【 Apple Watchだけで電話 】auとの契約方法解説します

Apple




はい、先日1年遅れで中古のApple Watch Series3のセルラーモデルを購入いたしました。

【Apple Watch買換え】初代を売ってSeries3を中古で買いました。

2018.10.18

初代と比べると圧倒的に動作がサクサクで驚きが隠せません。

さて、今回は新たにセルラーモデルを購入したという方へ向けた記事。
なおかつiPhoneはauで契約しているよという人だけに向けた記事です。

Apple Watchのセルラーモデルで、Apple Watch単体で電話などする場合にはauとそういった契約が必要になります。
とはいえ、あえて店舗に行く必要もなく、簡単に設定できるのでご安心ください。

その手順を今回はご紹介します。

中古でもアップルストアでも、au以外でApple Watchを購入した人は参考にしてください。

仕組みと詳細

まずは、どんな形でauと契約するのかを知っておいたほうが良いと思いますので、そこらへんをご説明します。
Apple Watchで通信できるのは「ナンバーシェア」という方式です。だから、Apple Watch単体では電話はできませんし、電話番号をもらえるわけでもありません。
あくまでも、iPhoneの電話番号のシェアなんです。

auのナンバーシェアの月額費用は350円です。これはソフトバンクは同額ですが、docomoは500円と少し高いです。
また、2018年の12月31日までに初回申し込みをすることで、6ヶ月その料金が無料のキャンペーンがあります。まだこれから買っても全然間に合います!たったの2,100円ですが、せっかくなら無料の期間内に滑り込みたいですね。

auとの契約手順

場所はどこでもかまいません。
iPhoneとApple Watchをご用意ください。
Apple WatchとiPhoneはペアリングさせておいてください。

設定はWatchアプリから行います。

選ぶ項目は「モバイル通信」です。

「モバイル通信を設定」で進んでください。

ここで、ナンバーシェアの説明が表示されます。

1番下の「次へ」へ。

注意事項が表示されます。よく読んで「次へ」をタップ。

ここで暗証番号が求められます。この暗証番号はauとの契約時に設定してある暗証番号です。

次に「サービス利用にあたって」が表示されます。
「承諾」してください。

契約内容を確認する方法を決めることができます。
どちらかを選んで次へ。

ここで本人確認のための情報を入力します。

内容に問題がなければ1番下の「この内容で申し込みをする」をタップしてください。

これで完了です。
わざわざauに行かなくても契約できるのが良いですね。

念のため、Watchアプリで確認してみるとしっかりとKDDIになっていました。

Apple Watchで通信するということ

Apple Watchで通信できることに対して否定的な意見がけっこう目立ちます。
わたしはまだ始めて間もないのでこれから検証していきます。

まずは半年は無料で利用できるので使い続けてみて、不要であれば解約という選択肢もあるのでまずは使ってみて確かめようと思います。

【 Apple Watch 買い替え 】バックアップ方法解説

2018.10.20

今更Apple Watchの良さを語ってみる

2017.07.02

こちらの記事も人気です!