【Apple Watch】 初期設定の方法を解説します

Apple




中古のApple Watchを買いました!
こちらでそのときの詳細をまとめてあります。

【Apple Watch買換え】初代を売ってSeries3を中古で買いました。

2018.10.18

1年前に買いたかったApple Watch Series 3。
ようやくわたしの手元に届きました。

今回は初期設定、バックアップからの復元の流れを記録しておきます。
買う前に確認したい方、ぜひご覧ください。

初期設定・バックアップ復元

では、早速設定を始めます。
この設定の流れでバックアップの復元も可能です。


ペアリングされてないApple Watchを立ち上げるとこの画面が登場します。iPhoneを近づける必要があります。


iPhoneを近づけるとApple Watchの設定ができます。

するとiPhone側はカメラが起動します。

iPhoneでApple Watchの画面を映します。

これで簡単にペアリングが完了。
わかしは初代Apple Watchから買い替えなので、バックアップから復元します。

過去に何度かバックアップをとっていたみたいです。進めます。


利用規約が表示されます。同意しましょう。

なんと、心臓の状態を見てくれるみたいです!初代Apple Watchの設定のときにはなかったような・・・

緊急SOSも設定しておきます。

Apple Payの設定も行います。今回購入の1番のポイント。基本的にiPhoneで情報はいれてありますので、セキュリティコードを入れるだけでオッケーでした。

これで、あとは待つだけ。
と思ったらめちゃくちゃ時間かかりました・・・

ようやくわたしのApple Watchが帰ってきました!

バックアップからの復元は簡単

そんれほど操作することもなく作業は完了しました。無事バックアップからも復元が完了でき、一安心です。

【 Apple Watch 買い替え 】バックアップ方法解説

2018.10.20

Apple Watchを売却するときに気をつけること【初期化とアクティベーションロック】

2018.10.19

これから新しいApple Watchライフが始まります。初代からの変化は2年半分あります。とにかく動作がどれだけサクサクなのか、Apple Payが快適なのか、セルラーはどういった形で機能するのかが気になります。
このあたりのことは、またレビューします。
では。

こちらの記事も人気です!