【簡単画像共有】AirDrop使ってる? あなたの名前がダダ漏れかも!?

Apple




Apple製品使ってるならAirDropは使わないともったいない!
ということで、今回はAirDropの話。

簡単に写真を共有することができる方法と思っていただけたらとわかりやすいと思います。
LINEで送るよりも簡単です。
ぜひ試してください。

 

AirDropってこんな時に便利

・友達と画像の交換
・iPhoneで撮った写真の編集をMacやiPadで行いたい
・単純に画像を共有したい

などなど、一度使うと便利さに気付いていただけるはず!
というわけで、AirDropの設定方法から使用方法、気を付けなければいけない設定方法をお伝えします!

 

設定

iPhone・iPad

「設定」→「一般」→「AirDrop」

「受信しない」
「連絡先のみ」
「すべての人」

3つから選ぶことができます。
手っ取り早いのが「すべての人」ですが、プライバシー上心配ということであれば、連絡先に登録してからの共有となります。

 

Mac

「Finder」のメニューの中に「airdrop」があります。
こちらで設定が可能です。

 

使い方

とっても簡単です。
写真アプリからまず右上の「選択」をタップ。

 

送りたい写真を選択し、

 

左下のこれをタップ。

 

ここに出ている人にはAirDropで送れます。

 

【確認必須】あなたの名前が知らない人にバレちゃってるかも!?

お使いいただきお気づきかもしれませんが、送る相手が自動的に出てきます。

出てきているのが、本当に友達のiPhoneかなんて見ればわかるじゃん!ってなっている人、設定を確認してください。

見知らぬ人に名前がバレてしまっているかもしれません。

 

不特定多数の人がいる場所で一度AirDropの画面を開いてみてください。
意外と自分の名前で登録してしまっている人は多いのです。

ここの部分に本名が表示されてしまっていませんか?
友達に聞いてみましょう。

ビックリするほど、本名がバレてしまう人って多いんです!

 

設定変更方法

「設定」→「一般」→「情報」→「名前」

この「名前」の部分が相手に見えている名前です。
ここが本名の人、すぐに変更をオススメします。

では。