今更Apple Watchの良さを語ってみる

Apple




いまだにApple Watchを使っている人と遭遇する機会はほとんどありません。

しかし個人的にはもう欠かせないガジェットになっています。忘れたら確実に取りに帰ると言っても過言ではありません。

 

比較的使いこなしている方だと思っているので、もし購入を検討している人がいたら参考にしていただきたいです。

 

使用モデル

ちなみに今使っているのは初代42mmのモデルです。

もう使って結構時間が経っており、水中やどこかにぶつけたりはしょっちゅうですが、キズ一つありませんし、動作も問題ありません。

【Apple Watch】初代を売ってSeries3を中古で買いました。

2018.10.18

使い道

通知の受け取り

基本的なスマートウォッチのメリットですね。

重要なのはどのアプリの通知を受け取るかという点です。

電話やLINEの通知は当然だが、予定の予告通知が非常に便利です。

あらかじめ移動時間を含めた内容で通知設定をしておけば、忘れる心配はありません。

AppleWatchをして、スケジュールを細かく入力するようになってから、リストのやり忘れを完全に防止することができました。

 

活動量計として

運動不足になりがちな日常を変化させてくれます。

スタンドの機能や日常の消費カロリーを定期的に通知してくれるので、運動・健康への意識が必然と高まります。

ダイエットにも成功し、59kg→51kgと個人的に理想の体重を手に入れることができました。

太っている人は自己管理ができていない!【60kg→52kgの道のり】メンズダイエット③

2017.07.20

【自転車通勤とAppleWatch】運動を続けるコツをご紹介

2017.09.09

昼寝の目覚まし

Siriに「20分後起こして」と言うだけ。

振動が直接手首に伝わるので、周りに気を使うことなく目覚ましをかけれます。

手首への振動なので確実に起きることができます。

 

余談ですが、昼寝の時間は20分と決めています。

もしすぐに眠れなかったとしても目をつぶっているだけで実際は効果があるそうです。

昼寝のし過ぎは絶対NGです。

 

Airpodsとの連携

Airpodsの操作は正直不便だと思っています。

音量の上下、次の曲などApple Watchを使うことによってこの不便な部分が解消されます。

Airpodsのダブルタップでは曲の再生停止に設定している。

【Airpods仕事術】仕事に使うからこそ価値がある

2017.09.09

AirPodsとiPhoneの接続がうまくいかない時にやるべき3つの方法

2018.02.08

 

デメリット

最後にApple Watchの最大のデメリットをあげておきます。

 

いろいろな通知がくるように設定しているため、Apple Watchをみる機会は本当に多いです。

この、Apple Watchを見る動作が、時計を見る動作と同じため、誰かと行動を共にしているときには、時間を気にしているように見えてしまいます。

これで何度か相手の方に気を遣わせてしまったということがありました。

 

Apple Watchでツイッターがまたできる!【Chirp】

2018.06.21

集中力の最大化『マインドフルネス』 Apple Watchで習慣に

2018.05.28

今でも最高の相棒

思いの外、バッテリーも毎日の充電で問題がなく、不便に思うことはありません。

ただ、OSがアップデートされるに従って、帰宅時の電池残量は少なくなっていると明らかに感じています。

 

また、可能であれば、アプリの立ち上がりがもっとスムーズに行えれば、マップアプリやその他のアプリでも使いたくなるかもしれません。

地図を見ずに、手首の振動だけで、目的地に着けたら方向音痴私にとって最高のガジェットとなりそうです。

それはこれからに期待。

 

今までも、これからもApple Watchは最高の相棒として頑張ってくれそうです。

 

では。