【2020年】iPhone6Sはまだ使える?SE買わなくてもいいかもよ!?

iPhone




みなさん、こんにちは。

くんよつです。

 

今回は僕が今使っているiPhoneの話です。

僕が使っているiPhoneはこのときのハイエンドモデルの11Proでもなく、先日発売されたiPhone SEでもなく、今iPhone6Sを使っています。

 

この6Sを使って1ヶ月以上経ちましたので、今回は2020年、2015年に発売された6Sはまだ使えるのかの検証の結果発表をしようと思います。

 

iPhone6Sは今最新のiOS13をインストールできる一番古いiPhoneで、中古なんかで1万円前後で買える上に、最新のiOSがインストールできるコスパ抜群の端末なんです。

もし、メインのiPhoneが壊れてしまったけど、次のiPhone12まではなんとか安いiPhoneで済ませたい人や、お子様用に安いiPhoneを探している人、ぜひ参考にしてください。

ちなみに、SEを買おうと思っていた人も、一度6Sを検討してみてください。

もちろん性能は劣りますが、あえてSEでなくても十分使えるかもしれません。

この記事はYouTubeにアップした内容を元に作成しております。

動画も一緒にご覧いただけると嬉しいです。

アプリの使い心地

まずはアプリの使い心地です。

僕がまずよく使うのはApple純正のアプリです。

  • カレンダー
  • メール
  • リマインダー
  • ミュージック
  • ファイル
  • メモ

この辺りはよく使いますけどまったく問題ありませんでした。

やっぱり純正は安定の使い心地です。

アプリがどれもシンプルで動作が軽いのは純正のメリットですね。

さて、問題はそれ以外のアプリですね。

まずは、みんなの連絡手段として大事なLINEですね。

これは普段まっくたく問題ありませんでした。

ツイッターやインスタなんかのSNSも普通に使えました。

みんなも大好きYouTubeキンドルでの読書も問題ないです。

それとAmazonとか楽天市場のお買い物アプリも問題ないです。

コード決済アプリのLINE PayPayPayも普通に使えました。

ただ、シンプルなゲームは問題なかったですが、フォートナイトはカクカクでゲームになりませんでした。

高負荷のかかるゲームはできなさそうです。

とはいえ、ほとんどのアプリはひと通り使えると考えてもいいんじゃないかと思えるレベルでした。

6Sの不便なところ

さて、アプリを使うにあたってはほとんど困らなかった6Sですが、実際に困ることもありました。

 

アプリの起動時間

一部のアプリは起動時間がかかるなーと感じることがありました。

いままでiPhoneXS Maxをつかっていたので、どうしてもそれと比べてしまうんですけど、ちょっと時間がかかるので待つ時間ができてしまいます。

数秒なので気にならないという人もいらっしゃると思いますけど、普段ハイエンド端末を使ってきた人が使うと焦ったいと感じるかもしれません。

 

バッテリー

単純に古い端末というのもありますが、単純に小さいです。

1,715mAhなので、iPhone11の3,110mAhと比べてしまうと新品だったとしても半分は言い過ぎだけどそれに近い容量くらいになってしまいます。

僕の場合はこれにApple Watchを常時接続していますし、位置情報も常にオンにしていますし、AirPods Proも使っていると速いのは仕方ないなと思います。

 

カメラの画質は良くない

これも当然なんですが、単純に画質が落ちるということと、ポートレートモードがないので背景をボカす写真が撮れません。

僕はiPhoneで写真はあまり取らずに一眼のカメラを使っているので問題ありませんが、普段使うメインのカメラがiPhoneだという人は要検討の部分だと思いました。

 

Apple Payは店舗で使えない

普段お財布を持たず、一度iPhoneでApple Payを経験してしまった人はとても不便に感じると思います。

僕の場合はApple Watchをペアリングさせて使っているのでApple Watch側で決済するので問題ありませんが、もし6Sをメイン端末として使う場合でApple Payを使いたいという人はApple Watchをペアリングさせて使うしかありませんので、この機会にApple Watchを一緒に検討してみてください。

シリーズ3ならとても安く購入できるので、オススメです。

ちなみに、オンライン決済なら6SでもApple Payは使えます。

 

iOS14のサポートがないかも

おそらくですけど、2020年9月か10月くらいに正式に公開になるiOS14ですが、6Sはサポートされる可能性が少ないと思います。

冒頭でも書きましたが、今iOS13がインストールできる一番古いiPhoneなので、切られるとすればこの6Sが一番最初になります。

もちろん100%とは言えませんが、可能性が高いので、購入を検討している人は、短期間の使用を前提としてお使いいただくのが良いと思います。

 

AirPods Proで音楽を聞くと音質が悪い

まさかと思いましたが、6SとAirPods Proを接続して聞いたときに音質がとても悪くなってしまいます。

普段MacBookやiPadとも接続して使っていますが、6Sに接続したときに明らかに音質が落ちたので、すぐにわかりました。

もしかしたら僕だけかもしれませんが、一応ご紹介させていただきます。

 

今も6Sは健在

ちなみに、僕がこの6Sを使う前はiPhoneXS Maxを使っていたんですが、どうしてもイヤになってしまったんですね。

それがサイズと重さです。

iPhoneって多くの人にとって一番身近なガジェットだと思いますが、だからこそもっと小さくてもっと軽くて片手でもある程度使える、そんなサイズ感の方が絶対良いと、徐々に思い始めました。

 

そして、実際に6Sを使ってみて、やっぱり小さくて軽い方がiPhoneは良いんだと認識できました。

昔、4Sを初めて使って、その後6に買い換えて、次は7Plus。だんだん大きくなるiPhoneにほとんど違和感はありませんでしたが、iPhoneXS Maxに買い換えたときに感じてしまった違和感は、サイズとその重さだとこれではっきりしました。

もちろん、人によっては少しでも大きい方が絶対に良いんだという場合もあるのは間違い無いです。

ただ、僕の場合は6Sのサイズ感が一番(本当はiPhone5S)が良いんだと使って感じたので、もしサイズ感で悩んでいたら、昔のiPhoneを試してみるのも良いなと思いました。

 

とは言え、やっぱり普通の人は今更6Sを求めることはないと思うので、やっぱり一時的にiPhoneを使う必要がある人と、高性能じゃなくて良いからとにかく安く、それでも十分な機能を使えるiPhoneが欲しいという方、ぜひ検討してみてください。

 

僕は、次の5G対応のiPhoneが登場するまでこの6Sを使おうかと検討しています。

では、今回もご覧いただきありがとうございました。

こちらの記事も人気です