【 AirPods × AppleWatch 】 ペアリングさせて使うのがベストです

AirPods




ども、KUNYOTSU logを運営しています、くんよつです。

 

さて、今回はApple WatchとAirPodsの話。

AirPodsを買った人、ぜひApple Watchを購入して欲しいと思っています。

やっぱりどっちか片方だけじゃ、この便利さはもったいない。どちらかでも新たに購入検討している人は参考にしてください。

 

AirPodsにできないこと

完全ワイヤレスイヤホンとして評判の高いAirPodsですが、ほぼ毎日使用する中で少し不便を感じることはあります。

 

それが、音量調節

 

なんで、Airpodsには音量を調節する機能がないんだろう。
簡単につけることできそうなのに。

これは残念ながらAirPods Proでも調節機能が付かなかったので、当分は付かないままなのかと思います。

曲のスタートストップ、スキップは、AirPodsのタップ、AirPods Proならつまむことでスムーズに行えます。
ただ、AirPodsだけで音量を変えるには、Siriを起動して話しかけて音量を変えてもらうしかありません。
声を出せる場所だけではないので、こうなるともうiPhoneを出して音量調節をする以外の方法がなくなってしまいます。

でも音量って環境によってこまめに変えることがあるし、心地いい音量って細かく設定したいところです。これがスムーズに変えることができるかどうかは使う頻度が多ければ多いほどストレスに関わってきます。

 

しかし、そんな不満もApple Watchがあれば解消してくれます。

 

AirPodsのお供にApple Watch

Apple Watchは当然それ単体でもとても便利ですが、AirPodsとの組み合わせは最高です。

AirPodsではできないこと、できるけど不便なこと、それをApple Watchで解消することが可能です。

どんなときにその真価を発揮するのかを解説します。

音量を細かく変えることができる

Siriに頼むより自分の好みの音量に、デジタルクラウンで設定できます。

電車の中で音量を大きくしたいと思ってもSiriに頼むわけにはいきません。そんな時、Apple WatchがあればわざわざiPhoneを取り出さずに変更することが可能です。

もちろん、音楽の切替やプレイリストの切替も可能です。

AirPodsのバッテリー残量がわかる

AirPodsってとっても快適なので、ついつい長時間つけ続けてしまいますよね?

そんなときに一番気になるのでバッテリーの残量です。

コントロールセンター

バッテリー残量

タップすればAirPodsのバッテリー残量も表示される

iPhoneでも確認できますが、Apple Watchでサッと見るのが便利です。

着信のときに相手の確認ができる

AirPodsをして音楽をきいているときに電話かかってくる時ありますよね。

AirPodsをしていれば着信が聞こえるので電話がかかってきたことがわかり、イヤホン部分をタップ、つまむことで出ることができますが、どう考えても相手を確認してから電話に出たいですよね?

そんなときApple Watchをしていれば相手を確認した上で出る出ないを選べます。

逆に、Apple Watchで操作して電話することができますがスピーカーになるので周りに聞こえてしまいます。

そんなときAirPodsがあれば問題なく電話ができるので相互にかなりメリットがあります。

運転中のiPhoneの設定「運転中は通知を停止」【AirPodsとApple Watchで対応しよう】

2019.12.02

マップアプリは音声で確認できる

Apple Watchでも、振動で右折左折を案内してくれますが、AirPodsをしていることで音声でも案内をしてくれます。

これ、振動で右折左折をお知らせしてくれます。しかし、実際に使ってみると振動だけで判断するのは少し不安なんだと感じます。

でも、AirPodsを使ってしっかりと音声で右折左折を支持してくれることで安心してナビを任せることができます。

 

AirPodsの最高の相棒

AirPods単体でもとても便利なものです。

でも、Apple Watchを組み合わせることで、その快適さを上回った体験をさせてくれます。

今までAirPodsを使ってきた人、これから購入を検討する人にはぜひ一緒にApple Watchも検討してほしいところです。

Apple AirPods 完全ワイヤレスイヤホン Bluetooth対応 マイク付き MMEF2J/A
Apple(アップル)

こちらの記事も人気です