【Apple純正カレンダー】ちょっと便利なスケジュール管理術

Apple




前回、スケジュール管理はApple純正のカレンダーを使っていることを記事にしました。

【Apple純正カレンダー】スケジュール管理は便利でなくちゃ

その内容をもう少し掘り下げて、少し便利な使い方を今回共有できたらと思っています。

 

スマホでスケジュール管理

 

いまだに紙のスケジュール手帳は人気が高いですね。

書くこと、自分だけのものにしていく感じは、1年終わったあと見返して見ると、いろいろなことがあったということが、視覚的に振り返ることができます。

 

今回は紙のスケジュール管理を否定するものではなく、iPhoneで管理する時に覚えておくと少し便利な情報をお届けしようと思っています。

 

iPhoneカレンダーの便利な、あと一歩の入力

Appleのカレンダーには入力項目がいくつかありますが、細かく入力している人は稀だと思います。基本は「題名」「日にち」「時間」の3つの入力だけで事足ります。

ただこの一歩先まで入力するとちょっと便利度がさらにアップします。

 

それが、打合せ場所などの【住所の入力】。これ、通知してくれるのと同時に、現在地からの時間も教えてくれるようになります。

 

いつもと打ち合わせの場所が違ったり、忘れてしましそうなとき入力しておくと、通知してくれます。

ざっくり移動時間がわかるだけでも便利ですが、いまの場所から考えて時間が出るのは本当にすごいです。

 

 

Apple Watchとの連携が最強

特にApple Watchとの連携がいい感じです。さらに予定のうっかり忘れてしまうのを防止してくれます。

 

集中してると、いつも触っているスマホでさえも見ることを忘れてしまうことありませんか?特に急に忙しくなったりするとうっかりが増えてしまいますね。

 

そんなときApple Watchをして入れば、手首に振動で教えてくれるので、うっかりがありません。

 

まとめ

一度、iPhoneのカレンダーに「場所の入力」をしてみてください。すぐに便利なことに気づいていただけるはず。

一度iPhoneに入力してしまえば、スケジュールのことは頭からはずすことができます。目の前のことに集中することで効率がアップします。

 

また、Apple Watchとの連携が良いのは、通知を直接手首に振動で教えてくれる点です。

目の前のことに集中しすぎてiPhoneの通知に気づかない、ということは少ないかもしれませんが、少なくともApple Watchの通知は直接手に振動が来る分、必ず気づくことができます。

うまく仕事を進められない人にとってはApple Watchは最高の相棒になるかと思います。

Apple Watchを試すなら今!使って3年の状態と中古市場

2018.07.21