【2021年Appleイベント】iPad Proの競合はMacBook Air ?

Event




みなさん、こんにちは。

くんよつです。

 

いやー、残念です。

iPad mini出なかったですね。

順番的にそろそろかと思ったんですけどねー。

 

そんなこといっても仕方ないので、2021年4月のAppleイベントについて雑談的に話していこうと思います。

今回の内容は、あくまでも僕の気になった部分だけなので、細かいスペックなんかは他のサイトなんかでご確認いただけると嬉しいです。

今回の内容は、動画でも話しております。

ぜひ動画でもご覧ください。

2021年Appleイベントで発表されたもので気になるもの

今回発表されたのが、

  • iMac
  • AirTag
  • Apple TV
  • iPad Pro

ですね。

僕は自宅で作業するときも、デスクでやったりソファに座ってやったりするので、デスクトップは使う気にならないので、iMacのことは今回は考えていなくて、エアータグ、僕は心配性なので、大事なものは無くすような経験が今までほとんどなかったので、正直エアータグもあんまり興味がないです。で、Apple TVも、自宅にテレビ置いてないんで、これも全く買う気がなくて、

結局1番気になってるのはiPad Pro。

なんですけど、これも残念ながら、実際はそれほどそそられてはいないんですよね。

とはいえ、アップル製品の中で1番好きなのはiPadなので、僕はこのiPad Proについて思ったことを少し話そうと思います。

 

2021年 iPad Pro

細かいスペックなんかは、もういろんなところで解説されているので、あくまでも自分が気になったところだけサクッと話していこうと思います。

まず、今回の発表で一番のビックリしたポイントがiPadにM1チップ搭載というところでした。

Macと同じチップってホント考えもしなかったです。

 

僕は今使ってるiPadがiPad Pro11インチこれが2018年モデルのものと、iPad Air 4、iPad mini 5なんですけど、今やってることで、iPadのスペック足りないなぁーって思ったことはないんですよね。

なので、正直今回のM1対応にはそれほどワクワク感がありません。

M1MacBookは従来のMacbookと比べて、できることがハイスペレベルなのにこの価格、で、さらにバッテリー持ちが異常に良いというのがとにかくインパクトがあったんですけど、iPadで現状M1チップが入ったと言っても、元々iPadってバッテリー持ちもかなり良いですし、多くの人にとって、iPadでパソコン並みの重い作業をするということはないと思います。

なので、iPad Pro 2018年モデルを持っていたり、2020年モデルを使ってるという人にとってはそれほど大きなインパクトはないんじゃないかと思います。

Macと同じチップだから期待できること

ただ、Macと同じチップになったということで、一番期待しちゃうところがiPadでもFinal Cut Pro X使えるようにならないかなってところなんですよね。

もちろんFinal Cut Proに限ったことじゃないんですけど、MacのアプリがiPadでも使えるようになれば、個人的にはメリットが大きくて、今僕が主にアウトプットで使ってるのはiPad Proこれが2018年モデルの11インチ、それからiPad Air 4、それとM1チップのMacBook Airなんですよね。

MacBook Airは動画の編集を主にやっていて、細切れ時間でも動画の編集するからMacBook Airを持ち歩いてる時間がかなり長いんですよね。

で、iPadも自宅でよく使うからどうしても手放せなくて、両方とも持ち歩くことになってしまって、カバンが重くなってしまうんですよね。

これが、もし動画編集がiPadでFinal Cut Pro Xが使えるなら、MacBook Airの出番、なくせる可能性があるので、これが1番の要望です。

ただ、これはあくまでも希望なので、あんまり期待はしていないですけど、6月に開催されるWWDCでもしかしたら発表されるかもしれないんで、まずはそこに期待しています。

その他の進化

それから、あとは進化したところでいうと、5G対応。

ですが、全然恩恵がいまはないので、置いといて。

メモリが最大16GBになるという部分は今までの最大が6GBだったことを考えるとかなりのインパクト。

なんですけど、これもさっき言った通り、そこまでの作業をすることがないので、必要性があまりないですね。

Thunderboltも、きっとこのハイスペiPadを使いこなすレベルの人にとっては価値あるものだと思いますけど、大抵の人にとっては便利に感じる場面は少ないと思います。

12.9インチにだけ搭載されたXDR、ミニLEDももちろん良いのは間違い無いんですけど、かなり金額が高くなるので、躊躇しますよね。

といった気持ちです。

なので、もし買うなら4K動画をガッツリ編集する人だったり、高画質の写真をPhotoshopなんかで編集するという人で、iPadを使ってももっと気軽に作業したい、Apple Pencilもたくさん使うという人にとってはかなり嬉しい進化なんじゃないかと思います。

それから、今まで古いiPadを使っていた人にとっては、このM1対応のiPadは買い換えるタイミングとしては良いんじゃ無いかと思います。

iPad Proの競合はM1 MacBook?

ここまでくると、iPad Proを買うか、MacBook Airを買うかという選択で悩む人もいるんじゃないかと思いますけど、どうですかね。

11インチiPad Proで試算してみます。

1TBのセルラーモデルの場合は、なんとその価格196,800円!

対して、M1 MacBook Airの1TBモデルはメモリを16GBにしても186,780円なんですよね。

え!?

MacBook Airの方が安い・・・

 

iPadは、本体だけじゃなくて、こっからApple Pencil、キーボードを買う必要があるので、さらに追加で費用がかかります。

うーん、もちろんiPadにしかできないことも多い中で、この2つで悩むことになる人も多そうだと思いまし。

発売まではまだ時間がある!

予約開始は4月30日で少しまだ考える時間がありますよね。

僕は、6月のWWDCの発表次第で考えますけど、基本は見送りで考えています。

皆さんは、新しいiPad Pro買いますか?

では。

こちらの記事も人気です