがあって起きる時間もバラバラかもしれません。そんなとき、普通の目覚ましだと相手の人も起こしてしまいかねません。

そんなときはApple Watchの目覚ましが便利です。
振動して起こしてくれるので、本当に自分しか気づきません。安心して目覚ましを使いましょう。

スケジュール管理

旅行中はなるべく計画通りに進めたいもの。ただ、時間の管理ってけっこう難しいですよね。自分や家族だけの旅行なら良いけど、他の人と一緒に行くとなると、しっかりとスケジュール通りに進めていかないとと思いますよね。

そんなときはApple Watchに行動時間を通知してもらいましょう。
スケジュールをあらかじめカレンダーに入力しておき、その時間にApple Watchに通知が行くように設定しておきましょう。そうすれば、少なくとも時間に遅れるということはなくなります。とくに仕事で海外に来ているという人にとっては、重宝する機能だと思います。

Apple Watchは海外でも使える

ネットに繋がってなくで十分使える機能があるのがApple Watch。付けるか悩んでる人がいたらぜひ付けていくという選択肢をオススメします。
最近ではポケットWi-Fiを持ち歩く人も増えているので、そうなれば普段と変わりなくApple Watchは使える環境になります。
唯一のデメリットは充電ケーブルが荷物になるということですが、それほど面積も重量もないので問題ないかと思います。
海外旅行もぜひApple Watchと楽しんでください。

こちらの記事も人気です!