AirPods Proに久しぶりの驚きと感動【使い方と感想】

AirPods




ども、KUNYOTSU logを運営しています、くんよつです。

新しいAirPods、その名もAirPods Proが2019年10月30日に発売となりました。

今回はひっそりと公式サイトで発表された感じで、本当にすごいアップデートになっているのかな、と不安になりましたが、実際には驚く進化を遂げての公開となりました。

僕自身最初は購入しようか迷いましたが、いろんなレビューを見てすぐに購入を決意しました。

いま購入を検討している人、ぜひ参考にしてください。

AirPods Proファーストインプレッション

まずはAirPods Pro発表内容を見てのファーストインプレッションです。

とにかくAirPodsとして新しいのがノイズキャンセリング外部音取込みモードです。
イヤホンで3万円ってとんでもなく高いと思うし、なかなか手が出ない金額ですよね、、、

税別で27,800円(税込30,580円)って、予想どおりだけど高い、そんな印象です。

AirPods第2世代のワイヤレス充電のものでも税別22,800円(税込25,080円)なので、5,000円プラスになった感じです。

個人的には5,000円のプラスでこれだけの価値が・・・!
と思ってしまうタイプですが、そもそもが高いので今回はさすがに購入をためらってしまいました。

AirPods Pro、ごめん・・・

ノイズキャンセリング

金額のことは一度置いておいて、新しい性能の確認をしましょう!

いよいよAirPodsでノイズキャンセリングを楽しめるようになりました。

僕は電車に乗る時間が1日2時間はあるので、ノイズキャンセリングいいなと思いつつ、ずっとAirPodsを使っていました。

今のAirPodsは第2世代のワイヤレスで充電ができるもの。
今のAirPodsでも十分満足ですし、これ以上はないなって思って使っていました。

もちろん、ノイズキャンセリングのイヤホンは他にもたくさんありますが、やっばり周りの音がまったく聞こえないのって使う機会が限られてしまうんですよね。
例えば仕事中に今のAirPodsをしてても普通に話ができてしまいます。(相手がどう思っているかは置いといて)

だけど、ノイズキャンセリングできちゃうイヤホンをしてしまったら誰かに話しかけられても気づかない可能性が高いですし、そうなっちゃうと仕事中はつけることが難しくなっちゃうんですよね。

だから、ノイズキャンセリングイヤホンを選ぶメリットより、周りの音が聞こえる今のAirPodsのほうがメリットが大きかったんです。

ただ、それが解決されたのが今回のAirPods Proです。

外部音取込みモード


僕は日頃AirPodsをつけて音楽を聴きますが、音質がどうとか全然気にするタイプではありませんので、イヤホンにそれほどこだわりがないんです。
だからこそ、AirPodsの便利さがほかのイヤホンと一線を画するなと思っていました。
コンパクトで、Apple製品に簡単に切り替えができて、電話もしっかりできて、Siriが呼べる。

音質にこだわりがないので、ノイズがバンバン入ってくる今のAirPodsでもイヤじゃないし、改善してほしいとも思っていませんでした。
それ以上に、気軽にイヤホンをしていたいので、周りの声が聞こえてくるほうが大事だと思っていました。

それが!
なんと!

ノイズキャンセリングができるにも関わらず、外の音も自由に聞こえるように、ワンタッチでできるというではありませんか!

そんなことある?!
っていう驚き!

もしかしたら、僕がイヤホンとかヘッドホンを知らなすぎて、ノイズキャンセリングのものはこの機能あるのか?!

AirPodsで初めて知ったので、衝撃的でした。

もうこれでノイズキャンセリングのイヤホンをつけない理由がなくなりました。

耐汗耐水

いままでAirPodsは、雨の日に使うことをなるべく避けていました。

それがなんと、ついに耐水性能がついてくるなんで、今回のAirPodsはてんこ盛りです。

スポーツのときに使う人も多いと思うのでこれはかなりの安心材料です。
ただ、IPX4ということで、それほど強い耐水性能ではない点は注意が必要です。

また、本体に耐水性能はないので、丸ごと水のなかに落としたらアウトです。

基本的には運動しているときに汗がついても気にならなくなるくらいの印象にしておいたほうがよさそうです。

ケースサイズ

ケースサイズって大事ですよね。
AirPodsはコンパクトなので、ポケットに入れてても全然邪魔になりません。
僕がAirPodsを好きな理由のひとつです。

2つを比べてみましょう。

いままでのAirPodsのサイズ、本当にコンパクトです。
最高です。
このサイズ感のおかげで気軽にイヤホンをしようと思えるんです。

 

では、AirPods Proのサイズを見てみましょう。

サイズは幅こそ大きくなりましたが、高さは小さくなり、厚みはほぼ変わらないくらい。

これ、本当にすごいです。

ほかの方が比べているソニーのワイヤレスイヤホンとか、めちゃくちゃデカいので今回のAirPods Proはこのサイズ感だけで圧勝です。

コンパクトさが失われたAirPodsはAirPodsではありません!
それくらい大切な要素なので、さすがAppleだと感じました。

みんなのレビューに触発されて

この2つをAppleクオリティで楽しめるなんて、買わない理由がないな。
これが僕のファーストインプレッションでした。

ただ、本当に僕がこの業界に詳しくないので、気づいていない視点があってデメリットに感じる部分もあるんじゃないだろうか、そう思っています。

だから、みなさんのレビューを見てから購入を検討することに決めました!

買わない理由は値段だけ。

たぶん、普通にAirPodsを使えているので、AirPods Proが耳に合わないだろうという心配はしていません。
ただ、この手のイヤーピースが苦手という人もいるようなので、若干心配になりました。
ただ、出てくるみんなの熱の入ったレビュー。

圧倒的多数で最大級の評価がなされていました。

ということで、安心して購入に踏み切りました。

いろんな視点がありましたが、個人的にはノイズキャンセリングのレベルの高さ、外部音取込みモードの驚き、その操作性の良さ、コンパクトさが決め手になりました。

AirPods Pro買いました【詳細と使い方】

発売から2週間ちょっとでついに手に入れました、AirPods Pro。

まずは使い方の確認をしていきます。

ちなみに、僕はAirPods 第1世代、第2世代を使ってきました。

イヤホン部分はうどんが短くなったのが印象的です。

まずは接続。
接続はリンクしたいiPhoneの近くでAirPods Proを開くだけ。
あいかわらず簡単で驚きます。

接続さえできればあとは耳に入れるだけです。

いままでのAirPodsと使う上で大きな違いはスイッチです。

第1、2世代AirPodsは左右の耳で1つづつしかスイッチを割り当てることができませんでした。
僕の場合は右耳を「再生・停止」、左耳を「次の曲」に設定していましたが、AirPodsのみで操作しようと思うと2つが限界でした。

それが、AirPods Proから大幅に変わりました。

まず感圧センサーに変わり、昔のようにAirPodsをトントンするのではなく、ボタンを押すような動作となりました。

うどん部分の一部が平らになっているので押す部分が触るだけでわかります。

ボタンの割り当ても多く、左右どちらのAirPodsでも次の通り。

1:再生・ストップ

2:次の曲

3:前の曲

長押し:ノイズコントロール/Siri

とてもわかりやすくなりました。

AirPods Proの設定は「設定」アプリの「Bluetooth」から変更が可能です。

AirPods Proの設定はノイズコントロールの変更だけでなく、長押しした場合の変更がここでできます。

長押しに関しては設定でノイズコントロールSiriを選べるようになっています。

また、「イヤーチップ装着状態テスト」があります

AirPodsをしっかり装着できているかの確認が可能です。
スタートすると、音楽が流れます。

うまく密閉されていればこんな表示になります。

また、コントロールセンターからもノイズコントロールの切り替えができます。


音量の部分を長押しすればこの画面がでてきます。

また、Apple Watchでもこの設定は変更できます。

音楽が確認できる画面を表示させておき、左下のマークをタップしてください。

この画面が登場します。

 

嬉しいことに、AirPods Proからは標準でワイヤレス充電に対応しています。

個人的にはワイヤレス充電のおかげでAirPods充電忘れ問題が解決しているので、必須だと思っています。

AirPodsこそワイヤレス充電を!充電の悩みはAirPods with Wireless Charging Caseで解決

2019.10.07

AirPods Proのイヤホンだけで再生時間は最大4.5時間、ケースで充電しながら使えば24時間使うことが可能です。

これはAirPods第2世代と同じですが、性能アップで同じバッテリー性能を維持しているのがすごいところです。

僕が使ってみた感想

ここからは僕が実際に使ってみた感想です。

 

ノイズキャンセリングでどこでも集中できる環境に

ノイズキャンセリング状態でもほんの少し声とか聞こえてきます。

でも、かなり遠くで話しているような、そんな感覚になります。
そして、雑音はかなり抑えられます。
交互に切り替えてみるとすごくわかります。

たまに不安になって外部音取込みモードにしたくなるレベルです。

ノイズキャンセリング機能を使っている時間て驚くほど集中できるんですよね。

僕にとっては雑音は集中力のさまたげになっていたんですね。

どこでも集中できる環境が3万円で手に入ると思えばめちゃくちゃ安いと思いませんか?

電話がしやすい

僕は仕事中にAirPodsをして電話することが多いです。

AirPodsをしていればメモ帳を準備することなく、そのままiPhoneでメモができるので便利ですし、両手があくので電話しながら作業も可能です。

AirPods Proでは、ノイズキャンセリングしながら電話ができるので、周りがうるさくても相手の声がはっきりと聞こえます。

そのおかげでどんな場所でも電話対応できるようになりました。

ただ、周りがうるさいぶん自分も声をはる必要はあります。

外部音取込みモードは驚きがスゴイけど・・・

部音取込みモード、すごいです。

カナル型のイヤホンはそのイヤホンをしているだけでもある程度周りの音が聞こえづらくなります。

なので、もう普通の会話は難しいんですが、この外部音取込みモードにするとまるでイヤホンを付けていないときと同じように周りの音が聞こえてきます。

ノイズキャンセリングの機能をオフにしたときと比べるとあきらかに音の聞こえ方が違います。

ほかのレビューでもありましたが、音楽を日常に追加できる、まるでドラマの中のBGMみたいな感覚で音楽と周りの音声が同時に入ってきます。

ただ、若干クセがあるので、100%それで対応できるかと聞かれればちょっと考えてしまいます。

たとえばお店とかで店員さんと話す必要がある場合にはやっぱり音は止めたいなと思ってしまいました。

このあたりは人によって感じ方があると思うので実際に体感してほしいです。

カナル型は若干ストレス

やっぱりカナル型は付けるときに若干のストレスを僕は感じます。

ノイズキャンセリングするには必須なのはわかりますが、普通のAirPodsの付け心地、良かったなぁ、とあらためて思います。

ちょっと耳に押し込んでから使わなければいけないのはカナル型の宿命ですが、これがいままで使ってこなかった僕にとってはとても面倒に感じてしまいました。

そのうえ、やっぱりなんとなく密封されている感覚がうまくいっていないと感じることもあるので気になってしまいます。

これはカナル型がもともと苦手な人は感じる可能性があるかもしれません。

L、M、Sでサイズを選ぶことができます。

ちなみに、僕は右耳がMサイズ、左耳がSサイズで落ちつきました。

聴覚に良さそう

ノイズキャンセリング中は周りの音がほとんど聞こえなくなります。

なので、音楽の音量はそれほど大きくなくてもクリアに聞こえます。

僕は最近聴覚も少し気にしていて、電車の中で音楽をAirPodsで聞こうと思うとけっこうな音量が必要になってしまいます。

聴覚ってとっても大切だ!iPhoneとApple Watchでしっかりと管理しよう

2019.10.18

それが、周りの音関係なくいつも同じ音量で聴くことができるので、ノイズキャンセリング神!ってなりました。

冗談ではなくノイズキャンセリングの状態から、外部音取込みモードにすると普通の世界がうるさく感じます。

音質はやっぱりAirPods

そこに感動はありませんでした。

僕は音質にこだわってはいないので気にしませんが、AirPodsで静かな部屋で聴いているときとそれほど変わらないかなって思いました。

ノイズキャンセリングが効いている分、聴きやすさはありますが、音質に差があるようには感じません。

あ、もしかしたら僕の耳が悪いだけかもしれないので確かめてみてください。

操作はこっちのほうがいい

いままではAirPodsをトントンしてましたが、やっぱり感圧センサーのほうがいいです。

トントンしても上手く反応してくれないことがありましたが、うどん部分をつまむ形なのでミスがありません。

実際は押してませんが、押すジェスチャーで反応が音でわかるのでいい感じです。

ただ、けっこうしっかり押さないと反応しないなぁとは感じています。

出し入れがしずらい

AirPodsも出し入れしずらかったですが、AirPods Proはより出し入れしにくいです。

落としそうなので今は慎重に出し入れしています。

人混みで落としたり、側溝の近くで落としてしまったらアウトなので、かなり気を使っています。

出しにくい、つけにくい、いまはそう感じています。

もしかしたら慣れかもしれないので、もう少し検証してみます。

長い時間の装着だと耳が痛くなる

AirPods Proだと長時間使いたくなるんですが、右耳が痛くなるようになりました。

イヤーチップが悪いわけではなく、ボディのほうが当たって痛くなっている感じです。

AirPodsのときはなかったのですが、昔ほかのイヤホンで同じ痛みがあったので、形がフィットしていないんだなぁって思っています。

片耳だけですが、もしかしたら同じように感じるかたもいるかもしれません。

高性能がゆえ、バッテリー持ちが悪く感じる

いままでは長くて3時間くらい連続で音楽聴いてたかなって感じでした。

ただ、AirPods Proならどんなときでも付けっぱなしで対応ができてしまいます。

人と話す可能性があるときは外部音取込みモードで、作業に集中できるときにはノイズキャンセリングで。

とっても快適でどちらでも対応できるAirPods Proですが、これだけ高性能だから長時間付けたいと思ってしまうので、4.5時間だけでは足りないと思うことがあります。

これは僕のワガママかもしれませんが、そういう状況になる人はAirPods Proならたくさんいるんじゃないかと思っています。

外部音取込みモードの音量設定できないかな・・・

外部音取込みモードはあくまでも普段聞こえている音をイヤホンをしていてもいつもと同じように聞こえるようにできています。

なので、音量をあげても外部音が大きくなるわけではありません。

可能であれば外部音の音量調整ができると嬉しいなと思いました。

今の状態でも対応できそうな気がするんですが、どうですか、Appleさん!?

最近のApple製品で1番感動した

新しいガジェットとの出会いは驚き感動がほしいといつも思っています。

最近のApple製品で驚く、感動するということはほとんどなかったんじゃないかと思います。

ただ、AirPods Proは違いました。

なんでAppleは発表会で公開しなかったんでしょう。

ただ、この驚きと感動は、いくら言葉で、写真で語られても伝わってこないものなので、使った人の感想をたくさん広めて、それを見てもらうことが1番いい宣伝になるんだとも感じました。

みなさんも、AirPods Proを買って一緒にこの驚きと感動を広めましょう!

では。

こちらの記事も人気です!